自動車の歴史を振り返る企画「今日は何の日?」。7月7日は、3席×2列の6人乗りミニバン、ホンダエディックスの発表日。では2004年にタイムスリップ。

エディックスってどんなクルマ?

ホンダのエディックスは、「3×2(スリーバイツー)」の革新パッケージを採用したミニバン。発売は発表日翌日の7月8日。

3席×2列の6座が独立、それぞれリクライニング機能がついている。またフロント3席とリアの中央席は前後スライドが可能。とくにフロント中央席は運転席/助手席の再校単一よりも10mm後ろに設定、さらにそこから後ろに270mmのロングスライドが可能だった。


ベースは7代目シビック。全長は4285mmと、ミニバンとしては短かかったものの、6人乗車時でも439L の大容量ラゲッジスペースを確保(最大では1049L)するなど、使い勝手の良いクルマでもあった。全長の短さもあり、クラストップレベルの最小回転半径4.9mを実現するなど、運転がしやすいのも特徴だった。


フロント3人乗車を実現するため、全幅は1795mmを確保。このため、全グレードとも3ナンバーになった。リアドアはスライド式ではなくスイングドアとなる。

パワートレーンは発売当時は2種類。156ps/188Nmを発生する2LのDOHC i-VTECと、130ps/155Nmを発生する1.7LのVTECとなる。これに2LのFFモデルは5速AT、2Lの4WDモデル、および1.7Lモデルは4速ATが組み合わされた。


欧州にも「FR-V」名で輸出された。日本においてもある程度、人気のあったモデルと記憶しているが、この初代かぎりで終了、2009年には販売が終了した。

画像: 車室内の寸法は長さ1875/幅:1535/高さ1230mm。

車室内の寸法は長さ1875/幅:1535/高さ1230mm。

画像: エディックス20X。

エディックス20X。

車両価格(当時。消費税込み)

20X FF 216万円
20X 4WD 220万5000円
17X FF 178万5000円
17X 4WD 199万5000円

2004年(平成16年)には何があった?

ニュース

●1万円:福沢諭吉/5千円:樋口一葉/千円:野口英世、の新紙幣発行
●ニンテンドーDS/iPad mini/伊右衛門発売
●九州新幹線新八代〜鹿児島中央駅間が開業

ヒット曲

●瞳をとじて 平井堅
●Jupiter 平原綾香
●Sign Mr.Children

画像: リアスタイル。販売中止から10年近く経った今でも、街でよく見かけるモデルだ。

リアスタイル。販売中止から10年近く経った今でも、街でよく見かけるモデルだ。

画像: 6人乗り乗車のイメージ。

6人乗り乗車のイメージ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.