2018年5月24日、BMWはハイパフォーマンス2ドアクーペM4のオープンモデル「M4カブリオレ」を日本に導入すると発表した。価格は1380万円、納車は2018年秋以降を予定しているという。さらに、10台限定の「M4カブリオレ 30 Jahre」(1483万円)も同時発表した。

初代M3カブリオレのデビュー30周年記念モデルも登場

BMW M4といえば、2ドアクーペの4シリーズをベースにエンジンや足まわり、トランスミッションからエクステリア/インテリアまで、BMW M社がチューニングを施したハイパフォーマンスモデルだ。その本領をサーキットで発揮することを目的に開発され、実用的な日常とドライビングマシンという非日常が共存する特異な存在だ。

そんなM4クーペにはオープンモデル、M4カブリオレがドイツ本国で存在している。コンペティションな性能とオープンエアドライビングを楽しめるという、究極とも言える個性を持った一台だ。そのM4カブリオレが2018年5月24日に日本でも発売されたのだ。

画像: これまで日本で正規販売されたことのなかったM4カブリオレ。

これまで日本で正規販売されたことのなかったM4カブリオレ。

M4カブリオレの従来モデルであるM3カブリオレは、実は本国で初代(E30系)M3シリーズから設定されていたのを知っているだろうか。しかし、これまで日本に正規導入された過去はなく、5代目にして初の上陸となる。

画像: 初代M3カブリオレは1988年にドイツ本国で登場。日本には正規導入されていない。

初代M3カブリオレは1988年にドイツ本国で登場。日本には正規導入されていない。

エンジンは450ps/550Nmを発生する直6DOHCツインターボを搭載し、トランスミッションに専用チューニングを施された7速DCT(M DCTドライブロジック)が組み合わされる。さらに、電子制御式多板クラッチのアクティブMディファレンシャルが、走行状況に応じたトルクをリアの左右輪に分配、最大限の加速と旋回性能を発揮する。

画像: M4カブリオレは直6ツインターボエンジンを搭載する。

M4カブリオレは直6ツインターボエンジンを搭載する。

その他にも制動力と冷却性能に優れた専用ブレーキシステムや、ダンパー減衰力を電子制御するサスペンションシステムを搭載するなど、サーキットでの速さと一般道での快適性を両立するための装備が数々採用されている。

ルーフは3分割式のリトラクタブルハードトップで、全閉時にはクーペモデル同様の優雅なルーフラインを実現。停止時から約18km/hまでの走行中に、約20秒でハードトップを全開/全閉することができる。価格は1380万円で、2018年秋以降の納車を予定しているという。

さらに、日本全国10台の限定車「M4 カブリオレ 30 Jahre」も同時発売した。「30 Jahre」とは30周年の意味で、ドイツ語でドライシッヒ ヤーレ(Dreißig Jahre)と読む。つまり、初代M3カブリオレ生誕30年を記念したモデルということだ。専用装備は下記のとおりで、価格は1483万円となる。

画像: M4カブリオレ 30 Jahre(ドライシッヒ ヤーレ)は10台限定。

M4カブリオレ 30 Jahre(ドライシッヒ ヤーレ)は10台限定。

BMW M4 カブリオレ 30 Jahre の特別装備内容

・専用ボディカラー&フルレザーメリノインテリアコンビネーション
 →マンダリンII&ブラック(イエロー・コントラスト・ステッチ付)
 →マカオブルーメタリック&ブラック/シルバーストーン(バイカラー)
・フロントシートヘッドレスト(専用“Edition 30 JAHRE”レタリング付)
・カーボンファイバーインテリアトリム(専用“Edition 30 JAHRE”レタリング付)
・ドアシルプレート(専用“Edition 30 JAHRE”レタリング付)
・20インチ Mライトアロイホイール スタースポークスタイリング 666M(鍛造)(専用オービットグレー塗装)
(フロント)9J×20インチホイール+265/30ZR20タイヤ
(リア)10J×20インチホイール+285/30ZR20タイヤ

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.