いまや世界中でスーパーカーが造られているという事実をご存知だろうか。ここでは、日本で見かけることの少ない希少なスーパーカーを紹介していこう。全部のクルマを知っていたら、あなたはスーパーカー博士! 今回は中国のスーパーEV「NIO EP:ニオ EP9」。(ホリデーオート2018年11月号より)

ニオ EP9は、ニュルの元レコードホルダー!

「NIO EP:ニオ EP9」

画像: リアウイングは可動式。アンダーフロアはフラットボトム化され、空力特性はかなり良さそうだ。

リアウイングは可動式。アンダーフロアはフラットボトム化され、空力特性はかなり良さそうだ。

2009年にイギリスのラディカル SR8LMが、ニュルブルクリンクのノルドシュライフェ(北コース:20.832km)で記録した公道走行が可能なモデルのラップタイム(6分48秒)を、2018年に一気に2秒以上も更新した6分45秒25を記録したのは、中国のネクストEV社が生産するEVスーパーカー、ニオEP9だった。

残念ながらこのタイムは、その後ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJに更新された(6分44秒97)が、市販EVのレコードとして記録されている。

画像: モニターを多用した近未来的なインパネのイラスト。乗車定員は2名だ。

モニターを多用した近未来的なインパネのイラスト。乗車定員は2名だ。

ヨーロッパ・フォードの社長やマツダの常務も務めたマーティン・リーチ氏とウイリアム・リー氏が創業したEVベンチャー企業のネクストEV社。ハイパフォーマンスで高級なEVを設計・開発し、またフォーミュラEにも参戦している。

現在の段階ではまだカスタマー向けにデリバリーしていないが、このニュルでのラップタイムを最高の広告材料として、今後EVスーパーカーの世界に進出してくることは間違いないだろう。

画像: バッテリーは、わずか8分で交換が可能だという。

バッテリーは、わずか8分で交換が可能だという。

4つの電気モーターで4輪を駆動し、搭載されるモーターの最高出力は1360ps(1MW!)を発生。最高速度は313km/h、0-200km/h加速は7.1秒と発表されている。またフル充電からの走行は、424kmが可能ということだ。(解説:山崎元裕)

画像: あなたの知らないスーパーカーは、ホリデーオート2018年11月号にも掲載されています。

あなたの知らないスーパーカーは、ホリデーオート2018年11月号にも掲載されています。

This article is a sponsored article by
''.