カーエアコンの内気循環と外気導入、どちらもメリットデメリットがあるという。では、どういう状況で使い分ければいいのか、それとも固定しておいていいのか、モータージャーナリストの近藤暁史氏に聞いた。

内気循環と外気導入、好みで使い分ければいいのだがオススメは……

エアコンとクーラーの違いをご存じだろうか?

クーラーはただ冷やすだけで、エアコンは内部のフラップが動いて冷気と暖気を混ぜながら、車内の気温を快適に保つようにしている。インパネにあるセンサーからの情報によって、冷気と暖気の混合割合を自動で算出するのがオートエアコンで、マニュアルエアコンの場合は当然、手動での設定となる。

また、エアコンには内気循環と外気導入があるのをご存じだろう。前者はインパネ下にある吸気口から車内の空気を吸って、吹き出し口から出している。一方、後者はワイパーの付け根から外部の空気を取り込むという点で異なる。

ちなみに、特殊なセンサーで外部の悪臭を関知し、自動で内気循環/外気導入を切り替える、オート機能も高級車を中心に増えてきている。

画像: オートエアコンを選択すると、内気循環/外気導入を自動で切り替えてくれるモデルも近年では増えてきている。

オートエアコンを選択すると、内気循環/外気導入を自動で切り替えてくれるモデルも近年では増えてきている。

問題はどちらがいいのかということで、昔から議論は続いているし、人によるところもある。もちろん好みで使えばいいのだが、最近のクルマは気密性が高いので外気導入を基本として、悪臭が入ってきたときだけ内気循環にするのがオススメだ。

また、内気循環をメインにしていると、梅雨時や寒い季節などウインドーの曇りが取りきれないときがあるし、車内の空気が淀んだりして、クルマ酔いやめまいの原因になったりするので、そのときは外気導入に切り替えるようにしたい。

ただメンテナンス的には逆だったりする。外気導入にするとゴミを吸い込んでしまうデメリットもあり、最近のクルマは軽自動車でもエアコンフィルターを採用する。車内までゴミが入り込むことはないが、それでもダクトに溜ることも考えられる。溜ったゴミは腐敗して悪臭の原因になるからやっかいだ。

落ち葉の多い木の下など、駐車場所によっては内気循環にして止めたり(走り出してから外気導入にする)、ボンネットに付いた枯れ葉を取り除くなど、気を遣うようにしたい。

This article is a sponsored article by
''.