クルマ擬人化マンガ「ウチのクルマがこんなに可愛いわけがない!?」第0話「大ヒットアニメのように」。主人公は、ホリデーオート5月号の企画「駆動方式別 スポーツカーの楽しみ方」に登場したスズキ スイフトスポーツとホンダ S660の2台だ。マンガ:鈴木秀吉
画像1: ウチクル!?第0話 スイフト&S660「大ヒットアニメのように」。クルマ擬人化マンガ【ウチのクルマがこんなに可愛いわけがない!?】
画像2: ウチクル!?第0話 スイフト&S660「大ヒットアニメのように」。クルマ擬人化マンガ【ウチのクルマがこんなに可愛いわけがない!?】
画像3: ウチクル!?第0話 スイフト&S660「大ヒットアニメのように」。クルマ擬人化マンガ【ウチのクルマがこんなに可愛いわけがない!?】
画像4: ウチクル!?第0話 スイフト&S660「大ヒットアニメのように」。クルマ擬人化マンガ【ウチのクルマがこんなに可愛いわけがない!?】

クルマ擬人化マンガ「ウチのクルマがこんなに可愛いわけがない!?」の連載を2018年4月25日からスタートする、と先日事前告知したばかり。でも、ちょっとその前にプレスタートというか懺悔というか……。まあそんな感じで、第0話「大ヒットアニメのように」です。

また、ホリデーオート2018年5月号から同タイトルの4コマ漫画を連載スタート。こちらも合わせてご覧ください。

スズキ スイフトスポーツ(2017年9月)

ホットハッチという言葉がよく似合う、スズキのコンパクトスポーツモデル。従来までの1.6L直4NAエンジンから、1.4L直4ターボにスイッチ。最高出力こそ4psの微増だが、最大トルクを70Nmも増大させて走行性能を大幅に強化してきた。また、FFであることを忘れさせるようなハンドリングの素直さも持ち味のひとつ。

画像: スズキ スイフトスポーツ

スズキ スイフトスポーツ

■ボディサイズ:全長3890×全幅1735×全高1500mm ■ホイールベース:2450mm ■エンジン:1.4L 直4DOHCターボ ■最高出力:140ps/5500rpm ■最大トルク:230Nm/2500-3500rpm ■トランスミッション:6速AT/6速MT ■駆動方式:FF

ホンダ S660(2015年4月)

軽自動車初のMRオープンスポーツとして1991年に登場したホンダ ビート。S660は、その実質的な後継モデルとしてデビューした。830〜850kgという軽量さや46:54の前後重量配分、低重心さなどスポーツドライビング、とくにコーナリング性能の高さにこだわって開発された。軽自動車で唯一、6速MTを採用するのもポイント。

画像: ホンダ S660

ホンダ S660

■ボディサイズ:全長3395×全幅1475×全高1180mm ■ホイールベース:2285mm ■エンジン:0.6L 直3DOHCターボ ■最高出力:64ps/6000rpm ■最大トルク:104Nm/2600rpm ■トランスミッション:6速MT/CVT ■駆動方式:MR

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.