2019年7月23日、横浜ゴムはSUVやピックアップトラック向けタイヤ「GEOLANDAR X-AT(ジオランダー エックスエーティ)」の発表会と、さらに試走会も同時に開催した。

オンロードでの快適性とドレスアップ性を追求した、オールテレーンタイヤ

世界的にSUVブームの真っ只中であることは言うまでもない。自動車メーカー各社によって新しいSUVジャンルが次々と生み出され、まるで高校野球のトーナメント表のように細分化されている。そんな広大なジャンルの中において個性の強いモデルはユーザーの眼にとまりやすく、なかでも特徴的なエクステリアデザインを持つモデルは人気の的だ。

こうしたSUVをさらにドレスアップして、個性をさらに引き伸ばしたいというユーザーも多い。カスタムの方向性はさまざまだが、なかでも人気なのが本格オフローダールックへのイメージチェンジだ。ジープ ラングラーやトヨタ ハイラックスなどのオフロード色をさらに高めることはもちろんだが、トヨタ ランドクルーザーのような乗用車タイプをドレスアップするケースも多い。

そこで「オシャレは足元から」と、クルマの足にあたるタイヤをブロックパターンを持つオフロード向けのものに履き替えると、もちろん外観は本格クロカンのようなイメージに変貌する。しかし悪路走行性能を重視した特性のタイヤでは、オンロードでの静粛性や操縦安定性に満足できないなんて意見もあるという。

そうしたなか、横浜ゴムが新タイヤ「GEOLANDAR X-AT(ジオランダー エックスエーティ)」を2019年9月に発売することを公表。また、発売を前にしてオンロード/オフロードでの試走会も開催された。

画像: 2019年9月発売のヨコハマタイヤ GEOLANDAR X-AT。ブロックパターンを持つオールテレーンタイヤだ。

2019年9月発売のヨコハマタイヤ GEOLANDAR X-AT。ブロックパターンを持つオールテレーンタイヤだ。

もともとGEOLANDARブランドにいくつかラインナップが用意されているが、その中でもオフロード志向の強い「M/T」とオンロード志向の「A/T」はモデルチェンジごとにその志向を強め、性能差を大きくしてきた経緯があった。そこで、この2モデルの間を埋めるような性能を持つ「X-AT」が用意されたわけだ。

トレッド面はアグレッシブなブロックパターンとして、さらに溝の底に凸デザインを配置することで溝に詰まった土や石、雪などを排出しやすくしている。また、ブロックの角で路面を引っかくようなエッジ効果を発揮するショルダーブロックや、サイプ/細溝を連結させてさまざまな路面環境でトラクションを確保するコンビネーショングルーブなどがオフロードでの走行安定性を高めている。

実際に大排気量・ハイパワーを持つトヨタ タンドラのチューニングカーやハイラックスなどで、雨天のなか泥濘地を含むダートコースを走ってみても不安すら感じさせない走行性能を発揮する。なかでも驚いたのは、崖のように切り立って見える悪路の登坂路走行だ。

崖を目の前に「いやいやいや、マジで? 雨降ってるよ? 泥だよ? これはムリでしょう」と独りごとを言ってしまうほどの難所も、拍子抜けするほど易々と乗り越える。周回に慣れてちょっとラフなアクセルペダル操作をしても、カバーしてくれる余裕すらある。M/TとA/Tの中間というポジションから想像できないほどの性能だ。

画像: GEOLANDAR X-ATを装着したトヨタ ハイラックス。急勾配で一時停止し、そこから再スタートもできた。

GEOLANDAR X-ATを装着したトヨタ ハイラックス。急勾配で一時停止し、そこから再スタートもできた。

場所をオンロードに移し、今度はX-ATを装着した新型ラングラーに乗り換える。一般的にオフロード志向の強いタイヤはブロックの倒れこみによるヨレ感があり、X-ATもその例に漏れない感覚は確かにある。しかし、そのヨレはフラつきとは異なり、ハンドルを操作してすぐにピタリと収まってブロック剛性の高さを感じさせるのだ。これは、ブロック同士を繋ぐようにブリッジを配置することで、タイヤ剛性を高めているからだという。

また、ブロックパターンの溝をジグザグに切ることでノイズの発生を抑え、静粛性を高められている。オフロード向きのタイヤを購入しても、実際にオフロード走行するユーザーは少ないというからこうした性能を気にするユーザーは多いことだろう。

画像: オールテレーンタイヤGEOLANDAR X-ATは、オンロードの快適性を高められている。

オールテレーンタイヤGEOLANDAR X-ATは、オンロードの快適性を高められている。

と、ここまで走行にまつわる性能を体感してきたが、実はこのX-AT最大の特徴はそのエクステリアデザインからくるドレスアップ性の高さでもあるのだ。

前述の「M/T」も含め、オフロードタイヤにはショルダーからサイドウオールへとつながる「サイドブロック」を配置されていることが多い。悪路でのトラクション確保だけでなく、荒れた路面からの衝撃からゴムを保護する役割も担っているのだが、これはオールテレーンタイヤであるX-ATにも備わっているのだ。

サイドブロックをX-ATが採用するもうひとつの理由は、本格オフローダーのような風格を得られるというデザイン性。しかも、ただ配置するだけでなく右と左のサイドウオールにそれぞれ異なる「デュアルサイドブロックデザイン」を施しているのだ。

オフロードタイヤを想起しやすいラグパターンをイメージした「ラグタイプ」と、ブロックが折り重なるようなアグレッシブな「大型ブロックタイプ」、好みのサイドウオールを車両外側へ向けて装着できるようになっている。せっかく交換するならオシャレに!というドレスアップ重視のユーザーも気になるだろう、遊び心とデザイン的特徴に富んだ仕様なのだ。

画像: サイドウオールにまわり込んだサイドブロックデザインは、ひとつのタイヤでふたつのパターンを持つ。

サイドウオールにまわり込んだサイドブロックデザインは、ひとつのタイヤでふたつのパターンを持つ。

GEOLANDAR X-ATのサイズラインアップ

33×12.50R20 LT 114Q
35×12.50R20 LT 121Q
33×12.50R18 LT 118Q
LT285/65R18 125/122Q
35×12.50R17 LT 121Q
37×12.50R17 LT 124Q
LT265/70R17 121/118Q
LT285/70R17 121/118Q
LT295/70R17 121/118Q
LT265/75R16 123/120Q
※価格はすべてオープン

This article is a sponsored article by
''.