クルマ一括査定は「電話営業が煩わしい」とよく言われます。

実際にその通りで、査定申込を行うと数社から「査定を取りたい」というアポイントの電話がひっきりなしにかかってくることが多いです。

買取店からの電話営業を止めることは、サービスの仕組み上難しいですが、電話がかかってくる時間を長引かせない対策はいくつかあります。

例えば、電話は無視せず対応すれば、原則同じ業者から何度もかかってくることはありませんし、休日など時間を確保できる日にサービスを利用することがお勧めです。

また、メール連絡希望が出せる一括査定サービス(=カーセンサー)を利用したり、最高査定額をつけた1社とだけやり取りを行うオークション形式の買取サービスを使うことも有効です。

この記事では、一括査定の電話は具体的にどの程度かかってくるものなのか、そして電話を避けたい人に向け、有効な対策についてお伝えします。

【ワンポイントアドバイス】
電話を絶対に避けたいならオークション査定を利用しよう!

クルマ一括査定のデメリットである「複数業者からの電話」を避けるのであれば、オークション査定を利用するのがお勧めです。

例えば「楽天カーオークション」などを利用すれば、煩わしい電話を避けながら最も高額査定を出してくれた1社とマッチングできます。

また、パソコンやスマートフォンでリアルタイムに入札状況を楽しめる点も特徴です。さらに、オーナーが最低落札価格を決め、それを超えた時に初めて契約の手続きに進むシステムなので、納得いかない価格で買い取られるリスクがありません。

一括査定の電話を避けたいという方は、このようなサービスも合わせて検討するといいでしょう。

→【電話を避けるならオークション査定!】楽天カーオークションの公式サイトはこちら!

クルマ一括査定はどれぐらい電話がしつこいのか?

クルマの一括査定を利用する以上、複数社から電話がかかってくることはほぼ避けられません。

「メールでアポイントをもらうことはできないのか?」と思うかもしれませんが、残念ながらメールでの連絡希望を出せるのは、カーセンサー1社のみとなっています。

電話に出れなければ数十回も電話をかけてくることもある

さて、本題ですが、車一括査定の電話がどれだけしつこいかはユーザーの対応次第ですが、電話に出れなければ数分おきに何十回もアポイントの電話がかかってくるようなこともあります。

電話の内容は査定予約日時を決めるためのものです。買取店としてはユーザーと査定予約の日時を決めないと査定ができませんから、ユーザーと電話が繋がるまで複数回かけられることが予想されます。

実際、数分おきに着信履歴が残ることなど経験したことがない方がほとんどでしょうから、これを見て驚く方もいるのは当然のことでしょう。

実際に、以下大量の着信履歴が残っていたユーザーの声です。

クルマ一括査定のしつこい電話への適切な対処法2つ

クルマ一括査定の電話にかかるストレスを少しでも減らしたければ、以下2つを実践するといいでしょう。

  • 着信は無視せずできるだけ素早く捌いていく
  • 時間を確保できる時間帯に一括査定を利用する

①着信は無視せずできるだけ素早く捌く

着信ラッシュの時間を少しでも短くするには、できるだけ早めに電話に出て買取店に応対することが効果的です。

買取店としては、ユーザーとコンタクトさえ取れれば、これ以上電話をかける意味はありません。

しかし、何度も繰り返している通り、コンタクトが取れなければ査定ができませんから、繋がるまで何度もかけてくることが予想されます。

電話ラッシュの時間を少しでも短くしたければ、着信にはできるだけ素早く応じ、これ以上電話がかかってくることを防ぐことがひとつ効果的です。

電話がしつこいからといって無視することは逆効果になる恐れあり

電話がしつこいからといって、無視することはお勧めできません。

先ほども述べた通り、一括査定依頼後の電話は、買取店が査定日時を決めるためにかけているものです。ですから、無視しても数回で電話がやむことはなく、むしろ電話が繋がるまで長時間かかってくることが予想されます。

②時間を確保できる時間帯に一括査定を利用する

また、一括査定を利用する際は休日などできるだけ電話に出る時間が確保されている時に利用するのがおすすめです。

電話営業に悩まされる原因のひとつとして、仕事中など電話がとれない時に電話が鳴り続けることがひとつあります。

クルマの一括査定を申し込むと、5分から10分も経たないうちに査定依頼をした複数の買取店から電話が入り始めることが多いかと思いますので、それを計算に入れた上でサービスを利用するタイミングを調整しましょう。

こうすることで効率的に買取店からの電話を捌け、査定日時のスケジュールもまとめて組みやすくなりますし、電話がなり続ける時間を短縮することも可能です。

どうしても電話を避けたい場合におすすめのサービス6選!

ここまでを読んで、どうしても電話営業は嫌だと感じた方もいるでしょう。ただし、クルマを少しでも高く売るには複数業社の査定額を比較することはほぼ必須です。

その場合は、一括査定サービスの中でも電話対策が行われているサービスを使うか、オークション型の査定サイトを使う方法がお勧めです。

①楽天カーオークション・・・オークション査定で煩わしい電話と無縁!

画像: 画像引用:楽天カーオークション auction.auto.rakuten.co.jp

画像引用:楽天カーオークション

auction.auto.rakuten.co.jp

絶対に電話を避けたいのであれば、オークション型査定を利用することをお勧めします。

オークション形式の査定とは、サービス提供側がオークションへの出品を代行し、%%最も高額査定をつけてくれた買取店とのマッチングを実現するサービス%%です。

複数社の出張査定を受けるわけではありませんし、電話番号などの個人情報は最高値で入札した買取店にしか行き渡らないため、一括査定に発生するような煩わしい電話営業とは無縁と言っていいでしょう。

楽天カーオークションも、車のオークション査定サイトの代表格であり、全国2000社以上の買取店と提携しています。その中で最も高額査定をつけてくれた買取店とユーザーをマッチングさせるシステムです。サービス利用にあたり、楽天会員であれば最大5000の楽天ポイントがもらえます。

しかもユーザーが最低落札価格を決め、それを超えた時に初めて契約の手続きに進むシステムなので、希望価格を超える金額で売却できる可能性が高くなるでしょう。

ユーザーはパソコンやスマートフォンでリアルタイムに入札状況を楽しみながら確認できる点も特徴と言えるでしょう。

→楽天カーオークション公式サイトはこちら!

②MOTA・・・電話は高額査定を出した1〜3社のみ

画像: 画像引用:MOTA autoc-one.jp
画像引用:MOTA
autoc-one.jp

MOTA(モータ)車買取は、オークション査定と一括査定をうまく混ぜ合わせたようなサービスで、高額査定を提示した上位1〜3社とだけユーザーが繋がるシステムを採用しています。

具体的に言うと、一括査定にありがちなオートコールによる電話は行われません。翌日18時に高額査定を出した上位3社のみからしか連絡がいかない仕組みになっています。

「3社しか査定額を比較できないのか?」と思うかもしれませんが、実はサービスの裏側では最大20社の査定が行われており、その中で高額査定を出した3社とマッチングできるサービスですので、いわば「いいとこ取り」をしたようなサービス内容です。

5〜10社で一括査定をとるようなサービスと比べれば、着信の回数は軽減されるはずです。査定の面においても、クルマの情報を詳細に入力できるほか、クルマの写真も送信できる申込フォームになっているため精度の高い査定が期待できます。

「電話を避けつつ、買取店の査定額を比較したい」そんなニーズを抱えている方に特におすすめのサービスです。

→MOTA車買取公式サイトはこちら!

③カーセンサー・・・メール連絡希望を出せる / 査定希望店を絞れる

画像: 画像引用:カーセンサー kaitori.carsensor.net
画像引用:カーセンサー
kaitori.carsensor.net

カーセンサー」も煩わしい電話を避けたい方にはおすすめのサービスです。

具体的には、一括査定申込において電話営業を回避できる方法が以下の2通り用意されています。

  • メール連絡希望が出せる
  • 査定希望店を絞れる
  • オークション形式での査定もとれる

A.メール連絡希望を出せる

カーセンサーの査定申込フォームの中に「連絡希望時間帯」という任意で入力できる欄がありますが、ここで「電話不可、メール対応のみ希望」という内容を書き記しておくことができます。

買取店側に電話対応が不可である旨を伝えることによって、しついこい電話営業は多少なりとも軽減されるでしょう。

ただ、残念ながらこの希望内容を見落とす買取店があり、100%電話を防げる仕様にはなっていないようです。

あくまで希望を出せるという点に留まりますが、メール連絡希望を出せるのは一括査定ではカーセンサーのみなので、電話を嫌う方にはメリットとなる仕様でしょう。

B.査定希望の買取店を絞れる

カーセンサーは、査定希望の買取店をユーザーが自由に選べるシステムになっています。そのため、ご自身の都合に合わせて依頼先の数を絞り込むことで、電話営業の数を軽減することが可能です。

C.オークション形式での査定もとれる

以前は一括査定のみのサービス提供でしたが、カーセンサーでは「%%オークション形式%%{red」の査定もとれるようになりました。最大5000社が入札し、最も高額査定を出した買取店とマッチングできる内容です。

1社としかやりとりせず済むため、これまでネックだった電話ラッシュが解消されたと言えます。電話が煩わしいと感じる方はオークション形式での査定で申し込むと確実でしょう。

→カーセンサー公式サイトはこちら!

④ユーカーパック・・・オークション査定の定番

画像: 画像引用:「ユーカーパック」 ucarpac.com
画像引用:「ユーカーパック」
ucarpac.com

オークション査定の業界最大手となるユーカーパックは、8,000社以上が参加するオークションに出品されるのが最大の特徴です。オークション型タイプですので査定は1回だけしか行われず、しつこい電話営業に悩まされることはありません

ちなみに、個人情報は査定してもらう仲介業者と、最も高い価格で入札をしてくれた買取店にしか行き渡らないため安心です。

できるだけ多くの買取店に自分のクルマを査定してもらいたいという場合は、一括査定に加えて、オークション型タイプの査定を申し込んでみるのも良いでしょう。

→ユーカーパック公式サイトはこちら!

⑤SellCa(セルカ)・・・最寄りのセルカ提携店で査定

画像: 画像引用:セルカ www.sellca-sellcar.com
画像引用:セルカ
www.sellca-sellcar.com

SellCa(セルカ)も、オークション型のネット査定では最大6,000社の買取店が提携している有数の事業者になります。

もちろん、オークション型ですので、査定1回だけでしつこい電話営業もありません

最寄りのセルカ提携店で査定を行い、オークションに出品してもらい、その後、オークションで最も高い価格で入札されたバイヤーと取引することになります。

SellCaのウェブサイトには、オークションの特徴でもある旧年式の希少車が高値で売却されている実績などが掲載されていますので、是非一度、参考にしてみてください。

→SellCa(セルカ)公式サイトはこちら!

⑥オートバックス・・・持ち込み査定は持ち込みなのに一括査定が可能

画像: 画像引用:オートバックス × カービュー kaitori.carview.co.jp

画像引用:オートバックス × カービュー

kaitori.carview.co.jp

ここまで、一括査定とオークション型タイプといったクルマ査定の代表的なものを解説してきましたが、なかには、クルマをお店に持ち込んで一括査定をしてもらうというタイプのサービスもあります。

皆さまもご存知のオートバックスが展開する「持ち込みあんしん査定」です。

ネット上の申込フォームから最寄りのオートバックスへ持ち込み査定の予約を入れたあと、希望日時にクルマを持ち込んでオートバックスで査定をしてもらいます。

それ以外にも、オートバックスと提携している複数の買取店が、オートバックスへ直接出向き査定を行うことで一括査定が実現されます。

さらに、査定に出向くことができない買取店が、オートバックスの査定書を基に入札もできるというのも大きな利点です。

そういった仕組みから、査定依頼のやりとりはオートバックスだけで、煩わしい電話営業は皆無となります。さらに複数の買取店から査定額を提示してもらえるため、高値を引き出すチャンスも増えます。

ちなみに、提示された査定額は、申込時に登録したマイページから確認できるというから嬉しい限りです。

普段からオートバックスを利用していて、クルマを持ち込んだほうが楽という方には特にお勧めです。

→オートバックス × カービュー 公式サイトはこちら!

まとめ

しつこい電話営業を避けるためには、電話営業を回避できるネット査定を利用することが先決です。その上で、査定を申し込む際の注意点や、しつこい電話営業があった際の対処法について事前に把握しておけば、電話に関するトラブルは殆ど回避できるでしょう。

尋常ではない着信回数を目の当たりにすると、買取店側の行き過ぎた面も決して否めませんが、相手側に非があるというよりは、むしろクルマ査定を申し込む側の知識不足、準備不足というケースも往々にしてあります。

初めてのクルマネット査定で失敗しないためにも、しつこい電話営業のトラブルは未然に防いで、心地よい取引を心掛けましょう。

→【電話を避けるならオークション査定!】楽天カーオークションの公式サイトはこちら!

This article is a sponsored article by
''.