画像: 軽トラのおすすめ業者6選!高く期待できる買取業者と高く売るテクニックの秘密を大公開!

軽トラの買取先を探している方は必見です。軽トラは乗用車と異なり、高額での買取が期待されると言われています。しかし買取店選びを失敗すると、思ったような買取額を引き出せません。ここでは、おすすめの軽トラ買取業者をお伝えいたします。

軽トラックは、一般的に高く買い取られると言われています。しかし、「程度が良くなければさすがに無理なのでは?」と考えている方も多いのではないでしょうか。

実は、軽トラックは人を乗せて移動することより荷物を運ぶことに重点を置いた乗り物なので、傷みが激しくても、そして古くても買取してもらえる可能性はあります。こうした市場では、「動くならどんな軽トラックでも欲しい」というユーザーが多いからです。

ただし、買取業者選びを間違えてしまうと、高く買い取られる軽トラックを安値で契約してしまうことも少なくありません。ここでは、軽トラックを少しでも高く売れるおすすめ業者と、軽トラックを高く売るためのテクニックを詳しくお伝えいたします。

→軽トラ売るならカーネクストへ!【10年落ち・10万キロもOK!】

軽トラを高額買取するおすすめ業者6選

軽トラック(以下、軽トラ)は、一般中古車買取店でも買取されます。しかしどこでも同じではなく、軽トラに熟知したスタッフがいるお店でなければ適正な査定額を提示してもらえません。

軽トラは一般中古車店でも販売されるので、普通に買取も行われていますが、査定基準は乗用車と大きく異なるため、軽トラの高価買取を目指すなら買取店選びがポイントです。

軽トラの買取をする店舗が数多くありますが、その中で軽トラを適正に査定して高額が引き出せる買取店は以下の6店舗です。

  • カーネクスト
  • カーセンサー
  • ナビクル
  • ユーカーパック
  • ハイシャル
  • 国際自動車

【おすすめ1】カーネクスト

画像: 画像引用:カーネクスト carnext-haishakaitori.jp

画像引用:カーネクスト

carnext-haishakaitori.jp

カーネクストは廃車買取として知られていますが、中古車買取も高い実績を出している買取店です。特に他の中古車買取と異なることは、実車確認をしなくても電話一本で軽トラの情報から査定額を提示します。

一般的に、電話で査定額を聞いても概算であることがほとんどです。そのため電話査定後に実車確認して改めて査定額を提示するのが中古車買取の一般的な方法です。よって、最終的な査定額は電話査定額より低い金額を提示される場合がほとんどです。

しかしカーネクストでは、オーナーとの電話でのやり取りの中で、軽トラの車種、グレード、年式、走行距離などの基本情報はもちろんのこと、クルマの詳細な情報を電話で聞き取りして、査定額を提示します。

オーナーは、電話一本で買取額も決まるので、手間もなく買取契約が終了します。しかもカーネクストは多くの販路を持っているので、他店での査定額より高い金額で買取されます。

このほか公式HPでは、メーカーごとやエリア別の買取相場の検索が無料で行えるので、自分の軽トラの買取相場を手軽に調べられます。

→【10年落ち・10万キロもOK!】カーネクスト公式サイトはこちら

【おすすめ2】カーセンサー

画像: 画像引用:カーセンサー kaitori.carsensor.net

画像引用:カーセンサー

kaitori.carsensor.net

カーセンサーは、買取依頼をすれば最大30社に一括査定依頼ができるので、手間をかけずに複数の買取店から査定を受けられます。よって、一番高い買取価格を提示する買取店を見つけやすいと言えます。

このほか、オークション型査定も取り入れており、査定依頼するときにオークション型を選べば、一度に複数の買取業者から入札を行ってもらえるので、その中から一番高い査定額を提示した買取業者と契約するだけで軽トラ売却が完了します。

軽トラの高額査定を引き出す店舗を選ぶなら、軽トラに熟知した店舗でなければ難しいでしょう。そこで、カーセンサー経由で査定を依頼すれば、軽トラを欲しい業者が高額査定を提示します。あとは、オーナーがそれぞれの買取店の査定金額を比べて買取店を決めるだけなので、非常に簡単かつ合理的な売却方法と言えます。

→【最大30社の査定額を比較!】カーセンサー公式サイトはこちら

【おすすめ3】ナビクル

画像: 画像引用:ナビクル www.navikuru.jp

画像引用:ナビクル

www.navikuru.jp

ナビクルは、たった47秒の入力で最大10社に査定依頼ができます。しかも公式HPにある「買取・下取相場」をクリックすれば、個人情報の入力無しに現在の軽トラ買取相場を表示できるほか、過去がどのような金額で移り変わってきたのか、そして今後未来はどのような買取価格になるかまで相場の確認ができます。

ナビクルでは、JPUC認定(一般社団法人日本自動車購入協会が認定する適正買取店認定制度)の買取店も参画しており、多くの方たちが安心できる一括買取サービスとして認知度が高くなっています。

→【最短47秒の査定依頼!】ナビクル公式サイトはこちらから

【おすすめ4】ユーカーパック

画像: 画像引用:ユーカーパック ucarpac.com

画像引用:ユーカーパック

ucarpac.com

ユーカーパックでは、オークション形式の買取を実施しており、電話連絡は1社だけなので煩わしい買取店からの電話を嫌う方にとって人気の買取業者です。

ユーカーパックでは、1社がクルマの査定を行い、その情報を共有する買取店がクルマの入札をして買取価格を吊り上げます。しかも最大8,000社以上が入札に参加するので、高額買取が期待できる買取店の一つです。

このほか公式HPでは、軽トラの車種、グレード、年式、走行距離ごとに相場を確認できるほか、過去の査定実績データも公開しているので、買取査定額の参考にできます。

→【最高額の買取店とマッチング!】ユーカーパック公式サイトはこちらから

【おすすめ5】ハイシャル

画像: 画像引用:ハイシャル haishall.jp

画像引用:ハイシャル

haishall.jp

ハイシャルは、どんなにボロボロでも0円以上での買取を約束している廃車買取業者です。日本全国どこでも引き取りと手続きが無料なので、動かない軽トラも買取してもらえます。

ハイシャルは、海外にも流通ルートがあるので、国内では商品価値がなくても海外向けに輸出していることから買取が可能です。

このほか、ボロボロの軽トラでも部品として国内外に流通できるので、不動車となっている軽トラも相談してみる価値があります。

→【ボロボロの軽トラもOK!】ハイシャル公式サイトはこちらから

【おすすめ6】国際自動車

画像: 画像引用:国際自動車 www.kokusai-j.com

画像引用:国際自動車

www.kokusai-j.com

国際自動車は、軽トラ専門に買取している数少ない買取業者です。自社で軽トラの中古車を専門に販売しているので、高額買取に期待が持てる買取店です。

買取した軽トラは自社で整備し、ボディも塗装をしてから販売しているので、かなり古く傷んだ軽トラも買取しています。

国際自動車は、軽トラ全国保有台数No1の長野県で営業しており、基本的に県外からの買取は持ち込みのみの対応です。

買取は現車確認が基本で、電話での買取相場には答えていません。しかし、軽トラ普及率No1の立地条件を生かし、中古軽トラの販売に大きく力を入れて仕入れていることから、近隣にお住まいで他店の査定に納得できないなら、一度相談してみると良いでしょう。

→【軽トラ専門店】国際自動車の公式サイトはこちらから

軽トラが高く売れる3つの理由

軽トラは、自家用車より高く買い取られると言われています。それは、軽トラは商用車としてだけでなく、一般家庭でも荷物を運ぶクルマとして重宝するため人気があるからです。

たとえば、乗用車では見向きもされない年式でも、軽トラなら動けば欲しいというユーザーが多いのが特徴で、程度が少しでも良ければすぐに売れてしまいます。

この他にも軽トラが高く売れる理由がいろいろありますが、主に高く売れる理由は以下の3つです。

  • 軽トラは動けばよいと考えるユーザーが多いから
  • 中古車市場で軽トラは不足しているから
  • 軽トラは海外でも人気が高いから

理由1:軽トラは動けばよいと考えるユーザーが多いから

軽トラは乗用車と異なり、人を運ぶためのクルマではなく荷物を運ぶためのクルマです。しかも日本独自の軽規格のサイズは、日本の道路事情にマッチしているため、重い荷物や多くの荷物を狭い道路でも運び入れられる素晴らしいトラックです。

このような理由から、軽トラを必要としている方が途絶えることがなく、特に新車を購入するまでもないと考えるユーザーは、荷物を載せて動けば欲しいと考えています。

また、軽トラを中古車で購入するユーザーの中で、動けばよいと考える方たちは、近場で荷物を運ぶためだけに使いたいため、クルマの外装のへこみなどを気にする方は非常に少ないと言えます。

このように、軽トラ人気は新車だけでなく中古車市場でも非常に高く、また価格を抑えて購入したいユーザーが多いことから、軽トラはどんな状態でも動けば買い取られる可能性が高いでしょう。

理由2:中古車市場で軽トラは不足しているから

軽トラ人気はとどまるところを知りません。新車は当然人気がありますが、中古車はさらに高い人気があります。最近は、軽トラをベースにしたカスタムに人気があり、程度の良い中古軽トラを探す方も多いことから、比較的新しい程度が良い軽トラはすぐに売れてしまいます。

軽トラ自体は、中古車検索すると8,000台以上ヒットしてきます。しかし全国レベルの話なので、多い県では数百台の在庫がありますが、少ない県では県全体で50台にも満ちません。このように、市場の場所ごとで軽トラの流通量にばらつきがあることから、軽トラは乗用車に比べて流通量がかなり少ないと言って良いでしょう。

そのため、軽トラは高額で買い取られる傾向が強く、さらに、どんな状態でも動けば店頭に並べたい中古車店もあるので、買取はかなり期待が持てます。

理由3:軽トラは海外でも人気が高いから

軽トラは、日本独自の軽規格として国内向けに流通しているクルマです。現に新車は国内しか販売していません。しかし軽トラの魅力は海外でも広く知れ渡り、最近ではアメリカでも人気が上昇しているクルマの一つです。

軽トラが海外で人気がある理由は、小回りが利いて荷物が運べて壊れないことです。また4WDもラインアップにあることから、その走破性の高さに憧れて購入したい海外ユーザーが多くいます。

軽トラは乗用車のように、新興国だけでなく先進国の欧米でも人気があるので、輸出向けの販売ルートが広いことで知られています。また、アメリカでは25年ルールがあります。これは、アメリカでは右ハンドル車の走行は認められていませんので、右ハンドルの軽トラの輸入はできません。しかし25年経てば、クラッシックカーとして右ハンドルの輸入が解禁となっているため、軽トラの古いタイプがアメリカで中古車として販売されています。

このようなことから、軽トラは世界各国から大きな支持を得て高い人気となっているため、古くても新しくても海外向けに買取が強化されています。

→軽トラ売るならカーネクストへ!【10年落ち・10万キロもOK!】

軽トラを高く売るコツと注意点

軽トラは、買取で人気が高いと言っても何も考えていなければ高く売ることはできません。人気ある軽トラを高く売るためのコツや注意点があります。

乗用車を買取に出す場合、一括査定を利用してできるだけ多くの買取店で査定したほうが有利ですが、軽トラも同じようにできるだけ多くの買取店での査定が重要です。ただし、ボロボロでも買い取られるからと、洗車もしていないようでは、マイナス査定を取られる可能性があるので注意が必要です。

多くの買取店で査定すると高く買い取る業者が見つかる

軽トラは、農作業や商業に使用されていることが多く、一般的な買取基準では高価買取を出してもらえないケースもあります。そのため、軽トラに詳しい買取店を見つけなければ高値売却は厳しいと言えるため、多くの買取店で査定するのがポイントです。

とはいっても、個人で軽トラ専門に買取する業者を探すことは、かなりハードルが高いと言えます。そこで軽トラの売却を考えるなら、一括査定を利用してみると良いでしょう。

一括査定の魅力は、自分の足で買取店巡りをしなくても、一度に多くの買取店に査定のオファーできることです。とくに忙しい方にとっては、買取店巡りの時間がない場合も多いと言えます。しかし一括買取査定であれば、自宅に出張査定に来てもらえるので、忙しく移動して査定する必要がなく、一番高い買取業者に売却できます。

乗用車と同じ感覚で売却しない

軽トラは、乗用車と査定基準が大きく異なります。乗用車は10年落ちとなれば査定はほとんど期待できませんが、軽トラの場合はどんなに古くても国内外で人気があり買取が可能なので、乗用車感覚で売却できるか判断するのは早計です。

このほか軽トラは、荷物を載せて走ることが目的なので、室内外の状態があまり良くなくても買取されるでしょう。特に乗用車ではシートに破れがあると大きくマイナス査定ですが、軽トラではシートの破れはそれほど気にする必要がありません。

このほか、外装もドアの開閉に問題がなく、荷台のアオリも問題なく使用できる状態であれば、キズが外装のあちらこちらに認められても乗用車ほどマイナス査定にならないでしょう。

もちろん、非常に見栄えが悪い軽トラの場合は、国内での流通は厳しいと言えます。しかし海外では、大きなキズがあっても人気があるので、大きなキズが沢山あるなら海外輸出に強い買取店で査定すると良いでしょう。

軽トラは低年式でも買い取られる

軽トラが低年式でも買い取られる理由の一つに、走行距離が少ないことが挙げられます。軽トラの使用方法は、主に農業や商業での使用なので、近場を走る程度であることから距離は大きく伸びません。

特に農作業で使用されていた軽トラは、新車購入から10年経っていても2万kmも走行していない個体も見られます。このように走行距離が極端に少ないため、国内でも古い軽トラも人気があります。

このほか、25年ルールにより1997年(2022年現在)より前の軽トラは、アメリカ輸出に力を入れています。

このように、古くても軽トラは様々な理由により人気があるため、乗用車のように買取を諦めるのは勿体ないと言えます。

現在の軽トラ相場を確認する

軽トラの人気は年々上昇していますから、軽トラを買取に出すなら相場を確認してからにしましょう。というのも、軽トラはクルマの価値以上に新車価格が安いため、コストパフォーマンスに優れており買取価格は安定していますが、時として大きく変動する場合が起きるからです。

近年、軽トラは各自動車メーカーで生産を終了しています。最近ではホンダ アクティトラックが生産終了をアナウンスしましたが、これは軽トラ生産のコストが高く、それに見合った利益を出せなくなったことが大きな理由と言われています。

このような生産終了となった軽トラには、ホンダのほかにスバル サンバー、三菱 ミニキャブがあります。もちろん、現在もOEM供給を受けて販売していますが、スバルや三菱独自で開発した軽トラはすでに生産していません。

このような生産終了した軽トラは、市場価格が急騰しており、新車価格を上回るプレミアム価格が付いている個体も出てきているので、少しでも高く売るために買取価格相場を調べることは重要なポイントと言えるでしょう。

下取りは大きく損をするため買取店を利用しよう

軽トラを長く乗って、新車の軽トラに乗り換えを考えるときに、そのままディーラーに下取りに出してしまう方も多くいます。しかし、軽トラの買い替えは乗り換えスパンが長いことから年式が古い場合が多く、下取では0円であることがほとんどです。

しかし、軽トラは古くても買取されるので下取は非常に勿体ないと言えます。新車の軽トラに乗り換える場合も、古い軽トラは下取りに出すのではなく、買取業者に査定依頼してみることをお勧めします。

特に古い軽トラで、すでに生産終了となり、自社生産されていない軽トラは思いもよらない高値を付ける可能性があるので、気軽に下取りを利用しないことが得策です。

売却前には洗車を入念に

軽トラは、仕事に使用しているので内外装の両方に汚れが多い個体も多く見受けられます。そのままでも買取査定に出せますが、汚いままでは査定士からの印象が良くないため、査定額に響く可能性が捨てきれません。

そこで、軽トラもキャビン内を査定前にキレイに掃除し、荷台に泥汚れなどがあればキレイに洗い流すなど軽トラ全体を今まで頑張ってくれた感謝の意も込めてキレイにしてあげましょう。

特に軽トラのキャビン内の清掃はほとんどされていない車両がほとんどです。そのため、水拭きするだけでウェスが真っ黒になることも少なくありません。

軽トラは、内装が樹脂やビニールであるほか、フロアもゴムマットだけである場合が多いので、足元を水洗いでキレイに掃除できます。また、キャビン内も乗用車と比べて狭いので、内装全てを水拭きしても、それほど時間がかかりませんから、軽トラを買取に出す前には洗車することをお勧めします。

故障した軽トラを売却する方法

軽トラは、故障していても買取されます。また、故障していても走行可能であれば査定額が付く場合も多く見られるので、故障しているからと廃車にするのは勿体ないです。

軽トラは、乗用車に比べて構造が単純であることから修理もしやすく、軽度の故障であれば動かない軽トラも中古車として店頭販売される場合も多いので、故障していても買取査定で査定してみましょう。

動くなら軽トラ専門店で査定依頼

軽トラの故障には様々な種類があります。その中で、走行可能であれば軽トラを専門に扱う買取店で査定してみることです。もちろん一括査定を利用しても良いでしょう。一括査定なら、故障していても動くなら買い取る業者を見つけられる可能性が高いからです。

軽トラの、走行に支障がない故障としては、エアコンや暖房、そしてドアの閉まりが悪いなどのほか、電装系に故障が出てライト類が点灯しないことが挙げられますが、このような故障なら問題なく買い取られることがほとんどです。

ただし、軽トラの使用方法には、過酷な条件の場所で使用される方も多く、思いがけない部分に負荷がかかっていたり、電装系に大きくダメージが起きていたりする場合があるので、使用状況によっては査定額がそれほど高くならないことも覚えておきましょう。

また軽トラは、乗用車のモノコックフレームと異なり強固なラダーフレーム(梯子状のフレーム)にボディが載っています。そのため、フレームが大きく損傷するようなアクシデントに見舞われない限り、軽トラを再生させることが可能なので、動く軽トラで荷台やキャビンが大きく損傷していても買取査定に相談してみましょう。

中古車買取で断られたら廃車買取を利用する

軽トラを中古車買取査定で断られる場合もあるでしょう。その場合は、かなり傷んだ軽トラの可能性があります。そこで、中古車買取で買取を断られた軽トラは、廃車買取に相談してみましょう。

廃車買取では、どのようなクルマでも買取しています。特に軽トラの場合は古くても長く使用されている場合が多いので、軽トラの中古部品の需要が高いことで知られています。そのため、古くても廃車買取なら価格が付く可能性があります。

また、廃車買取もできるだけ多くの廃車買取で査定してみましょう。廃車買取業者も流通ルートが大きく異なっているため、業者によって買取価格が異なります。

廃車買取は、ほとんど電話一本で査定が完了する手軽さなので、自宅にいながら出張査定の時間を割く必要もなく買取査定できます。このようなことから、多くの廃車買取に査定依頼してもそれほど負担にならないはずです。

中古車買取で買取を断られたら廃車買取がお勧めです。軽トラはパーツとしての需要が高く、軽トラの商品として海外で人気があるので、廃車買取ならどんなボロボロの軽トラでも買取してもらえるので今すぐチェックしましょう。

→軽トラ売るならカーネクストへ!【10年落ち・10万キロもOK!】

海外に販路を持つ買取店なら動かなくても現金化の可能性がある

動かないほど故障してしまった軽トラは、スクラップ工場にもっていくしかないと考えることでしょう。しかし、動かない軽トラが国内で需要がなくても、海外では高値で取引されているのが軽トラですから、動かない軽トラは海外に販路を持つ買取店に相談します。

動かないと言っても症状は様々でしょう。動かなくなって日が浅い軽トラから、数年放置されている軽トラなど様々あると考えられますが、長年放置された軽トラは、多くの部分がかなり朽ち果ててきている可能性が高いと言えます。

そこで、数年放置している軽トラの場合は、海外ルートを持つ買取店と並行して廃車買取にも相談します。数年放置していると、放置した当時に故障していた部分以外にも故障が広がっていることが考えられるので、買取業者も中古車買取と廃車買取の2本立てで査定し、その中から一番高い業者に売却するようにします。

廃車買取では、海外に幅広く販路を持っているので、軽トラがかなりボロボロでも買取価格に期待が持てるでしょう。

軽トラ買取でよくある質問

Q.軽トラはどんなに古くても買取してもらえるのでしょうか。

A.軽トラは、古くても走行距離が少ないため人気があります。また海外でも人気が出ている軽トラは古くても輸出されるので、海外輸出に強い業者なら買取が可能と言えます。

Q.軽トラの事故車も買取可能でしょうか。

A.事故車は廃車買取に相談しましょう。廃車買取であればどんな事故車でも買取してもらえます。

Q.軽トラを売却したときに自動車税は戻りますか。

A.軽トラは軽自動車なので、税金を納める先が市区町村で年税です。そのため、普通車と異なり月割りで自動車税の還付はありません。ただし、重量税と自賠責保険は車検残存期間によって還付されます。

まとめ

軽トラは、乗用車と買取査定基準が異なることから、どんなに古くても買取してもらえる可能性が高いでしょう。その理由は、どんなに古くても走行距離が少ない個体がほとんどであることと、動けば古くても欲しい方がいるからです。

このように、軽トラは乗用車とは異なる市場形成をしているので、軽トラを買取に出すなら軽トラ専門店に相談することをお勧めします。

→軽トラ売るならカーネクストへ!【10年落ち・10万キロもOK!】

This article is a sponsored article by
''.