日産自動車は、日産リーフの国内累計販売が10万台を超えたことを記念し、特別仕様車「X 10万台記念車」を6月1日より全国一斉に販売する。

発売開始7年半での快挙

リーフは、2010年12月に、世界初の量産型EV(電気自動車)として初代モデルを発売して以来、グローバルで累計32万5000台以上を販売した、世界でもっとも販売されているEV。

昨年10月にフルモデルチェンジした2代目となる現行リーフは、「プロパイロット」や「プロパイロット パーキング」など自動運転化技術や「e-Pedal」など先進技術を併せ持つ、「ニッサン インテリジェント モビリティ」を象徴するモデルへと進化、本年4月20日に初代からの国内累計販売台数が10万台を突破した。


今回発売する特別仕様車「X 10万台記念車」は、Xグレードをベースに、「プロパイロット」「踏み間違い衝突防止アシスト」など先進安全機能をはじめとした装備を標準設定としながら、買いやすい価格設定にしている。

車両価格

X 10万台記念車 370万7640円

※リーフは国の国の購入補助金(クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金)の対象車で、「X 10万台記念車」の補助金は40万円となる。

画像: 車両価格
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.