モーターマガジンMovie(チャンネル登録者数13万5000人超)で長年に渡って試乗レポートを務めるモータージャーナリストの竹岡 圭さん。このコーナーでは、過去の試乗から最新のものまで人気の動画を逐次紹介していきます。今回は、テスラの量販モデルとして注目を浴びるモデル3のお届けです。(2019年5月ブランニュー)
画像: 【動画】竹岡 圭のクルマdeムービー 「テスラ モデル3」(2019年10月放映)

カーライフの近未来を体現

モデルSやモデルXに比べ安価なこととボディサイズがコンパクトなモデル3。テスラのマーケット拡大の期待を担っています。

竹岡圭さんがまず注目したのはカードキーと15インチタッチスクリーンモニターを装備したシンプルなインテリア。カードキーでのドア開閉、そしてタッチスクリーンを通してのミラーやステアリング調整はこれまでのクルマの概念を超えたものと目に映ったようです。

走行性能的には、コンパクトボディゆえの取り回しのよさと滑らかな加速(0-100km/h3.4秒、最高速261km/h:パフォーマンス)に好印象を抱いていました。テスラ自慢のオートパイロットによる自動車線変更もしっかりと高速道路でテストしています。

画像1: カーライフの近未来を体現
画像2: カーライフの近未来を体現
画像3: カーライフの近未来を体現
画像4: カーライフの近未来を体現
画像5: カーライフの近未来を体現
画像: 竹岡 圭の今日もクルマと・・・テスラ モデル3【TESLA MODEL3】 youtu.be

竹岡 圭の今日もクルマと・・・テスラ モデル3【TESLA MODEL3】

youtu.be

■テスラ モデル3 パフォーマンス 主要諸元

●全長×全幅×全高=4695×1850×1445mm
●ホイールベース=2875mm
●車両重量=1860kg
●駆動方式=4WD
●車両価格(税込)=717万3000円

This article is a sponsored article by
''.