ディーラーに他社メーカーを下取りに出す方は少なくありません。しかし、その価格や待遇に不安を感じている方が多いのも事実です。

基本的に他社メーカーのクルマをディーラーでは下取りしています。しかも、ディーラーは他社メーカーからの顧客は上客として優遇してくることが多いでしょう。というのも、ディーラーでは顧客を少しでも多く獲得し、自社ブランドのクルマを多く販売したいからです。

そこで、他社メーカーをディーラーで下取りするメリットがどこにあるのか、そしてデメリットにはどのようなことがあるのか詳しくお伝えします。

→【当サイトおすすめNo.1】カーセンサーの一括査定で買取価格を今すぐ調べる!

ディーラーに他社メーカー車両を下取りに出すメリットとデメリット

クルマを下取りに出す時に、今乗っているカーメーカーのディーラーであれば問題ありませんが、他社メーカーのクルマの購入を検討する場合は、他社メーカーのディーラーに下取りを出すことになり不安になる人も多いでしょう。

その不安とは、他社メーカーのクルマをディーラーに下取りに出すメリットやデメリットでしょう。しかし、それほど心配する必要はなく、メーカーが異なってもメリットやデメリットにさほど違いはありません。

ディーラーに他社メーカーを下取りに出すメリット4つ

ディーラーに下取りに出す場合、他社メーカーでも快く下取りします。しかも、思いもよらない高値で下取りしてもらう事もあります。

基本的に、ディーラーに下取りに出す場合、違うメーカーのクルマが下取りとして相談されると、顧客獲得のチャンスとして大歓迎されます

ディーラーにとって違うメーカーの下取りを希望するユーザーは、非常に大切なユーザーとして以下の4つのメリットが受けられます。

  • ①ディーラーは他社メーカーからの乗り替えを歓迎するので下取りは有利
  • ②購買意思があるユーザーを逃さないために高額査定を出す
  • ③他社メーカーの下取りも次のクルマの値引き交渉に使える
  • ④国産車と輸入車のお店は販売するクルマは違うが下取りできる

①ディーラーは他社メーカーからの乗り替えを歓迎するので下取りは有利

ディーラーの仕事は、クルマを販売することです。そこで、他社メーカーから乗り換えとして来店されたユーザーは自社メーカーへの顧客獲得につながるので、ディーラーとしては絶好のチャンスです。しかも、そのユーザーの家族や友人を紹介してもらえる可能性もあり、販売促進につながると捉えられることから、下取りはかなり有利になることが多いでしょう。

つまり、他社メーカーに乗っているユーザーが、自分から乗り換えの相談に来るわけなので、ディーラーとしては願ってもないチャンスということです。

そのため、他社メーカーのクルマに乗り替える時に、下取りが不利になるのではと心配する必要は全くありません。むしろ逆に大手を振って他社メーカーに下取り依頼しましょう。

②購買意思があるユーザーを逃さないために高額査定を出す

一般的に、買い替えのためにディーラーを訪れるユーザーは購入意思が高くなっています。そのため、ディーラーでは他社メーカーの下取りを希望するユーザーの購買意欲を削がないために、できるだけ条件の良い金額提示をしてきます。

他社メーカーのクルマを下取りに出そうと考えるユーザーは、他社メーカーに乗り替えを検討しています。もし、ディーラーが他社メーカーだから下取りできない、または下取りは安くなると話してくるなら、わざわざ訪れたユーザーは購入意欲を失い、違うディーラーに行ってしまうでしょう。

ディーラーでは、他社メーカーを所有しているユーザーに自社メーカーの売り込みは難しいでしょう。そこに、他社メーカーに乗っているユーザーが向こうからやってくる訳なので、購買意欲を削がないためにも、できるだけ高額査定を出して乗り替えてもらうよう努力するでしょう。

③他社メーカーの下取りも次のクルマの値引き交渉に使える

クルマの下取りの意味は、新しく購入するクルマの購入金額への充当なので、値引きが大きくなることと同じです。これは、他社メーカーでも次のクルマの値引き交渉に使えるので、有利に値引き額を引き出せます。

というのも、他社メーカー所有のユーザーはディーラーにとって喉から手が出るほど欲しい顧客です。購買意欲があれば多少無理してでも値引き交渉に応じてきますから、他社メーカーの下取りも有利に話を進められるでしょう。

④国産車と輸入車のお店は販売するクルマは違うが下取りできる

他社メーカーには、国産車と輸入車というように、クルマの製造国が違う場合もあります。そこで心配なのが、国産車から輸入車そしてその逆の場合に下取りしてもらえるかといった問題ですが、基本的にクルマの製造国が違っても全く問題ありません

かつては、輸入車販売店が国産車の下取りを渋ることも有りましたが、現在はクルマの製造国に関係なく下取りしています。よって、国産車に乗っていても輸入車販売店での下取りは可能です。

輸入車ディーラーも顧客獲得が売り上げ増の大きなカギなので、国産車であっても下取りは歓迎されます。

他社メーカーの下取りがデメリットの理由4つ

他社メーカーの下取りが可能で、しかも条件良く下取りしてもらえてもデメリットがあります。そのデメリットは、査定額が安いことが最も大きな理由です。

下取り価格は、今乗っているクルマをディーラーで引き取る価格ですが、この価格は一般的に買取店より安い傾向にあります。そして、その理由には以下の4つが主な理由です。

  • ①他社メーカーの下取り価格相場はオークションの最低ラインなので安い
  • ②他社メーカーは自社で再販しづらいので下取り査定は安くなる
  • ③他社メーカーの下取り車をさばくにはコストが掛かるので査定は安い
  • ④国産車と輸入車のディーラーは充実した販売ルートを持っていないので下取りは期待できない

①他社メーカーの下取り価格相場はオークションの最低ラインなので安い

ディーラーで下取りする場合、オークション相場を参考に査定額を提示しますが、他社メーカーの場合、クルマについて詳しくないのでオークション相場の最低価格で話を詰めてきます

他社メーカーの下取りで、オークション相場価格の最低価格を提示する理由は、新車を売る時に赤字を避けるためです。

下取り車は、新車納車までクルマを引き上げることをしないため、新車納車時のおおよそのオークション価格を予想して下取りしなければなりません。自社のクルマなら予想することは容易いですが、他社メーカーのクルマがどの程度値下がりするか予想するデータがないため、オークションでの一番安い価格を参考に下取り査定します。

②他社メーカーは自社で再販しづらいので下取り査定は安くなる

ディーラーでは、自社のメーカーのクルマなら自社が運営する中古車展示場で再販できますが、他社メーカーのクルマを自社の中古車店で販売できないことから、下取りを高くできない事情があります。

ディーラーの横に見かける中古車展示場は、そのディーラーのメーカー系の中古車店です。そのため、自社以外のメーカーを展示場に並べるわけにはいきません。そこで、他社メーカーを下取りすると、中間マージンを支払い他社に転売しています

このように、ディーラーが他社メーカーを下取りすると、余計なコストが発生する可能性が高いことから、下取り査定額は安くなる傾向にあります。

少しでも高く売りたいなら買取査定を利用しよう

他社メーカーの下取り価格が安くてがっかりしたなら、買取店で査定してみましょう。買取店では、下取りと異なり現状で一番高い金額を提示します。また、多くの買取店で査定すれば最も高い買取店を探すことも可能であり、愛車を高く売ることも夢ではありません。

このほか、買取店で査定を利用する利点としては、現状の下取り査定額が妥当なのか知ることもできます

一括査定を利用すれば、複数の業者の査定額を簡単に比較でき、かつ査定相場を知ることもできます。買い叩きを避けるためにも、できるだけ複数の業者から査定をとってもらうようにしましょう。

→ネットで簡単、最大30社の一括査定!【無料】愛車の買取価格を今すぐ調べる!

③他社メーカーの下取り車をさばくにはコストが掛かるので査定は安い

ディーラーが他社メーカーのクルマを下取りすると、自動車業界の他の業種にクルマを販売しています。そのため、間に業者が何件も挟まれることもあり、手数料がかさむことから査定は低めに設定されます

ディーラーで他社メーカーのクルマを下取りすると、そのクルマをお金に変えるにはオークションに出品するのが普通です。しかし、メーカーが開催しているオークションであれば、ディーラーも手軽に出品できますが、一般のオークションは新車販売するディーラーはほとんど出入りしていません。

このようなことから、ディーラーが他社メーカーを下取りすると流通させるルートがかなり限られ、査定は低くされてしまう事が多いでしょう。

自社メーカーと他社メーカーで査定すると査定額の違いがわかる

他社メーカーの下取り査定で安いと感じたら、自社メーカーのディーラーで下取り査定をしてみましょう。そうすることで、他社メーカーが自社メーカーの下取り査定とどれだけ違うか知ることが可能で、本当に他社メーカーに下取りに出しても損しないかわかるでしょう。

下取りは買い替えが前提なので、買い替えを検討しているクルマと同じジャンルのクルマを見積もりしてもらい、そこで下取りするならいくらになるか査定してもらいます。

これは、できるだけ同じ条件にすることが適正な下取り査定額を引き出せるからで、例えばSUVなら同じクラスのSUVというように、クルマのジャンルの中でもクルマの大きさやグレードなど、できるだけ欲しいクルマとライバルとなる車種が同レベルになるようにして査定します。

複数の買取査定を利用すると高く買い取る業者がわかる!

下取り査定を他社メーカーや自社メーカーに依頼しても、本当にそれが高い査定なのかわからないでしょう。そこで、一度に複数の中古車買取店に査定依頼できる一括査定を利用すると便利です。

多くの買取店で査定すれば、一番高く買取する業者を見つけられます。そして、下取り査定が妥当だったのかも知ることが可能なので、一括査定を利用すれば一石二鳥です。

→ネットで簡単、最大30社の一括査定!【無料】愛車の買取価格を今すぐ調べる!

④国産車と輸入車のディーラーは充実した販売ルートを持っていないので下取りは期待できない

国産車と輸入車では、販売するクルマも異なることから再販するルートが全く違います。そして、お互いの再販ルートがリンクしていないので、中古車として再販させるには業者間のつながりが充実していないことから、下取り査定は安くなりがちです

そこで、国産車から輸入車に買い替える場合、またはその逆の場合では、下取りに出すと信じられない安値を提示されることがあります。これは、それぞれの販売ルートが充実していないことに加え、それぞれのクルマに対する知識に乏しいことも挙げられます。

得手不得手があるので下取り価格に期待できない

国産車と輸入車では、クルマの性能だけでなく特徴も大きく異なります。そのため、輸入車専門ディーラーでは、国産車の特徴や性能といった知識に乏しく、下取り査定する際にどうしても高額査定を出すのが難しいでしょう。

これは、輸入車ディーラーが国産車を扱わないことが大きな原因ですが、そもそも輸入車ディーラーは輸入車を専門としているので、国産車についてそれほど知識を必要としないからです。

売らないクルマは当然詳しくありませんから、査定に出されても適正に査定できません。しかも、高額査定を提示して販売価格が赤字になってしまっては本末転倒です。そこで、リスク回避のために一般的に下取り価格は低く提示します。

国産車から輸入車に乗り替える場合やその逆の場合は下取りより買取査定が有利

国産車から輸入車に買い替える場合や、その逆の買い替えの場合に下取りに出すと、査定額に期待ができないので買取査定を利用したほうが良いでしょう。

中古車買取店では、国産車も輸入車も関係なく査定して、査定時に最も高額となる金額を提示します。また、多くの買取店で査定すれば、買取店の数だけ査定額を提示してもらえるので、その中かから最も高額査定を出した店舗に売却できます。

中古車買取店では、国産車・輸入車を問わず市場価格の相場を持っていることや、オークションの相場も知り尽くしています。そのため、クルマの製造国に関係なく高価買取が可能です。

他社メーカーの下取りに不満を感じたら一括査定が便利です。一度に多くの買取店に査定依頼できるので、最も高い査定額を知ることが可能ですから今すぐチェックしましょう。

→ネットで簡単、最大30社の一括査定!【無料】愛車の買取価格を今すぐ調べる!

ディーラーの他社下取りでよくあるトラブル

他社メーカーを下取りに出すと、ディーラーとはいえトラブルに発展するケースも少なくありません。特に下取りは、新しく購入するクルマの支払額から減額する制度なので、隅々まで新しく購入するクルマの見積もりを見なければ、損していることがあります。

この他にもトラブルに発展するケースがあり、そしてそのほとんどは契約後に起きるトラブルです。そして、その主な理由は以下の3つが挙げられます。

  • ①契約後に再査定されて減額される
  • ②下取りが新車値引きに関係なかった
  • ③ローンの残債があり他社の下取りができなかった

①契約後に再査定されて減額される

クルマを購入する際、新車ディーラーも中古車ディーラーも必ず契約書を用意しています。その契約書は自動車注文書と大きく書かれており、その裏側などに自動車注文書契約約款事項が小さい文字で記載されています。もしそこに、他社メーカーの下取りは再査定することがあるといった文言を見つけたら要注意です。

もし、下取り車を再査定する場合があると記載されていたなら、引き上げ時に再査定され減額される恐れがあります。そして、減額分を請求されて支払を要求されトラブルとなるでしょう。

約款には、販売店の都合の良いことが多く書かれていることがほとんどです。そのため、面倒でも必ず細かく目を通してから注文書にサインと捺印すれば、契約後のトラブルを回避できるでしょう。

②下取りが新車値引きに関係なかった

他社メーカーの下取り査定をして新車見積もりを提示してもらった後、違うディーラーで下取り無しで新車見積もりすることが重要です。というのも、新車値引きと下取りの関係は、ディーラー1店舗だけでは本当の見積もりがわからないからです。

よくあるのが、新車購入の注文書にサインした後に、知り合いなどに注文書を見せたときに下取り車が新車値引きに影響がないことを指摘されることです。これは、ある程度下取り車の相場価格と、購入する新車の平均値引き額を知っていればわかることなので、クルマに詳しい人なら見破ることは容易いでしょう。

しかしそのことが分かったからと、注文したディーラーに下取り車のことを詰め寄っても営業マンは話をはぐらかして相手にしないでしょう。

クルマの購入にはクーリングオフ制度は適用されないので、それを後ろ盾にして交渉はできません。しかし、クルマの注文書は契約書ではないので、クルマの名義変更やクルマに対して購入者の希望するオプションが装備される前であれば、注文書はあっても契約不成立状態となりキャンセルできます。

しかし、内金等の金銭授受がある場合、ローンで信販会社が承認した後、そしてクルマが注文書に記載されている修繕やオプションが装備された後では、キャンセルできないので諦めるしかないでしょう。

③ローンの残債があり他社の下取りができなかった

クルマの購入にローンを組む人は多くいます。しかし、ローンの種類によっては、クルマの車検証にローン会社やディーラーの名義になっていることがあります。この場合、ローンの残債を完済しなければ、ローン会社やディーラーは名義変更の書類を用意しないので下取りは不可です。

この名義の問題ですが、自社で販売したクルマであれば、残債を考慮して所有権解除手続きを行い下取りすることも可能です。しかし他社メーカーでは、他社の名義なので所有権解除するには必ず持ち主がローンを完済してから、所有権解除の手続き依頼をしなければなりません。

このようなことから、他社メーカーのクルマの名義がローン会社などになっている場合、下取りを拒否してくるでしょう。

ローン残債のあるクルマの売却は買取店に相談

ローンが残っていて下取りを拒否されたら買取店に相談しましょう。買取店ではローンが買取査定に影響することはありません。またローンの残債より買取金額が上回ることが多く、現金が手元に来る可能性も高いので今すぐチェックしましょう。

→ネットで簡単、最大30社の一括査定!【無料】愛車の買取価格を今すぐ調べる!

他社のクルマに乗り換える際の注意点

多くのクルマが世の中に流通しているので、今まで乗っていたメーカーとは別のメーカーのクルマに乗り替えたい気持ちになる方も多くいます。

しかし、他社メーカーに乗り替える際、購入後のアフターサービスの違いに注意しなければ、購入後に後悔する可能性があります。

メーカーの違いは操作性も異なるので違いの把握が重要

クルマは、車種が違っても同一メーカーであればクルマの操作性はそれほど変わることがなく、またスイッチ類も似たような場所にあるのでそれほど迷う事はありません。

しかし、メーカーが異なるとクルマ共通のスイッチ類の配置もかなり異なり、操作性に慣れるまで時間がかかるでしょう。

しかも、最近のクルマは先進技術が搭載された車種も多く、昔のクルマに比べて操作スイッチ類が多く、そして機能もメーカーごとで少しずつ異なることから、違いを把握しなければ乗りこなすことは難しいでしょう。

そこで、他社メーカーに乗り替えるなら、クルマの特徴を把握するだけでなく、操作性についても営業マンから納得いくまでレクチャーしてもらう事がポイントです。

ディーラーのサポート体制が異なるので今までのメーカーとの違いを確認

クルマには保証や購入後のサービスといったサポートが付随していることがほとんどですが、メーカーごとにその内容は異なるので、購入前にサポート体制について営業マンに詳しく聞いておくことが重要です。

各自動車メーカーでは、手厚いアフターサービスを取り揃えており、現在は新車からの保証も保証延長プランを各メーカーで用意しています。

しかし、保証内容は各メーカーで少しずつ異なっており、どのような新車保証が付き、延長する場合の費用やその内容を詳しく営業マンに聞いて、現在の保証内容と比べることがポイントです。

また点検整備についても、新車からの無料点検も内容が異なるメーカーがあるので、今までのメーカーの無料点検はこんな感じだったから、次のクルマの点検も同じだろうと甘く見ていると、整備内容が異なるほか、料金が発生して面を食らうことにもなりかねません。

そこで、クルマを他社メーカーに乗り替えるなら、アフターサービスにはどのような商品を用意しているのか営業マンに確認しましょう。

他社メーカーをディーラーに下取りに出す場合のよくある質問

Q.他社メーカーは自社メーカーより下取り価格は安いの?それとも変わらない?

A.基本的に他社メーカーも自社メーカーもそれほど下取り価格に違いはないでしょう。ただし、自社メーカーに他社で買い替えを検討していることを伝えると、自社メーカーのほうが下取り査定が高い傾向にあります。

Q.他社メーカーの下取りは絶対に断ることはないの?

A.クルマの下取りはクルマの状態が大きく影響します。これは他社も自社も同じことが言え、どんなに大事にしていたクルマでも、年式が古く過走行で故障があるなら他社だけでなく自社でも下取りは不可でしょう。よって下取りは他社も自社もクルマの状態が大きく左右するという事です。

Q.他社メーカーの下取りは買取店より安いの?

A.他社メーカーに限らず、下取りでは買取店での査定額を上回ることは困難です。買取は査定時の市場価格やオークション相場を参考に、その店舗で最も高く買い取れる金額を提示します。しかし、下取りはクルマの納車時にいくらで売れるか想定して査定するので、どうしても不利です。

まとめ

他社メーカーに乗り替える場合の下取りは、基本的にどこでも行っています。特に新車ディーラーでは、他社から乗り換えてもらえる絶好のチャンスなので、下取り査定を頑張るディーラーも多いでしょう。

しかし、他社メーカーでは流通ルートが異なるので、思ったような査定額を提示されないことも多く見られます。このほか下取りは、新しいクルマが納車されるまでは引き上げることがないので、どうしても納車時の金額を予想して査定します。

そこで、満足できる売却を考えるなら買取店を利用すると良いでしょう。買取店なら、査定時に契約したいので、査定時の最も高く買い取れる金額を提示してきますから、他社下取りを考えているなら一括査定を利用し、最も高い査定額を提示する買取店に売却しましょう。

→【当サイトおすすめNo.1】カーセンサーの一括査定で買取価格を今すぐ調べる!

This article is a sponsored article by
''.