軽自動車を買取に出す場合、普通車と少し方法を変えることで高く売ることが可能です。例えば、軽自動車には専門の業者が存在するので、通常の買取業者と一緒に競合させて買取査定してみると良いでしょう。

また軽自動車は、買取店選びのほかに高く売るためにちょっとした工夫をすることで、飛躍的に高く売却することが可能なのも魅力です。そこで、軽自動車を高く売るための買取店の選び方や、高く売るための工夫について詳しく解説します。

→【当サイトおすすめNo.1】カーセンサーの一括査定で買取価格を今すぐ調べる!

軽自動車の買取店選び

軽自動車の売却を考える時にも、高く売りたいと考える人がほとんどのはずです。しかし、軽自動車は普通車とは異なるので、買取店ならどこでも良いわけではありません。

一般的に地方で人気が高い軽自動車は、それぞれの地方の都市部を中心に軽自動車専門の中古車店が立ち並びます。そこで、そういった専門店に相談するのが高く買取してもらうポイントです。

また、近くに軽自動車専門店がなければ、買取店に軽自動車に詳しいスタッフがいるお店を探しましょう。そうすることで、一般の買取店より高値で買取される可能性が高くなります。

軽自動車に詳しい買取店を選ぶ

一般的に買取店では、普通車から軽自動車までどんなクルマでも買取しています。しかし、それぞれの店舗では得意な車種があることが多いので、軽自動車を売却する時の買取店選びは重要です。

しかし、軽自動車に詳しい店舗でなくても、スタッフの中には軽自動車に詳しい人がいることもあります。そのような店舗を見つけられたら、軽自動車を高く売ることも夢ではないでしょう。

そして、軽自動車に詳しい店舗を探す方法は、中古車として軽自動車を専門に扱う店舗に相談することです。軽自動車を専門に中古車として販売しているなら、買取も行っている可能性が高いので、買取の相談をしてみることです。

軽自動車を専門に販売する中古車店に相談

軽自動車を高く買取してもらうには、中古の軽自動車を専門に販売している中古車店に相談してみましょう。もちろん、軽自動車の買取をしていなければ取り合ってはもらえませんが、中古の軽自動車を専門に販売する店舗のほとんどは買取を行っているので、聞いてみるのがポイントです。

特に、中古の軽自動車のみを販売している店舗は軽自動車の仕入れを強化しているので、一般からの買取も他店での中古車買取より良い条件を提示するでしょう。

というのも、軽自動車のみに特化したお店は、オークションでも軽自動車しか仕入れません。しかし、どんなに人気があって多く流通している軽自動車でも、オークションでは仕入れに限界があるので店舗での買取を強化しています。

軽自動車を多く扱っている店舗で査定

買取店の中には、軽自動車の買取に力を入れている店舗があります。そういった買取店であれば軽自動車を適正に査定できるので、高値で売却できるでしょう。

軽自動車を多く扱う店舗が高く買取する理由は、業者オークションを通さずにユーザーから直接クルマを仕入れて店頭で販売できるので、中間マージンがカットできるからです。このことから店舗のコストが抑えられ、そのぶん買取金額の上乗せにつながっています

ただ、買取店で軽自動車を多く扱っているかわからないでしょう。そこで、実際に査定してみることです。本当に売却したい軽自動車の価値がわかるお店なら、どこよりも高い値段で買い取りたいと話してきます。

普通車だけでなく軽自動車の査定が多い店舗を探す

買取店で店舗を併設している場合、普通車のほかに軽自動車を店頭に並べているお店を探します

軽自動車を販売しているということは軽自動車の知識があるので、買取査定も他店より高値を提示してくる確率が高いでしょう。

しかし、普通車を扱っている店舗で軽自動車を販売していても、軽自動車の査定士が常駐しているとは限りません。また、店頭に並んでいる中古車を見た時に未使用車がほとんどの場合、査定価格が安くなる可能性があるでしょう。

そこで、中古の軽自動車を販売していても、店頭に並ぶクルマがどのような状態か確認します。その時に、年式や走行距離に幅があるなら軽自動車の価値をしっかり見定めた査定をしているでしょう。

ただし、並んでいる中古の軽自動車の車種に偏りがある場合は注意が必要です。例えば、ダイハツ タントのようなトールワゴンを高く売りたいと考えているのに、店頭にはダイハツ車が1台も置いていない場合や、SUVやスポーツグレードに特化している場合なども高値売却は難しいでしょう。

軽自動車は人気があるので諦めない

軽自動車は、日本各地で人気がある車種なので、軽自動車に詳しい買取店がすぐに見つからなくても諦めないようにしましょう。

軽自動車は、各都道府県で保有率が進んでいます。全国軽自動車協会連合会の調べでは、令和元年12月末時点での世帯当たり軽自動車の普及台数は100世帯に54.4台に上ります。しかも100世帯に100台以上普及している県は6県にもおよび、軽自動車の人気の高さが伺えます。

このように、軽自動車の人気は全国的に高いので、近くに軽自動車専門店がない場合や軽自動車の買取価格に力を入れる店舗がなくても、諦めずに買取店を探すことで高く売れるお店を探せるでしょう。

新車に乗り換えるなら下取りも検討

軽自動車を売って新車に乗り換えるなら、下取りも選択肢に入れても良いでしょう。特に古い軽自動車で走行距離が多い場合は、下取りが有効な方法です。

軽自動車を販売する大手ディーラーは、他社への乗り換えを防ぐために、古い軽自動車を下取りして新車販売価格に充当するサービスを行います。特に、買取店では全く値段が付かないような軽自動車にも下取り価格が付くこともあるので、一度相談してみると良いでしょう。

古い軽自動車なら下取りが有利の場合も

古い軽自動車や走行距離が多い軽自動車は、買取店での査定はかなり厳しいと言えます。特に走行距離が10万kmを超えていると、かなり買取は難しいのが現状ですが、下取りの場合はそうとも言い切れません

軽自動車は、エンジンが660ccしか排気量がありません。一般道路ならまだしも、山道や高速道路ではエンジンへの負荷が非常に大きくなります。そのため、走行距離はかなりシビアに採点され、走行距離が増えるほど買取価格は付かないでしょう。

しかし、買取店で見向きもされなかった軽自動車も、新車を購入する時に下取りとなれば、一気に話が変わることもあります。特に、ディーラーで新車販売にテコ入れをする月末では、少しでも新車販売台数を伸ばしたいことから、軽自動車の下取りを強化する場があります。

このような下取り強化は、ディーラーに出向いていれば、キャンペーン時期を営業マンから教えてもらえるので、上手にディーラーと付き合えば、買取できないような軽自動車も下取りされるでしょう。

軽自動車を高く売るために必要なこと

軽自動車を高く売るためには、売ろうと思っている軽自動車をできるだけ良く見せる工夫が必要です。とはいっても、キズなどを修理して新車のように磨き上げることではありません。クルマを大切に扱ってきたことをアピールできれば十分です。

そこで、主な工夫は日頃の洗車より一歩進んだ洗車をすることです。そして、不具合箇所も走行に支障がなければ、そのままで十分ですし、キズも同じように修理する必要はありません。

また多くのクルマは、オーナーの好みでアクセサリーなどの装着やカスタムしていることもあるので、それらを全て取り外す作業も忘れないようにしましょう。

査定前には洗車をする

クルマの査定を出す前に洗車したほうが良いと聞いたことがある人は多いでしょう。そして、この洗車は軽自動車も同じようにしたほうが査定にプラスに働きます。

クルマが汚れたら洗車している人もそうでない人も、査定前はじっくりと車に向き合いながら、今までの感謝の念を込めてキレイに洗車します。外装だけでなく内装の掃除も入念に行うことで、いつもよりクルマはキレイに蘇るでしょう。

軽自動車がキレイになれば、オーナーがクルマを大切にしていることの証として、査定士に気持ちが伝わります。査定士も人の子なので、オーナーの強い思いを感じ取ると、少しでも高い値段を出したいという気持ちになることが多く、洗車は軽自動車を売る前に非常に有効な手段です。

クルマを売却するためにキレイに洗車したら、一括査定が便利です。一括査定なら一度に多くの買取店に査定依頼ができるので、キレイに洗車するだけで多くの買取店から査定してもらえます。多くの買取店へ査定に出すと高額査定を出すお店も探せるので、今すぐチェックしましょう。

→ネットで簡単、最大30社の一括査定!【無料】愛車の買取価格を今すぐ調べる!

外装だけでなく内装の掃除も入念に

軽自動車の洗車は、クルマ自体が小さいので、それほど苦にならない人がほとんどでしょう。しかし、普段洗車していても、どうしても細かい部分は汚れが溜まっています。外装ならエンブレム周りやクルマの下側の洗車が疎かになりやすいと言えます。

また水垢が付着していたら、安い水垢落としシャンプーで構わないので、水垢も落としてみましょう。洗車のポイントとして、ドアを開けた時に見えるボディ部分もキレイに汚れを落とすと、クルマは見違えたようにキレイになるはずです。

そして最も重要なのが内装の掃除です。日本人は臭いに敏感なので、車内に付着している食べ物や汗、そしてタバコやペットの臭いをできるだけ取り去るようにします。

最近は、ペットを車内に乗せる人も多くなり、車内にペット臭が漂っているクルマが少なくありません。このペット臭は査定時に4万円の値引きになるので、ペットを車に乗せているならペット臭はできるだけ取り除く努力をしたほうが良いでしょう。

不具合箇所は修理しない

軽自動車を売る場合、走行に支障がない部分に故障があっても、そのまま査定に出すべきです。故障を修理してしまうと、その費用が高くなり、せっかく買取してもらっても修理費用にその大半を取られてしまうからです。

軽自動車は、もともとそれほど高額なクルマではありません。そのため、クルマを買取に出しても100万円を超えるような下取り金額はほぼ不可能です。そして修理費用ですが、これは新品部品で修理すると、クルマの新車価格に応じた部品代なので、大きな部品ほど修理費用が高くなります。そこで、故障していても修理しないほうが得の場合がほとんどです。

走行に問題ないレベルの故障はそのまま

走行に支障があると、買取店に査定に持って行くこともできないので修理が必要ですが、走行ができる状態の故障程度なら、修理せずに査定に出します。

例えばエアコンが不調の場合、故障個所はいくつもありますが、その中で最も高額な修理費用となるエアコンコンプレッサーが故障すると、工賃込みで10万円以上の修理費用がかかります。しかし、査定での減額はコンプレッサー不良で4万円ですから、修理しないほうが得というわけです。

このほかの故障部分も、実際の修理費用より査定での減額のほうが低く抑えられているので、故障していても修理しないことが少しでも高く売るポイントです。

外装のキズは修理しない

クルマを長く使用していれば、キズの一つや二つは付いていることでしょう。しかし、クルマに付いてしまったキズを修理すると、ほんの数センチの線キズであっても数万円の修理費用がかかるので、軽自動車の買取価格を考えれば修理しないほうが良いでしょう。

しかし、保安基準に抵触するような損傷は修理したほうが良いと言えます。というのも、そのままでは公道を走行できないので、査定するために中古車買取店にクルマを持ち込めないからです。

ただし、手放すことを考える軽自動車で損傷部分が高額な修理費用になるなら、出張査定をお願いするのがお得です。出張査定なら公道を自走させなくて済むので、修理せずに買取査定依頼が可能になるからです。

損傷がある軽自動車を査定依頼したいなら一括査定が便利です。一括査定なら自宅にいながら一度に多くの買取店に査定依頼ができるほか、出張査定をしてもらえます。また多くの買取店で査定することで高く売ることも可能なので、今すぐチェックしましょう。

→ネットで簡単、最大30社の一括査定!【無料】愛車の買取価格を今すぐ調べる!

コンパウンドで消えるキズは自分でキズ消し

キズといっても、洗車キズや爪でひっかいたような線キズもあります。このような薄いキズならコンパウンドで消してしまうのが有効です。

査定では、1cm未満のキズは減点対象になりませんが、それ以上の大きなキズは大きさなどにより減点対象になります。そのため、爪が引っ掛からないような薄いキズも、磨き作業ということで5,000円の減額になるので、薄いキズが軽自動車に付いているならコンパウンドで磨いたほうがお得です。

特に、黒系の濃色車は薄いキズが目立ちやすいので、できる限り自分でキズ消しをしたほうが良いでしょう。

純正に戻してから査定する

クルマに様々なアフターパーツを取り付けている人が多くいますが、クルマを査定に出す前に社外パーツを取り外して純正に戻してから査定に出すと評価が高くなり、高額査定を出しやすくなります。これは軽自動車も同じであり、できるだけ純正に戻すことがポイントです。

クルマに取り付けるパーツで、メーカーオプションパーツであればそのままのほうが査定アップにつながります。ただし、メーカーオプションとしてではなく、新車を販売するメーカー系のカーディーラー以外で購入している場合、カーナビをその店舗独自の商品が取り付けられている場合があります。

このようなカーナビは、新車時に自動車販売店で取り付けていてもメーカー純正品ではないので、プラス査定になりません。

社外パーツはマイナス査定の恐れ

多く装着される社外パーツには、エアロパーツや社外マフラーが挙げられます。これらのパーツは、嗜好品であることからオーナーの満足度は高いですが、次のオーナーがそのパーツに満足するとは限りません。そのため、社外エアロパーツや社外マフラーは、マイナス査定になる場合が多いでしょう。

そこで、社外パーツは全て取り外して純正に戻してから査定に出したほうがお得です。そして、取り外した社外パーツは大手オークションサイトなどを利用して売ってしまえば損することはありません。

このほか、カーナビも純正で取り付けていても、メモリー式で地図データのメモリーの欠品や取扱説明書の紛失で、減額されるので注意しましょう。特にメモリーカードは1万円も減額されるので、純正カーナビを使用していたら、メモリーカードの取り扱いは十分注意が必要です。

そして、純正カーナビではなく社外ナビやオーディオを装備していた場合、それらを取り外して純正品を装備せずに査定に出すと2万円の減額になるので、ナビに関しては純正品がないのであれば、取り外さずに査定に出したほうが良いでしょう。

高く売れる1月~3月と9月に狙いを定める

軽自動車を高く売るには、売る時期も考える必要があります。もちろん、売る時期に関係なく手放さなければならない場合もあるので、必ずしも条件の良い時期に合わせることは難しいかもしれません。しかし、一般的に1月~3月の時期が最も高く売れる時期で、次に9月近辺が狙い目とされています。

1月~3月に高く売れる理由は、4月からの新生活に合わせて軽自動車の需要が高まるからです。そのため、4月までに多くの軽自動車を揃えたい中古車店では、1月~3月にかけて仕入れを強化します。

また、クルマ業界では10月が決算月に当たるため、10月に多くの軽自動車を販売するために9月までに買取を強化します。

このように、軽自動車の販売が多い4月と10月には、多くの中古軽自動車が中古車店で必要になることから、多少高くても1月~3月と9月近辺では高値で買取されています。

多くの買取店で査定する

クルマを高く売るには、多くの買取店で査定するのが良い条件を引き出す秘訣です。これは軽自動車も同じであり、できるだけ多くの業者に査定依頼すれば、高く買取する業者を探せるということです。

多くの買取店を利用するとわかりますが、全ての買取店で査定額は異なります。これは、それぞれの買取店での営業方針が大きく関わっているほか、クルマの流通経路の違いも関わっています。

そこで、多くの買取店で査定して一番高い買取価格を提示したお店の金額を、2番目と3番目の査定額を提示した店舗にぶつけて競合させてみます。すると、2番目と3番目に高く査定額を出した店舗がどうしても欲しいのであれば、その金額より高く査定額を提示してくるでしょう。

このように競合させることで、一番高く軽自動車を売ることが可能です。

軽自動車を買取に出すなら一括査定が便利です。多くの買取店で査定すれば、高く軽自動車を買取するお店を見つけやすくなります。一度に多くの買取店に査定依頼ができ、しかも出張査定してもらえる一括査定を今すぐチェックしましょう。

→ネットで簡単、最大30社の一括査定!【無料】愛車の買取価格を今すぐ調べる!

買取店での査定が多いほど高額査定を引き出せる

買取店は、多くのお店を利用すると高額査定を出すお店を見つけやすくなります。もちろん軽自動車専門店でも同じことが言えるので、多くの買取店を利用していても軽自動車専門店で査定依頼します。

特に軽自動車専門店では中間マージンを取らないことから、一般的な中古車買取店より高めに査定額を出すことが多いでしょう。しかし、一括査定などで多くの買取店で査定して、その中で一番高い査定額を出した店舗より軽自動車専門店のほうが安ければ、軽自動車専門店に交渉の余地が多くあります。

特に軽自動車専門店では、買取店で買い取られたクルマがオークションに出品されたものを購入して店頭に並べるので、普通の買取店の査定額より高く買い取る余地が残されています。

このように、一括査定だけでなく、地元に密着型の軽自動車専門店でも査定することが軽自動車を高く売るポイントです。

軽自動車が高く売れる条件

軽自動車は中古車としても人気がありますが、人気がある中古車には特徴があります。そこで、その特徴を理解すれば、高く売るための買取に出す条件がわかってきます。

高く売るための買取に出す条件は、持っている軽自動車の特徴や使用状況が大きく関わるので、当てはまる条件が多いほど高く売れると考えて良いでしょう。

走行距離が少なければ年式は関係ない

中古車としてクルマを選ぶ場合、ほとんどの人が年式や走行距離を気にするでしょう。そのため、予算の中でできるだけ年式や走行距離の条件が良いクルマを探します。

しかし軽自動車の場合、クルマ選びの中で年式も重要な要素になりますが、普通車に比べて年式を気にしない人もいます。その反面、走行距離に関してはかなりシビアに確認するユーザーが多く見られ、年式が古くても走行距離が少なければ購入に結び付くと言われています。

このことから軽自動車は、年式が古くても走行距離が少なければ高く売れる可能性があると言えるでしょう。そこで、具体的にどの程度の走行距離なら高く売れるのかというと、新車登録から7万km程度まででしょう。

最近の軽自動車は耐久性も上がり、10万kmを超えても問題なく乗り続けられることが多くなりました。しかし、昔から10万kmが寿命の目安として語り継がれてきたことから、10万kmより手前のクルマに人気が集中します。

そして、7万kmという走行距離はかなり微妙なラインであり、もうそろそろ10万kmが迫っている感覚にさせるのも7万kmという数字であることから、7万kmは軽自動車を高く売るための一つのポイントと言えます。

純正オプションが充実している

軽自動車は、同じ車種でもグレードにより装備が全く異なります。この装備の異なり方は、まるで別の車種と思わせるほどの違いがあるので、軽自動車を中古車で選ぶ人は、できるだけ装備が充実した高グレードを選ぶ傾向です。

そのため、軽自動車を売る場合、できるだけ純正オプションを装着しているクルマが高く買い取られる傾向にあるでしょう。

ただし、純正オプションと同じ商品を社外品で装着していても評価は高くありません。例えば、カーナビは様々なメーカーから販売されており、中には純正ナビを凌ぐ性能のカーナビもあります。しかし、クルマは純正品が高く評価される傾向が強く、社外品は評価されません。

また、アルミホイールも同じで、純正アルミホイールを装着していると評価が高くなりますから、純正オプションと同等の社外パーツを取り付けていても、必ずしも高く買い取られるとは限らないことを覚えておきましょう。

上級グレードやターボ車は高額

軽自動車で人気があるのは、上級グレードのメーカーでカスタムされた軽自動車や、軽自動車の非力を補うターボ付き車です。

特に人気が高いのは、純正エアロパーツを装着した上級グレードで、このようなグレードであればターボが付いていなくても高く買い取られる傾向です。

また、ターボ付きはカスタムされていない標準グレードにも装着されている軽自動車がありますが、ターボ付き車は注意しなければならない点としてメンテナンス状況が重要視されます。

ターボ付き車は、エンジンオイル管理が不十分だとターボの不具合を起こしやすいので、買取時にエンジンオイル管理がターボなしに比べて厳しくチェックされます

そのため、ターボ付き車は人気がありますが、日頃のメンテナンスを怠っていると、ターボなし車より安い買取額になる可能性もあるので注意しましょう。

希少車は高値で取引される

クルマには、希少モデルが存在します。例えば過去に限定で販売されたクルマやビンテージカーと呼ばれる古いクルマは、マニアに人気があるので高く取引されています。そして、このような希少モデルは軽自動車にも存在するので、買取に出す軽自動車が当てはまるか確認するようにします。

特に人気があるモデルは、スポーツ走行や悪路走行に特化したクルマです。このような特別な走行ができる軽自動車は全体的に台数も少ないので、高値で買い取られています

このほか、数十年前の軽自動車を所有している場合も相場を確認したほうが良いでしょう。もし、20年以上前の軽自動車の売却を考えているなら、多くの買取店で査定してみましょう。そうすることで、その車に価値があるのかわかるからです。

古い軽自動車を買取に出したいなら一括査定が便利です。多くの買取店で査定することで、古い軽自動車を一番高く買い取る買取店を探せますから、今すぐチェックしましょう。

→ネットで簡単、最大30社の一括査定!【無料】愛車の買取価格を今すぐ調べる!

現行モデルも納車に時間がかかるモデルは期待大

軽自動車は人気がある車種ですが、その中でも特に人気がある軽自動車は、新車の納車に時間がかかっています。そのため、新車価格と同等の価格で買い取られることもあります。

最近では、ジムニーの納期が遅いことから、買取価格が高騰しています。現在はかつてのようにそれほど長い納期ではありませんが、今すぐ欲しいというユーザーが多いのも事実で、そういったユーザー向けに、現行モデルのジムニーの買取は高値で推移しています。

ジムニーのような車種は特別ですが、新車登場から高い人気があり、納車に時間がかかっているような軽自動車は、高値で買取されることが多いでしょう。

軽自動車買取で高く売るためのよくある質問

Q.軽自動車を高く売るためには何店舗くらいの買取店で査定すれば良いですか?

A.軽自動車を高く売るには、1店舗でも多くの買取店で査定するのが基本です。そこで、最低でも3店舗は査定したほうが良いでしょう。

Q.軽自動車は普通車と買取査定が違うのでしょうか?

A.基本的に査定方法は同じです。そのため、年式、走行距離、グレード、クルマの状態をそれぞれ加味して価格を決めています。

Q.軽自動車を買取店で査定しましたが、どこも同じような値段で査定額に差が1万円程度しかありませんでした。もっと高く売る方法はないのでしょうか?

A.全国展開している大手買取店では、業者オークションに出品するのが主な業務です。そのため、手数料などはどこも同じ程度なので似たような金額になります。そこで、軽自動車専門店で査定してみましょう。中古車展示場を併設している店舗なら、思わぬ高額査定が飛び出すこともあります。

まとめ

軽自動車は、普通車に比べてリセールバリューが高いと言われていますが、実際は多くの買取店で査定しなければ高く買取してもらうことは難しいでしょう。また、軽自動車専門店での売却も高いと言われますが、高く売るために査定の競合を取るべきです。

軽自動車は、所有コストを抑えられることや、狭い場所でも小回りが利くため中古車市場でも高い人気であることから、買取価格も期待ができます。

そして軽自動車は人気車種なので、必ず高額査定を出す業者があります。そこで、多くの店舗で査定することが軽自動車を高く売るコツですから、諦めずに1店舗でも多くの業者に査定してもらいましょう

→【当サイトおすすめNo.1】カーセンサーの一括査定で買取価格を今すぐ調べる!

This article is a sponsored article by
''.