エンジンに空気とガソリンの混合気を送り込むキャブレター。一般的なモデルであればキャブレターはひとつだが、2つ、3つ載せているモデルもあった。なぜか。

文:飯嶋洋治

ツインキャブはどうしてスポーツエンジンに使われたのか

通常のグレードであればエンジンひとつに対してキャブレター(以下、キャブ)はひとつ。ただし、エンジンをパワーアップするためには、多くの混合気が必要になる。そこで誕生したのがエンジンひとつにキャブをふたつ備えた形式、それがツインキャブだ。これによって、強い燃焼が得られるからだ。

キャブをふたつ装着すれば、ひとつの場合より、より多く効率的にシリンダー内へ混合気を送り込むことができる。手っ取り早くパワーを上げるためには良い手段といえる。

画像: トヨタ パブリカ・スターレット1200STのエンジンルーム。長円形のエアクリーナーの下にふたつのキャブレターを装着し、エンジンパワー向上を図っている。

トヨタ パブリカ・スターレット1200STのエンジンルーム。長円形のエアクリーナーの下にふたつのキャブレターを装着し、エンジンパワー向上を図っている。

とくに直列6気筒エンジンでシングルキャブレターを採用した場合、インテークマニホールドが長くなり、しかも曲がりくねることになるので混合気の流れも良くない。そこで複数のキャブレターを使って流れを良くするとさらに効率があがるのだ。

そういうことで、昭和のスポーツカーのエンジンにはツインキャブやトリプルキャブなどキャブレターの多連装化が図られたのだ。

画像: トヨタ スターレット1200ST(KP47型)。ツインキャブ仕様は77psを発生した。

トヨタ スターレット1200ST(KP47型)。ツインキャブ仕様は77psを発生した。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.