高速道路を走っていて休憩に使うパーキングエリア(PA)とサービスエリア(SA)。最近はウオッシュレット付きトイレも増え、快適度が増している。でも、パーキングエリアとサービスエリアのふたつには、なにか違いがあるのだろうか? モータージャーナリストの鈴木ケンイチ氏に聞いた。

給油所やレストランのあるパーキングエリアだってある

基本的に、パーキングエリア(PA)はトイレと駐車場のある休憩施設で、サービスエリア(SA)はレストランや給油所など、より充実した設備を備えている施設を意味する。

ただし、その内容にはルールがない。レストランや給油所などの充実した施設があってもPAのままという場所もあるからだ。たとえば、関越自動車道の三芳PAは、レストランもあれば給油所もある。EV用の充電施設まである。都心に近いということもあり、利用者も多く、施設の内容も充実している。しかし、それでもPAなのだ。

ならば、PAとSAの違いはどこにあるかといえば、それは立地だ。高速道路を建設するときに、PAとSAどちらにするのかが決まる。そして一度できあがれば、その後に変わることはない。つまり最初の計画で、どちらになるのかが決まるのだ。

パーキングエリアとサービスエリアの呼び方は、立地で決まる

その選定の規定は非常に簡単だ。SAは約50kmごと、PAは約15kmごとを目安。それだけだ。

距離を基本に設置されているため、交通量によってはPAなのに利用者がSA並に多いという場所もある。そうなれば当然、施設の内容を充実させてゆく。その結果、PAなのにSA同等のサービスを揃えた施設ができあがるのだ。

ちなみにPAやSAは、元日本道路公団であるネクスコ(NEXCO)の子会社が管理する施設。しかし、ハイウェイオアシスはまったく異なる存在だ。このほとんどが地元の第3セクターによって経営されている。

そのため一定のルールで作られるPAやSAとは違って、エリアごとの個性あふれる施設づくりとなっている。決まりものがあるPA/SAの安心感もいいけれど、旅情を味わうにはハイウェイオアシスもオツなもの。ぜひとも寄り道して、旅の思い出としてみよう。

画像: ガソリンスタンドが併設されているのがサービスエリア、ないのがパーキングエリア…という認識は間違い。GSが併設されたPAだってあるのだ。ハイウェイオアシスも、SAだけでなくPAに併設された施設もある。

ガソリンスタンドが併設されているのがサービスエリア、ないのがパーキングエリア…という認識は間違い。GSが併設されたPAだってあるのだ。ハイウェイオアシスも、SAだけでなくPAに併設された施設もある。

This article is a sponsored article by
''.