古いクルマなど中古車買取店で相手にされないと思っていませんか。しかし実際は、古いクルマも中古車市場で人気があり、クルマの状態によっては高値で買取されています。

このことを知らずに廃車を考える人が多くいますが、それは実にもったいないことであり、古いクルマでも中古車として価値があれば中古車買取店で買取されます。

そこで、中古車買取店で古いクルマを好条件で買取してもらう方法と、どこに古いクルマを買取に出せば良いか詳しく解説します。

→【当サイトおすすめNo.1】カーセンサーの一括査定で買取価格を今すぐ調べる!

古いクルマを好条件で買取してもらうポイント5つ

クルマが古くなると、古くて売れないと諦める人が多いでしょう。しかし、古くても市場で人気があれば買取されるのもクルマの魅力です。

ただし、古いクルマは比較的新しいクルマなどに比べ、闇雲に買取店で査定すれば良いというものではありません。古いクルマを好条件で買取してもらうには、それなりの方法があります。

古いクルマを好条件で買取してもらうポイントには以下の5つがあります。

  • ①古いクルマも複数の買取店で査定する
  • ②純正パーツから社外パーツに変えていたら純正パーツも一緒に査定
  • ③廃車専門の買取業者に相談する
  • ④買い替えを決めているならディーラーの下取りを利用する
  • ⑤古いクルマこそ内外装の掃除は丁寧にする

①古いクルマも複数の買取店で査定する

クルマを好条件で買取してもらうには、複数の買取店で査定するのが良い方法です。そして、この複数の買取店で査定してもらう方法は、古いクルマにも有効です。

古いクルマの査定では思っていたような査定額にならないことが多くあるでしょう。そういった理由を噂で聞き、古いクルマは高額査定が無理と諦め、一店舗目で契約を結ぶ人が多くいます。

しかし、多くの買取店で査定すれば、古いクルマも高額査定を出す買取店に巡り合えます

多くが0円査定でも流通経路の違いで高い査定を出す業者もある

古いクルマの場合、買取査定に依頼してもクルマの状態により査定額が0円になる話はよくあります。

しかし、買取店は全て同じ中古車販売ルートではありません。そのため、多くの買取店に査定依頼すれば、他の店舗で0円のクルマでも予想もしなかった値段で引き取りたいと話す業者もあります。

中古車市場は、需要と供給のバランスで成り立っているので、欲しい人がいなければ買取しても不良在庫になるだけです。しかし、買取店の流通ルートの中に、古いクルマを探している店舗があれば、その買取店は古いクルマも買取します。

このように、中古車は古くても欲しい人がいる流通ルートがあれば高く買い取られるので、できるだけ多くの買取店に査定依頼するのがポイントです。

複数業社で査定をとるなら一括査定を利用しよう

古いクルマで査定額が0円だったら、一括査定がオススメです。一括査定は一度に多くの業者に査定依頼できる強みがあり、他社で古くて買取できないクルマも、買い取る業者が見つかる可能性が高いので利用してみましょう。

→ネットで簡単、最大30社の一括査定!【無料】愛車の買取価格を今すぐ調べる!

②純正パーツから社外パーツに変えていたら純正パーツも一緒に査定

クルマを長年使用していると、オーナーの好みに合わせて社外パーツでカスタムしているクルマが多く見られます。しかし古いクルマは純正状態が高い人気で、社外パーツに変えていたら、純正パーツも一緒に査定に出すと査定額が上がります

社外パーツなど取り付けていないという人もいるでしょう。しかし、完全な純正状態であるクルマはほとんどありません。例えば、ホイールを変えていることも立派なカスタムです。特に多いのが、査定に出す時に冬用のスタッドレスタイヤとアルミホイールを装着していることです。

この場合、純正ホイールなら良いですが、冬用タイヤなので専用にアルミホイールを履かせていることが多く見られます。そこで、どうせ売るのだからと冬用タイヤのセットを装着するなら、純正ホイールも一緒に査定しましょう。

また、ハンドルやシフトノブも社外品に交換していることも多く、この場合も純正があると良いでしょう。

古いクルマは純正度が高いほど高額査定になる

クルマを売る時に、社外パーツから純正パーツに戻してから査定すると、古いクルマほど高額査定を引き出せます。これは、古いクルマを購入する人たちがクルマの純正度を重視しているからです。

特に、30年以上古いクルマが純正部品オリジナルを維持していると、かなりの需要が高くなり高額になります。古いクルマは、純正部品がどれだけ揃っているかで買取価格は変わり、しかもストックとして純正部品を取ってあるなら、それらも一緒に査定すると、さらに高額になるでしょう。

③廃車専門の買取業者に相談する

古いクルマをどんなに多くの買取店で査定しても0円査定以上つかない場合は、廃車買取を利用してみましょう

廃車買取は、どんなに古いクルマでも買取します。また、中古車買取で査定ができる現役のクルマであれば、本当に廃車となる不動車などに比べ条件の良い金額で買取してもらえる可能性が高くなります。

多くの買取店で査定額が0円でも諦める必要はありません。廃車買取なら不動車であっても0円以上で買取しています。古くても壊れていても現金化できる道は廃車買取で決まり。廃車にお金を掛ける前に今すぐ廃車買取を利用してみましょう。

→事故車・低年式車・訳あり車も買取可能!【無料】廃車専門の買取査定はこちら!

廃車買取も一社だけでなく多くの店舗で査定する

廃車買取は現在では多くの業者が参入しているので、廃車買取の査定額は廃車買取業者によって異なります。そこで、条件の良い廃車買取店を探すには、数多くの店舗に相談することをオススメします。

廃車になるということは、中古車として商品価値がありません。このようなクルマが買い取られる理由は、クルマとしてではなく、クルマの部品として価値があるからです。

また、海外では日本車が高い人気があり、日本で廃車になるようなクルマでも新興国を中心に買い取られて、中古車として販売されます。

このように、廃車買取されたクルマは、大きく分けて2つのルートに流通されますが、この流通ルートもさらに細かく分類されています。そのため、廃車買取業者が全ての販売ルートを網羅できないので、多くの業者が得意なルートに特化して営業しています

このことから、多くの廃車買取業者に査定依頼すれば、廃車になるクルマも一番高い業者に売却できます。

以下、オススメの廃車買取業社一覧です。ぜひ一社だけでなく複数社の見積もりをとってみてください。

業者名対応地域申し込み方法買取保証キャンセル料特徴
廃車本舗全国WEB
電話
3万円海外販路に強い
解体工場保有
廃車王全国WEB
電話
LINE
原則0円以上なし創業30年キャンペーン実施中
カーネクスト全国WEB
電話
0円以上保証3万円実績トップクラス
カービュー事故車買取全国WEB買取業者による買取業者による一括査定形式のサービス
ハイシャル全国WEB
電話
LINE
0円以上保証要相談2019年の相談実績65,000件
事故車買取のタウ全国WEB
電話
0円以上保証成約金額の10%事故車の高価買取を実現
ENG全国WEB
電話
要相談特定の車種の輸出を得意とする

④買い替えを決めているならディーラーの下取りを利用する

買い替えを検討している時に、中古車買取で査定価格が思った金額を提示されなかった場合、ディーラーでの下取りを考えてみましょう。ディーラーでは、新車の購入価格充当として下取りしていますが、古くても意外に下取り可能なことが多いのもディーラーです。

ディーラーでの下取りは持ち込み査定が基本ですが、古いクルマでも買取店に査定に出せるクルマであれば、ディーラーまで自走させて持ち込むことは問題ないでしょう。

ディーラーは買い替えの下取りなら古くても価格が付くこともある

ディーラーで下取りに出す場合、古いクルマだと本当に下取りできるか不安になるでしょう。しかしディーラーでは、どんなに古くても下取り車に価格が付くことがあります

ディーラーはクルマを売る場所であり、クルマを買い取るところではありません。そんなディーラーが下取りする理由は、新車を購入するユーザーへのサービスです。

ディーラーでは、ユーザーに気持ちよく新車を買ってもらうために、多くのサービスを用意しており、その中でも下取りは昔からある重要なサービスです。そのためディーラーでは、新車を購入するユーザーの購買意欲が削がれないよう、古くても新車を買ってもらえるなら少額でも査定額を付けて下取りしようと努力してくれます。

⑤古いクルマこそ内外装の掃除は丁寧にする

クルマは、長く乗れば乗るほど細かい部分に汚れが蓄積します。そして、クルマを定期的に洗車していても、内外装には落としきれない汚れが残っています。そこで、古いクルマを買取査定に出すなら、普段洗車しない細かい部分まで丁寧に洗車します。特に内装の掃除は丁寧に行いましょう。クルマの古さを考え、平均より綺麗な状態で査定できれば、査定士も査定額に上乗せする可能性が高くなります。

クルマが綺麗だと査定額が上がる理由は、業者が買い取った後の洗車費用が抑えられるだけでなく、クルマを大事に扱ってきたことを査定士が評価するからです。それは、大切に扱われたほど状態が良いので、中古車として人気が高いからです。

汚れの蓄積を綺麗に掃除すれば業者も高額査定を出すことがある

古いクルマは、定期的に洗車していても汚れが蓄積しますが、普段あまり洗車をしていないと、内外装ともに汚れはかなりひどいでしょう。そこで、汚れた部分を綺麗にするとクルマは見違えたように綺麗になるので、査定額も期待できるでしょう。

また、普通の洗車だけでなく外装なら細かなスリキズもコンパウンドで綺麗にします。ただし、すり傷でも爪で引っかかるような深いキズはコンパウンドで消えないので、そのままにしておきます。

内装も綺麗にしますが、この時にニオイを除去できる洗車を重点に行います。車内のニオイは、次に購入するユーザーにとってかなり厳しい指摘が多く見られます。そのため、タバコ臭やペット臭は、できる限り消してから買取査定すると良いでしょう。

タバコやペットのニオイ消しは、ネット通販などでは数千円で購入できます。ニオイが残っていることで、中古車査定では4万円程度の減額になる事を考えるとかなりお得と言えるでしょう。

(関連記事)査定前の洗車や掃除ひとつで買取価格が有利に!?プロが正しいクリーニング方法を紹介!

古いクルマの買取先を決めるクルマの状態

古いクルマが買取できるとわかっても、どこに売却すれば良いか悩みます。そして、間違った売却方法を選ぶと大きく損をすることも考えられるので、しっかりと古いクルマの売却先を見極めなければならないでしょう。

買取先は大きく分けて、中古車買取、廃車買取、そして旧車専門店の3種類に分けられるので、古いクルマでもクルマの状態に合わせて選ぶのがポイントです。

10年落ち前後なら中古車買取業者に相談

古いクルマでも、10年落ち前後であれば中古車買取店での査定が良いでしょう。10年落ちと聞くと、もうクルマとしての価値が無いように感じる方も多いですが、現代のクルマは10年程度であれば全く問題なく中古車市場で流通しますから買取も可能です

仮に、10年落ちのクルマが中古車買取で値段が付かないと言われたら、そのような店舗は諦めて他の店舗で査定しましょう。そこで便利なのが一括査定です。一括査定を利用すれば多くの店舗に一度に査定依頼できるので、1か所断られても他の店舗で直ぐに査定できます。そのため、自分で買取店を回るより早く高額査定を出す業者を探せます。

新車購入から10年程度なら一括査定がオススメです。一括査定は多くの買取店に一度に査定依頼でき、高額査定を出す店舗が見つかりやすいので今すぐチェックしましょう。

→ネットで簡単、最大30社の一括査定!【無料】愛車の買取価格を今すぐ調べる!

15年落ちから20年落ちなら廃車買取を視野に検討

古いクルマで15年から20年落ちとなるクルマは、走行距離も15万km以上がほとんどであり、各部に傷みが多く出ていることが考えられます。そのため、買い取った後には大きな整備が発生する確率が高いので、中古車買取はかなり苦戦します。そこで、あまり良い返事を貰えないのであれば、潔く廃車買取に相談してみることも必要です。

クルマは、年数と走行距離の関係が1年1万km程度と言われており、これが自動車業界では一般的です。そして、15年から20年経過すると、走行距離は15万kmから20万kmに達すると見られ、走行距離が少ないクルマに比べて整備する部分が多くなります

買い取るという事は、再販しなければなりませんから、再販するためのコストを買取店では考えます。そのため、古くて走行距離が多いと一般的に買取店は買取を拒否する場合がほとんどです。

走行距離が多い、または年式が古くて買取店で断られたら、廃車買取を利用しましょう。廃車買取なら、走行距離がたとえ100万kmを超えていても、そして20年も30年も前の古いクルマでも0円以上で買取します。廃車には通常お金がかりますが、廃車買取ならクルマの状態で現金化できるので今すぐチェックしてみましょう。

→事故車・低年式車・訳あり車も買取可能!【無料】廃車専門の買取査定はこちら!

廃車買取ならどんな状態でも0円以上の買取保証

買取店で0円査定になると、買取店ではクルマを引き取りません。そこで、買取店で買取できなかった場合に廃車買取に依頼すれば、0円以上での買取を保証し、処分手数料もかからない店舗がほとんどなので、古いクルマの処分で困ったら廃車買取が便利です。

廃車買取に依頼するメリットは、どんなにボロボロでも買取することです。基本的に廃車買取なので、中古車として再販をしません。そのため、エンジンが始動しなくても買取が可能です。

ボロボロのクルマでスクラップにするしかないと諦めていませんか。廃車買取なら事故車でも故障車でも、クルマであればどんな状態でも0円以上で買取保証しています。廃車買取ならお金を掛けずに廃車が可能で、しかも現金化できる可能性もありますから今すぐチェックしてましょう。

→事故車・低年式車・訳あり車も買取可能!【無料】廃車専門の買取査定はこちら!

20年以上前のクルマは旧車専門店に相談

古いクルマは、なんでも買取店や廃車買取に相談すれば良いというわけではありません。20年以上経った古いクルマの中には、クラッシックカーとは呼べないまでも旧車として扱われる車種があり、マニアの間で高値取引されます。

このような旧車として扱われる車種は、旧車専門店に相談すると思いのほか高額で買取されるでしょう。

→旧車専門買取「旧車王」の公式サイトはこちら

平成12年排ガス規制より古いスポーツカーは期待が大きい

古いクルマの中で、特に人気がある車種は平成12年排ガス規制により姿を消した国産スポーツカーです。この年代のクルマは、アメリカの25年ルールが大きく影響していることに加え、世界的ヒットした映画、ワイルドスピードが大きく関係しています。

今から20年以上前の国産スポーツカーは、海外で需要が高くなり、ブローカーによる国内での買いあさりが横行しました。そのため、必然的に国内での中古車価格が高騰し、古い国産スポーツカーの買取額も上昇しています。

また、最近では古い国産スポーツカーだけでなく、かつて刑事ドラマで一世風靡した2代目日産レパードや、そのライバルの初代ソアラも高値で取引されています。

古いクルマが全て高額で取引されるわけではありませんが、古い国産スポーツカーは高値になることが大いに予想されるので、安易に廃車買取などに依頼せずに、旧車専門の買取店に相談すると良いでしょう。

→旧車専門買取「旧車王」の公式サイトはこちら

古いクルマは廃車買取と一括査定のどちらが得か

古いクルマから買い替える場合や処分する場合、廃車買取と一括査定のどちらを選べば良いか悩む人も多いでしょう。特に長く乗っていると、クルマの古さで中古車としての価値など無いと考える向きもあります。

しかし、今まで問題なく使用できていたのなら、まだ使えるクルマなので一括査定から査定してみましょう。そしてどうしても中古車買取で値段が付かなければ、その時に初めて廃車買取に依頼するようにします。

基本的に一括査定がお得

古いクルマだからと一括査定に連絡するのをためらう人もいますが、古いクルマでも走行や装備品に大きな問題が無ければ一括査定がお得です。

古いクルマといっても、中古車として購入したい人はかなり多くいます。それは、古いクルマであれば安く乗れるからですが、古くて安い中古車を探すユーザーもある程度クルマは吟味しています。

とはいっても、多くの古くて安く乗れるクルマを探すユーザーは、問題なく走れれば良いと考えており、条件としては購入後の次の車検まで整備費用が掛からないクルマを探しています。

そのため、古くても定期点検をしっかり行ってきたクルマや、日頃から大事に使用しているクルマは、かなり良い条件が提示される可能性があります。そして、走行装置や快適装備に大きな問題がなく、当面整備しなくても済みそうな状態が良い古いクルマも、一括査定では好条件で買取されるでしょう。

→ネットで簡単、最大30社の一括査定!【無料】愛車の買取価格を今すぐ調べる!

古くても一括査定なら条件良く買い取る業者を見つけられる

綺麗で程度が良い古いクルマであっても、全ての買取店が好条件で買取するとは限りません。そこで重要なポイントが多くの買取店で査定することですが、多くの買取店で査定するには一括査定が理にかなったサービスと言えます。

一括査定なら、古いクルマを好条件で買い取る業者が探せる確率がグンと高くなるでしょう。というのも、自分で買取店を回って査定するには空いている時間に行うため、あまり多くの買取店を回ることは困難です。しかし、一括査定なら一度の登録で多くの買取店に査定できますから、古いクルマを高額で買い取る業者を自宅にいながら探せます

→ネットで簡単、最大30社の一括査定!【無料】愛車の買取価格を今すぐ調べる!

廃車買取は中古車買取で価格が付かなかった時の最終手段

古いクルマだからと、廃車にしようと考える人もいます。そして、何も考えずに廃車買取に依頼してしまう人もいますが、廃車買取に依頼するのは、一括査定で依頼した買取店の全てが0円査定となった時に利用するのがベストです。

古いクルマなので、買取店に査定依頼するのを躊躇する場合があります。しかし、古くても中古車として流通できるクルマの場合は、廃車買取より高値で買取しますから、廃車買取は最終手段として考えるのが良いでしょう。

廃車にする前に一括査定を利用しましょう。どんなクルマも流通ルートにより高く買取できる場合がありますから、多くの買取店で査定することがポイントです。一括査定なら一度に多くの買取店に査定依頼ができるので、今すぐチェックしましょう。

→事故車・低年式車・訳あり車も買取可能!【無料】廃車専門の買取査定はこちら!

廃車買取なら不動車でも買取可能

廃車買取は、古いクルマだけでなく不動車や事故車も買取するので、古くても走行可能なら不動車や事故車より買取価格に期待が持てます

廃車買取では、不動車や事故車といったクルマに問題を抱えているクルマより、現役で動く車のほうが流通ルートも多くなるので良い条件で買い取るでしょう。

特に、国内で流通量が多かったクルマで、現在も街で見かけることが多い古いクルマは、部品取りとしての需要が高いのでかなり期待できます。

また、故障していなければ、そのまま海外で販売できるのでコストがかからず、廃車買取店の利幅が大きいことから、現役で動く大きな問題がない古いクルマは、廃車買取で値段が付くことが多いと言えます。

→事故車・低年式車・訳あり車も買取可能!【無料】廃車専門の買取査定はこちら!

古い軽自動車も買取できるか

現在国内では軽自動車の需要がかなり高くなっています。特に地方では軽自動車の普及率は高く、全国軽自動車協会連合会の令和元年の調べでは100世帯中100台(1世帯1台以上の普及)の所有が6県にも及びます。

これだけ人気がある軽自動車なので、古くても需要があり買取されています。そこで、古くて廃車を考えている軽自動車を所有していたら、廃車ではなく中古車買取に査定依頼するのをオススメします。

軽自動車は人気が高いので低年式でも車検が残っていると再販される

古い軽自動車を購入する層は、セカンドカーとしてゲタのように使う人たちが多くいます。クルマの外観に補修しなければ乗れないような大きなキズがなく、次の車検まで大きな整備が発生しなさそうな軽自動車は人気があり、車検残がある軽自動車は古くても期待できます

軽自動車の人気は年々所有比率が上がっています。軽自動車検査協会の調べでは、平成元年に25.8%だったのが、令和元年には39.6%に上昇しており、感覚だけでなく統計的にも実証されています。

参考:軽自動車検査協会「その他統計情報

参考:軽自動車検査協会「登録自動車及び軽自動車の保有車両数の推移

このように、年々人気が上がっている軽自動車は新車だけでなく中古車も人気が高まっています。しかも車検が残っていると再販しやすいこともあり、古い軽自動車も買い取られます。

軽自動車は価値を認識している業者なら高価買取する

軽自動車の買取は、軽自動車の価値がわかる軽自動車の買取実績が豊富な買取店に依頼すると高額査定が出やすいでしょう。

クルマは、普通車も軽自動車も同じと思われがちですが、実際は各店舗で知識は大きく異なります。というのも、軽自動車は普通車と登録する事務所も異なるほか、車検を行う場所も違います。そのため、軽自動車専用の知識がなければ正確な査定はできません

一括査定を利用すれば軽自動車に詳しい業者に巡り合える

古い軽自動車も、高額査定を出す中古車買取店を探すために一括査定を利用したほうが良いでしょう。一括査定は、古い軽自動車でも利用できるので高額査定を出す買取店を見つけやすいと言えます。

例えば、古い軽自動車を高額で買い取る買取店を探すには、多くの軽専門の買取店を回らなければならないでしょう。しかし、一般的に多くの買取店を巡るには時間と労力がかかるほか、時間がかかれば最初に査定した買取店の査定額の期限が過ぎる可能性もあります。そのため、クルマを売るにはスピ―ドも大事です。

そこで、一括査定を利用すれば、一度に多くの買取店に査定依頼ができ、しかも自宅に出張査定に来ますから、古い軽自動車を持ち込み査定に回る手間が省けます。そして、最も高い査定額を提示した買取店に買取してもらえます。

→ネットで簡単、最大30社の一括査定!【無料】愛車の買取価格を今すぐ調べる!

軽自動車は10万kmを超えると廃車買取のほうが良いことも

軽自動車は、故障しても修理費用は普通車より安く済みますが、10万kmを超えるとエンジン本体に異常が見られます。このような事例を回避するために、買取店では10万kmを超える軽自動車はシビアに査定されるので、あまり良い査定額を提示されなければ廃車買取に相談してみましょう。

軽自動車は昔、耐久性が無かったので、走行距離が10万km近くなると故障が多く発生し、修理より廃車にしたほうが良い場合が多く見られました。しかし、最近の軽自動車は耐久性が上がり、10万kmを超えても現役で走行できるようになっています。

しかし、商品として再販を考えると、10万kmは中古車として軽自動車を購入に来るユーザーは敬遠する傾向が強いので、買取は10万km以下までと考えたほうが良いでしょう。その理由は、せっかく安く購入できても、故障で修理費が高額になるのを避けたいからです。

このような理由から、過走行の軽自動車は人気がありませんので、廃車買取に相談すると良いでしょう。

→事故車・低年式車・訳あり車も買取可能!【無料】廃車専門の買取査定はこちら!

廃車買取なら走行距離に関係なく買取する

廃車買取は、古い軽自動車も問題なく買取します。しかも走行距離がどんなに過走行でも関係ありません。そこで、過走行で良い査定が出なかった古い軽自動車は、廃車買取に依頼してみると良いでしょう。

廃車買取では、どんなクルマも買取しますが、古い軽自動車は人気があります。というのも、軽自動車の修理費用は普通車に比べ安いですが、それでも新品パーツは高額なので中古パーツに人気があります。

そのため、どんなに過走行の軽自動車でも廃車買取され、特に人気があるワゴンタイプの軽自動車は、かなり期待が持てるでしょう。

→事故車・低年式車・訳あり車も買取可能!【無料】廃車専門の買取査定はこちら!

古いクルマの買取に関するよくある質問

Q.古いクルマで車検が間近でも買取してもらえるの?

A.車検間近ということは、車検無しとして査定されますが、クルマの買取は車検が無くても買取されます。そして、古いクルマも基本買取されますが、古いクルマの場合、車検よりクルマの人気度が大きく関わるので、人気が無ければ車検が有っても買取されません。

Q.古いクルマが買い取られた後に故障したら減額されるの?

A.クルマの引き取りと買取金額が支払われた後に故障しても、売り主に減額分の請求はきません。しかし、査定後にクルマを引き取ってから故障ヵ所が発覚すると減額の相談がある場合がほとんどです。

Q.古いクルマの買取査定金額は、査定後から時間を置くと再査定になるの?

A.査定後から時間が経つと再査定になるのは古いクルマでも同じです。それは査定後にクルマに不具合が発生している可能性があることと、古くても時間が経つと相場が変わるからです。

まとめ

古いクルマは、廃車一択という方も多いでしょう。しかし、古いクルマも一括査定を利用することで、高く買取する業者を探せます。また、古いクルマの中には価値を認識している業者に査定依頼しないと損するプレミアムが付いた古いクルマもあるので、買取店に査定依頼する前に自分のクルマの相場確認がポイントです。

そして廃車買取は、中古車買取で0円査定など良い返事が貰えなかった時の最終手段として利用します。もちろん、廃車買取もできるだけ多くの業者に査定依頼すると条件の良い業者を探せますから、古いクルマだからと諦めずに多くの店舗で査定依頼してみましょう。

→【当サイトおすすめNo.1】カーセンサーの一括査定で買取価格を今すぐ調べる!

This article is a sponsored article by
''.