2018年4月3日、トヨタ アクアが一部改良を受けて発売、さらに同日モデリスタがこれをベースにしたコンプリートカー「Rirvie(リルヴィー)」を発表した。

アクアの安全装備を充実させる一部改良。Toyota Safety Senseを進化させた

コンパクトハイブリッド車であるアクアの一部改良で、トヨタは安全運転支援システムを強化した。「Toyota Safety Sense」に、昼間の歩行者検知機能をもつプリクラッシュセーフティ(レーザーレーダー+単眼カメラ)を採用したのだ。このToyota Safety SenseはSグレードとアクア クロスオーバーに標準装備、SとLにオプション(4万3200円)設定されている。また、新たにアクセルペダル踏み間違いによる衝突被害を軽減する「インテリジェントクリアランスソナー」をオプションに新規設定。この両方を装備したモデルはサポカーSのワイドに相当する。

そしてSグレードをベースに上記ふたつの安全システムを標準装備し、内装を黒基調とした特別仕様車S“Style Black(スタイルブラック)”を設定している。

アクアの価格(すべて1.5L直4+モーターTHS II・FF)

L 178万5240円
S 188万6760円
G 205万2000円
G“ソフトレザーセレクション” 207万9000円
クロスオーバー 205万2000円
特別仕様車 S“Style Black” 197万9640円

モデリスタのコンプリートカーは個性を重視する女性をターグットに

また、トヨタ車のカスタマイズパーツを企画・販売する「モデリスタ」ブランドから、一部改良を受けたアクアをベースにしたコンプリートモデル「Rirvie(リルヴィー)」が登場した。

バックドアやドアミラーなどの外装をブラックアウトし、内装においてはキャメルカラーの専用デザインシートに変更するなどのカスタマイズを施して、自分らしさを重視する女性に向けた個性的なモデルに仕上がっている。さらにオプションとして切削加工の施された15インチアルミホイール(5.5J・4本セット・4万8600円)も用意されている。

“こだわりが見える私のアクア 長く使えてずっと愛せるマイパートナー”をコンセプトに、Rirvieとはフランス語からの造語で、笑顔にあふれた人生を意味するという。

価格はRirvie Gで235万1160円、Rirvie Sで219万7800円となる(北海道・沖縄を除く)。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.