2019年4月17日、日産 GT-Rニスモの2020年モデルが公開された。先行予約受付は5月に開始されるが、まずはディテールを紹介しておこう。(写真:井上雅行)

さらなる軽量化や空力性能の向上などを図る

日産 GT-R 標準車の2020年モデル発表会で同時に公開されたのが、GT-Rニスモの2020年モデル。
レースの厳しい環境で磨き抜かれた技術を応用したことで、より研ぎ澄まされた性能を実現したという。

2018年のGT3レーシングカーから使用されている新型ターボチャージャーを採用し、エンジンレスポンスを約20%向上。ルーフ、エンジンフード、フロントフェンダーにカーボン素材を使用し、さらなる軽量化を図る。

フロントフェンダーのエアダクトは、放熱効果とダウンフォースを増やす効果があり、新開発のカーボンセラミックブレーキも採用した。

また、新開発のRECAROシート、軽量かつ高剛性の鍛造アルミホイール、ハイグリップタイヤなど、すべては「究極のGT-R」のために選ばれたアイテムばかりだ。予約受付は2019年5月中旬から開始される。

This article is a sponsored article by
''.