画像: トラック買取おすすめ業者5選!高額査定を引き出すコツと合わせて紹介!

トラック買取をどこに依頼すればよいか迷っている方必見です。トラック買取は専門店でなければ高額査定は引き出せません。また一般中古車買取では中型以上のトラックは断られるでしょう。ここではトラックのおすすめ買取店のほか、高額買取のポイントをご紹介します。

トラックの買取を依頼する場合、トラックを扱う専門店でなければ適正な査定は期待できません。ただし、2トン以下のトラックでは一般の中古車買取に依頼したほうが高値になるケースもあるので、買取店選びを重要に行うことをオススメします。

また買取に出す場合、トラックならではの注意点もいくつかあります。例えば車内の清掃や消臭をしっかり行わなければ、大きな減額となります。また、トラックの定期点検を行う頻度は乗用車と異なり短いので、しっかり点検を行われてきたか知るうえでの整備記録簿の保管も重要です。

ここでは、トラックの買取おすすめ業者と、トラックの買取で高額査定を引き出すポイントについて詳しく解説します。

【おすすめ情報!】

トラックを1円でも高く売るには各社査定額の比較が重要です。1社1社査定を取るのが面倒だという場合はトラック専門の一括査定サイトもあるので、そちらをご利用ください。当記事でもおすすめ業社として紹介している「トラック王国」や「トラック堂」、また大手買取店のアップルやラビット、カーネクストなどが参加しているサービスです。

低年式トラックも高く買い取ってくれる業社が見つかるかもしれないので、少しでも高く売りたい方は複数の業社に査定を依頼しましょう。

画像: 画像引用;トラック一括査定王 www.truck-ikkatsusatei.com
画像引用;トラック一括査定王
www.truck-ikkatsusatei.com

→【おすすめ一括査定サイト!】トラック一括査定王で今すぐ査定を取りたい方はこちら!【全国対応】

高額査定が期待できるトラック買取おすすめ業者5選

トラックの買取は、一般中古車買取店で対応できないことも多くあります。その理由としては、一般的にトラックの使用用途が仕事・業務であるということと、一般のクルマの購入層と違うからです。このほか、一般の中古車店でトラックを扱えない理由として、運転に必要な運転免許証も異なることも挙げられます。

そこで、高額査定を引き出すのに重要なのが「買取業者選び」です。トラックを売却する場合、トラックを専門に買い取る業者に査定依頼をしますが、業者によって買い取るトラックの車種が異なることもあり注意を必要とします。

トラックを高額買取する業者選びにいくつかポイントがあります。その中でも、どんなトラックでも高額で買い取るおすすめ業者は以下の店舗です。

  • トラック王国
  • トラックファイブ
  • シマ商会
  • 中古トラック高価買取専門1069堂(トラック堂)
  • トラックジャパン

【おすすめ①】トラック王国

画像: 画像引用:トラック王国 www.55truck.com
画像引用:トラック王国
www.55truck.com

トラックは、トラックメーカーだけでなくトラックの架装の仕方で使用用途が異なります。しかし、トラック王国では、どのような架装でも使用用途でも、そしてトラックがどんな状態でも買取を行うことを強みとしています。つまり、廃車寸前のトラックでも買取しています。

廃車寸前でも買取できる秘密は、国内だけでなく海外にも多くの販路を持っているからです。

特に海外で日本製トラックの評価が高く、壊れにくくタフであることで知られています。そのため、国内で車検に通せないほど劣化して廃車するしかないような状態でも、海外で問題なく使用されていることも多くあります。

そうした中でトラック王国は、海外や国内の販路の中から、一番高額となる販路に焦点を合わせて買い取るため、高額査定を期待できます。また、多くの販路を持っていることから国内だけでなく、世界中からバックオーダーを抱えているため、国内相場以上での買取も多いことで知られています。

→【当サイトおすすめNo.1】トラック王国で査定を取りたい方はこちら!【全国対応】

【おすすめ②】トラックファイブ

画像: 画像引用:トラックファイブ www.truck-five.com
画像引用:トラックファイブ
www.truck-five.com

トラックファイブは、国内主要メーカーのトラックのほか、世界各国のトラックメーカー50社を超えるトラックの買取実績を持つトラック専門買取店です。今までに買取されたトラックは、年間1000台以上にのぼり、豊富な実績と経験で、何処よりも高く買取しています。

トラックファイブの強みは、北海道から九州まで7つの地域に拠点を持つということと、全国どこでも出張無料査定を実施していることです。しかもトラックの形状もメジャーな平ボディから特殊車両まで幅広く買取対応しているので、トラックの種類で買取不可になることもありません。

トラックファイブでの買取では、契約したその日に現金化できるほか、面倒な書類手続きもすべて無料で代行し、そして高額で買取します。高額買取の理由は、代理店を介さずにすべて直販しており、買取後はすぐにリユースしているので在庫管理もないため、そのぶん買取価格に反映できる強みがあるからです。

→【年間買取実績1,000件以上】トラックファイブで査定を取りたい方はこちら!【全国対応】

【おすすめ③】シマ商会

画像: 画像引用:シマ商会 shima-corp.com
画像引用:シマ商会
shima-corp.com

シマ商会は世界100カ国以上で取引しているので、廃車寸前のようなトラックでも買取してくれます。しかも査定価格が他店より低ければ再査定して、査定額を見直す方法も取られています。

トラック買取において書類手続きや出張査定を無料にしている店舗は多くありますが、シマ商会の特徴はトラックに書かれている社名を消すことも無料で請け負っていることです。

このほか、数台まとめての買取から不動車の買取、状態に構わずありとあらゆるトラックを買取しています。

→【満足度94%!】シマ商会で査定を取りたい方はこちら!

【おすすめ④】中古トラック高価買取専門1069堂(トラック堂)

画像: 画像引用:中古トラック高価買取専門1069堂(トラック堂) www.106949.jp
画像引用:中古トラック高価買取専門1069堂(トラック堂)
www.106949.jp

トラック堂は、北は北海道から南は沖縄、さらに一部離島に至るまで全国のどんな場所でも、そしてどんなトラックでも買取しています。

トラック堂は、まとめて買取に出すと、買取業者の陸送費や査定費用を削減できるので、プラス査定の特典を展開しています。さらに、期間限定キャンペーンで高価買取するトラックを台数限定で公表しており、もしキャンペーンのトラックを持っていれば高く売却するチャンスとなるのです。

このほかトラック堂の顧客は、国内・海外の法人だけでなく個人も多いるため、常にバックオーダーを抱えていることからトラックを高額で買取しています。

→【最短10分スピード査定】1069堂で査定を取りたい方はこちら!

【おすすめ⑤】トラックジャパン

画像: 画像引用:トラックジャパン www.truckjapan.com
画像引用:トラックジャパン
www.truckjapan.com

トラックジャパンは、トラックや重機など商用車両全般を高額で買い取る買取店です。トラック買取22年の実績と経験で、日本全国どこでも出張無料査定をしています。

トラックジャパンは、様々なトラックを買取りますが、低年式や過走行、しかも事故車まで買い取るほか、廃車寸前でも買取しています。これは間に中間業者を挟まない自社買取自社販売しているからです。

しかも国内だけでなく、海外にも流通ルートを持っているほか、トラック専門のオークションにも参加しているため、幅広いネットワークにより高値買取を実現しています。

→【買取実績22年】トラックジャパンで査定を取りたい方はこちら!

トラックの買取で高額査定を引き出すコツ

トラック専門の買取店に、なにも考えずに査定に出しても高額査定を引き出せません。高額査定を引き出すには、買取店選びのほかにトラックを査定に出す準備も必要です。

トラックを売却するにあたって、ボディの大きさや架装の種類によって買取店を選ばなくてはならないということ。そして、カスタムしているなら購入した状態、ノーマルに戻すことも高く売却するために重要なポイントです。

買取店の選び方で高額査定を引き出せる

トラックは形状だけでなく、大きさも異なります。そのため、すべてのトラックをトラック買取専門店で査定しても高額査定に結び付かないケースもあります。

例えば、トラックと呼ぶクルマの中には軽トラックも含まれ、また普通車SUVのラゲッジスペースを荷台にしたピックアップトラックも販売されています。これらのトラックは、トラックでありながら求めている層が異なるので、トラック専門買取店でなくても買取が可能です。

2トン車までと2トン車以上で専門店は異なる

トラックの大きさによって持っていくべき買取店を、トラック専門店にするか一般の買取店にするか選択することをおすすめします。ではどこが境界線になるのか、高額買取してくれる傾向を見ていくと、2トントラックまでなら一般の中古車買取店、2トン以上のトラックは、トラック専門買取店に依頼すれば高額査定を期待できます。

この理由は、運転免許証による運転できるトラックの違いが大きくかかわっています。2トン車までのトラックは、普通免許証で運転できる(運転免許証の取得年によって、運転できるトラックの大きさは異なります)ので、一般ユーザーも購入層になることから一般中古車店で販売されます。そこで、2トン以下のトラックで高額査定を狙うなら一般中古車買取店のほうが有利です。

特に、軽トラックやピックアップトラックは、トラック専門買取より一般中古車買取店のほうが高額査定になりやすいでしょう。これは、軽トラックやピックアップトラックが、中古車店の店頭に多く並べて販売できるからで、法人だけでなく広く個人のユーザーが購入するトラックだからです。

このように、トラックだから全てトラック専門買取店に買取査定依頼を出すのではなく、トラックの大きさで買取業者を変えることも重要です。

複数の査定業者を利用する

トラック専門買取店は、非常に多くありますが、すべてのトラック専門買取店が横並びに同じ査定額を出すことはほとんどありません。それは、各買取店が独自の販売ルートを持っているため、売却先への売却金額が全く違うからです。

そこでトラックを買取に出す場合は、できるだけ多くの買取業者に査定依頼しましょう。そうすることで、自分のトラックを一番高く買い取る業者を探せます。

また、トラック買取業者の中には、他店より安い場合は再査定に応じる業者もあるので、さらに高い買取額を勝ち取れるでしょう。

【point!】トラック専門の一括査定サイトもある
できるだけ多くの査定を取るには一括査定サイトが便利ですが、トラック買取専門の一括査定サイトもあります。こうした特化型の専門サイトを使うことで、より高額査定を期待できる業者を見つけることができるので、一度利用してみることをおすすめします。

→【トラック専門の一括査定サイト】トラック一括査定王で今すぐ査定する!

車内清掃は徹底的にする

トラックを買取査定に出す前に、内外装の清掃をする方がほとんどでしょう。しかし、いつもの掃除だけでは足りません。清掃が不十分だと査定士からの印象も悪くなるだけでなく、車内の臭いも残っていると、買取査定に出すと減額されてしまうでしょう。

トラックの車内は、生活空間の一部になることも多く、トラックの中で1日の大半を過ごすことも少なくありません。そこで、トラックの車内は徹底的に清掃しましょう。

車内の臭いは査定を下げる

トラックの車内の臭いで多いのが、タバコ臭と食品の臭いと言われています。タバコの臭いは、国内だけでなく海外でも嫌われる傾向にあるので、臭い消しを入念に行いましょう。特に天井に付着したタバコのヤニ汚れを落とすだけで、臭いはかなり緩和されます。

このほか、トラック内で食事したとき気づかないうちに食べ物を落とし、これが悪臭を放つ原因になります。ジュースやコーヒーなども同様なので、汚れている場所はキレイにしておきましょう。

トラックの車内の臭いは、次に購入するユーザーから敬遠されるので、買取時にトラック車内に臭いがあると消臭費用が減額されます。

消臭方法はいくつかあります。ひとつは、新品のエアコンフィルターを用意して、フィルターに消臭剤を吹きかけます。そして新品に交換したらエアコンを外気導入にして稼働、しばらくの間車内の空気を入れ替えてみましょう。これだけで車内の臭いはかなり軽減されるはずです。

そして、車内をかたく絞った雑巾でくまなくふき取りします。雑巾に汚れが付着しなくなるまで、入念に拭き掃除するのがポイントです。

このように、ちょっとした手間をかけるだけでマイナス査定を避けられるので、トラックの担当者などに呼び掛けて、キレイにしてから査定しましょう。

新車時に用意されている取扱説明書も一緒に査定

トラックは、架装によって使用方法が大きく異なります。例えばユニックならクレーンの取扱説明書、積載車なら積載方法の取扱説明書が必要です。

しかもトラックには、いすゞ、日野、三菱ふそう、UDといった国内大手トラックメーカーの取扱説明書だけでなく、トラックを架装した架装メーカーの取扱説明書が必要です。そこで、トラックメーカーと架装メーカーの最低2冊の取扱説明書も一緒に査定しましょう。

取扱説明書は、トラック本体の取扱説明書を用意できればある程度査定アップしますが、特殊車両のケースで取扱説明書を用意できないと査定ダウンする可能性も大いにあります。取扱説明書が車内に置いてなければ、事務所を確認して査定前に準備しておきましょう。

純正パーツに戻してから査定する

トラックは、担当して乗っていたドライバーの好みに架装されていることもあります。純正を外されて社外パーツが取り付けられていた場合、純正パーツに戻してから査定依頼しましょう。

またトラックは、新車で販売される前に、ユーザーからのオーダーでメーカー直系のショップでドレスアップしている個体もあります。その場合は納車前にドレスアップされているので、そのまま査定に出しても問題ありません。

社外パーツに変更されていた、純正パーツが見当たらない、以前の担当者が退社しているなど、その所在が分からない場合は、無理して純正パーツを用意する必要はありません。それは、わざわざ新品純正パーツを購入しても、その費用を査定で回収できないからです。

トラックが過走行でも低年式でも廃車処分せずに買取に出すべき理由

トラックは、業務で使用するので総走行距離は100万kmを超えてしまったトラックも見かけます。しかしトラックは、100万kmを超えていても廃車ではなく、買取してもらえます。しかも、海外への流通を考えると、10年や20年程度経った年式は特に古いことはなく、問題なく買い取られています。

このようにトラックは、走行距離が多くても低年式でも、廃車処分する前に買取店に相談してみたほうが良いでしょう。

理由1:海外に販路があるためトラックは過走行も低年式も買い取ってもらえるから

日本のトラックは、頑丈で壊れにくいことが海外で知られており、古くても走行距離が多くても、海外で高値で買い取られます。

壊れにくい理由に、トラックは荷物を載せて長距離を走行することを前提に各部を頑丈に設計・製造されているからです。また、大きな車体なので構造も大振りであることから整備しやすく、しかもシンプルな構造であることもトラックが長く使用できる理由です。

特に、新興国の東南アジアやアフリカなどで需要が高く、そのような国と地域に販路を持っているトラック専門買取業者であれば、高値で買取してくれるでしょう。

特に高床トラックは海外で人気

トラックの種類に「高床トラック」があります。高床トラックは、車高が高いので悪路走行も難なくこなすことから、新興国で人気のトラックです。

新興国の道路は、舗装されていても舗装精度が悪かったり、未舗装路も存在するため、車高を高く設定されているほうが安全に走行できます。このことから、低床トラックより高床トラックのほうが新興国で人気があるので、高床トラックで廃車を検討しているならトラック専門買取店の中の海外輸出ルートに強い業者に相談してみましょう。

→【どんな状態でも買取可能!】トラック王国で査定を取りたい方はこちら!【全国対応】

理由2:動くならば現役車として買い取ってもらえるから

トラックは、エンジンとトランスミッション(エンジンの動力をタイヤに伝える装置)に問題がなければ、いつまでも現役で使用できるので、トラック専門買取では高値で買取します。

トラックは、車体とパワートレーン(エンジンとトランスミッション)、そして架装している部分に分けられます。車体とパワートレーンに問題がなければ、架装業者に依頼することで、ボロボロの状態でも新車のように蘇らせてまた現役で活躍できます。

このことから、パワートレーンに異常がなければ架装がボロボロでも廃車を選択せずに、トラック専門買取に査定依頼してみましょう。

特に普通免許で運転できるトラックは人気

動くトラックなら、大型車や中型車だけでなく2トン車以下のトラックも人気があります。特に2トン車以下のトラックは、国内で高い需要を維持したままで国内流通も盛んです。

街で見かける配送トラックのほとんどは2トン車以下のトラックで、普通免許証があれば運転できます(運転免許証の取得年によって、運転できるトラックの大きさは異なります)。しかもトラックなので架装は自由自在ですから、車体とパワートレーンに問題なければ、架装だけ業者に載せ替えてもらえば、新たなトラックとして生まれ変わることも可能です。

もちろん、2トン車以下も海外で高い人気なので、廃車にするなんてもったいないです。しかも海外に輸出するルートがいくつもあると、たとえエンジンやトランスミッションに問題を抱えていても、現地でそれぞれ修理できるので、高値買取の期待が高まるでしょう。

トラック専門買取で高額が引き出しやすいトラックの種類

トラックの買取で、高額査定を引き出しやすいトラックがあります。すべてのトラックに当てはまることではありませんが、トラックを普通に使用していれば、多くのトラックが当てはまるはずです。

例えば車検が残っていたほうが有利に買い取られるほか、整備記録簿がきちんと揃っていると査定で高評価につながります。

個人所有のトラックは、1人のドライバーで運用されていて人気

トラック専門買取店から人気が高いトラックは、個人所有のトラックです。個人所有のトラックは、法人使用と異なり、ドライバーが1人であることが普通です。

1人のドライバーが使い続けているトラックは、トラックの癖や痛みがほとんどなく、キレイな使い方がされていることが多いので、トラック専門買取店から高い人気を誇っています。

もちろん法人で使用されていたトラックでも、新車から担当者を決めて使用し続けてきたトラックの程度は良好であることも多く、人気を高める要因となっています。ただし、査定時に担当者が一人しかいないことを伝えなければ、高額査定に結び付かないので、しっかりと使用状況を伝えるようにしましょう。

車検が残っているトラックなら販路拡大。高額査定が出やすい

トラックは、即戦力として使用したいユーザーがほとんどなので、購入後に整備や車検取得があると、なかなか購入に結び付きません。しかし車検が残っていれば名義変更すればすぐに使用できるので、車検の残っているトラックは人気です。

一般的にトラックは1年車検であり、車検満了のギリギリに売りに出すことがほとんどでしょう。しかし、トラックの査定は乗用車の車検残と捉え方が異なります。それは、車検費用が乗用車に比べて高額になるためです。

しかも、車検で様々な部品交換を行うことも多く、それらを回収するためにトラックに活躍してもらう必要があります。しかし売ってしまうのであれば、車検が少しでも残っていれば評価が高く、車検代を回収できる可能性があります。

例えば、大型トラックの場合、車検費用は20万円ほどかかりますが、それを月割りにすると約1万6700円です。4カ月車検を残すとすると車検費用は6万6800円分償却できていません。しかし、売却するとおつりが出るほど高額になる可能性があります。それだけトラック買取で車検の残りは重要視され、さらに人気もあるということです。

整備記録簿がありエンジンに不調がないこと

トラックは、乗用車と異なり定期点検時期が短くなっています。中小型トラックは、6カ月ごとに22項目、12カ月ごとに83項目の点検が義務付けられていますし、大型トラックでは3カ月ごとに50項目、12カ月ごとに100項目の点検が義務付けられています(参考:国土交通省『点検整備の種類』)。

これらの点検整備が確実に行われてきたか、そして点検整備でどのような部品を交換されたのか知る事のできる書類が点検記録簿です。

そこで、この点検記録簿が新車時から売却時まで時系列ですべて揃っていると、トラック専門買取店で高評価となり高く買取されます。

また、エンジンやトランスミッションなどの走行装置が好調であれば、トラック買取で人気も高まり、たとえボロボロの架装だったとしても高値で買取されるでしょう。

修復歴がないこと

トラックは荷物を載せて長距離走るので、修復しているトラックより、大きな修復をしたことのないトラックが人気です。

トラックも、走行中に事故に遭うことがあり、修復して使用している場合も少なくありません。特に、トラックは頑丈なラダーフレームと呼ばれるハシゴ状のフレームに、キャビンと呼ばれる運転席、そして荷台が組み合わされていますが、事故を起こすと頑丈なフレームが歪み、走行に支障を来すこともあります。

トラックは、重い荷物を載せて走行しますから、フレームを修正していると強度に不安があります。特に、荷台を載せている部分に大きなダメージがあると、荷物を載せた時に、最大積載量と同じ重さの荷物が載せられない可能性もあるでしょう。

というのも、一度でも事故によってフレームを損傷すると、鉄でできたフレームを修正できても、フレームへのダメージは新品と同じ強度に戻すことはできません。また、溶接など鉄に熱を加えていると、熟練の技術者でない限り、同じ強度を保たせることは不可能です。

このことから、フレーム修正を伴う、修復歴のある大きな事故を起こしたトラックは、買取でかなり不利になりますが、逆に修復歴がなければ高評価となり買取もスムーズでしょう。

トラック買取でよくある質問

Q.ディーラーで下取りに出すのと買取に出すのとどっちが得ですか

A.ディーラーはトラックを新車で売って利益を出しているので、下取でトラックを他の業者に転売して利益を上げようとしていません。そのため、下取では最低ラインの金額しか提示できないので、買取のほうが有利でしょう。

Q.故障しているトラックは修理してから買取に出したほうが良いでしょうか

A.トラック修理は高額になる場合も少なくありません。買取では修理費用を捻出できるかわからないので、修理せずに買取に出したほうがお得です。

Q.デコトラ(アートトラック)も買取してもらえますか

A.デコトラは、一般的に買取は難しいでしょう。パーツを抜きにしたトラック本体の評価をして査定を出す業者がほとんどです。しかし、中にはデコトラの評価をしっかり行う業者もあるので、多くのトラック専門買取店に相談することです。

まとめ

トラックの買取は、トラック専門買取店で査定しなければ、高額査定を引き出すことは難しいでしょう。ただし、トラック専門買取店なら、どこでも同じ査定額を提示するわけではありません。

また年式が古く、走行距離が多いトラックでも買取する業者が多く見られますが、できるだけ海外販路が多い業者を探すのが高く売るポイントです。

トラックの買取では、走行距離や年式に振り回されることなく、高値で買取される事例が多いので、トラック買取で買取査定に不満があるなら、1店舗でも多くの買取店で査定するとよいでしょう。

→【おすすめ一括査定サイト!】トラック一括査定王で今すぐ査定する!【全国対応】

This article is a sponsored article by
''.