自動車の歴史を振り返る企画「今日は何の日?」。6月20日は、トヨタの限定車「トヨタクラシック」の発表/発売日。当時の価格はなんと817万円! では22年前にタイムスリップ。

トヨタクラシックってどんなクルマ?

トヨタクラシックは、トヨタの市販乗用車生産60周年を記念した限定モデルだ。生産台数は100台。

1936年に完成し、発売した初の純国産乗用車「トヨダAA型」の外観/内装をモデルに制作した特装車で、生産は各種特装車を手がけてきた「トヨタテクノクラフト」社。5代目ハイラックスのシャシを用い、職人作業によりボディを架装。

全長4885×全幅1735×全高1650mmとのスリーサイズに、1930年代に流行した優美な流線型のフィルムをまとったクラシックカーテイストのエクステリアを持つ。

搭載エンジンは、97ps/16.3kgmを発生する3Y-E型2L OHV。それに4速ATを組み合わせた。


インテリアも本革シートや木目調インパネ、ナルディの3本スポークステアリングなどクラシカルな雰囲気。細かい部分にも職人の技が光る。

トヨタクラシックは100台限定販売だったということもあり、今でも中古車市場では高値で扱われている。

画像: トヨダAA型をモチーフとしたトヨタクラシック。

トヨダAA型をモチーフとしたトヨタクラシック。

車両価格(当時・東京)

トヨタクラシック 817万円

1996年(平成8年)には何があった?

ニュース

●「Yahoo! JAPAN」サービス開始
●海の日施行
●東京ビッグサイト/東京オメペラシティ開場

ヒット曲

●名もなき詩 Mr.Children
●空も飛べるはず スピッツ
●DEPARTURES globe

画像: リアスタイル。

リアスタイル。

画像: インテリア。クラシカルな雰囲気だが、メーターやシフトノブは現代的。

インテリア。クラシカルな雰囲気だが、メーターやシフトノブは現代的。

画像: 本革シートを採用。

本革シートを採用。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.