2018年2月19日、フェラーリ・ジャパンは昨年9月のフランクフルトモーターショーで公開していた「フェラーリ ポルトフィーノ」を日本において発表した。これは「カリフォルニアT」の後継車で、フェラーリのGTモデルが人気の日本において成功は間違いないと思われる。
画像: 2018年2月19日、ジャパンプレミアとなった「フェラーリ ポルトフィーノ」。

2018年2月19日、ジャパンプレミアとなった「フェラーリ ポルトフィーノ」。

マルチな才能が光る

「フェラーリ ポルトフィーノ」は2017年9月のフランクフルトモーターショーで発表された「カリフォルニアT」の後継車だ。コンセプトは“ラグジュアリー性、多用途性、快適な乗り心地の完璧な融合”で、GTカーとして新たな境地を切り拓くモデルだ。

車名がアメリカの“カリフォルニア”からイタリアの港町“ポルトフィーノ”へと変わったことに伴い、“極上の居住性とハイパフォーマンスの融合”をとことん突き詰めて中身は一新された。

画像: ファストバッククーペから、わずか14秒でスパイダーへ変身。

ファストバッククーペから、わずか14秒でスパイダーへ変身。

ボディは80kg軽量化された上に剛性もアップ。また、GTとしては初の電動パワーステアリング(EPS)が採用された。搭載エンジンの最高出力は40ps高められて600ps、トランスミッションは従来どおり7速DCTで0→100km/h加速はわずか3.5秒を誇る。

さらに第3世代の電子ディファレンシャル(E-Diff3)、Premium 9.1 ESPと統合した電子サスペンション制御システム、F1-Trac トラクションコントロールの採用で、シャープでダイナミックな運動性能を実現しているという。

画像: リアパッセンジャーの足元スペースは拡大、全般に居住性は向上している。

リアパッセンジャーの足元スペースは拡大、全般に居住性は向上している。

フェラーリ・デザインセンターが手がけたエクステリアは、エレガンスとダイミズムという相反する要素をうまく融合させてもので、さらに空力性能はCd値が従来モデルより6%以上良い0.312を達成した。

インテリアは全般に居住性が向上、とくにフロントシートバックにマグネシウム構造を採用して薄型化、リアパッセンジャーの足元スペースを拡大した。また、インフォテインメント系の装備が一新されたことは言うまでもない。車両価格は2530万円でカリフォルニアTから80万円アップに留まっている。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.