アウディジャパンはSUVラインナップのエントリーモデルである“Q2”のデビュー1周年を記念した限定車「Audi Q2 #anniversary limited(アニバーサリー リミテッド)」を発表した。同日、全国のアウディ正規ディーラー(125店舗)で発売される。
画像: アウディQ2のデビュー1周年を記念した限定車「Audi Q2 #anniversary limited」。

アウディQ2のデビュー1周年を記念した限定車「Audi Q2 #anniversary limited」。

必要な装備はフルカバー

2017年4月26日に日本で発表されたアウディQ2だが、そろそろデビュー以来1年が経過する。ここまでハッチバックのA3と並び、アウディのエントリーモデルとして販売は堅調だが、このタイミングでお買い得な400台限定の特別仕様車が登場した。

その「アウディQ2 アニバサリー リミテッド」の搭載エンジンは1.0 TFSI(最高出力116ps、最大トルク200Nm)で、駆動方式はFFでトランスミッションは7速Sトロニックが組み合わされる。アイドリングストップ機構を持ちJC08モード燃費は19.8km/Lだ。

画像: 17インチの専用アルミホイールを装着。

17インチの専用アルミホイールを装着。

エクステリアではまずボディカラーはすべてメタリックで、タンゴレッド、ミトスブラック、ナノグレー、グレイシアホワイト(3万円高)の4色を用意。さらに専用7スポークローターデザインの17インチアルイホイールを装着する。

画像: ブラックとレッドのコントラストが効いていて、かなりスポーティな印象を受ける。

ブラックとレッドのコントラストが効いていて、かなりスポーティな印象を受ける。

インテリアでは専用のレッド/ブラックスポーツシートとデコラティブパネルレッドが組み合わされているのが特徴だ。さらに装備ではナビゲーションパッケージ、アシスタンスパッケージ、オートマチックテールゲート、バーチャルコックピットが採用されている。

内外装はかなりスポーティに仕立てられており満足度は高く、装備面でも必要と思われるものはフルカバーしている。これで車両価格は429万円というのはリーズナブルな設定と言っていいだろう。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.