2017年12月15日〜16日、横浜美術館で「オートカラーアウォード 2017」の審査・発表会が開催される。

いいクルマは、色が美しい!

「オートカラーアウォード」とは、車両のカラーデザインの企画力や、形との調和を含む、内外装すべてのカラーデザインの美しさを評価する顕彰制度だ。
1998年から始まり、今回が20回目となる。
当初はクルマのカラーデザインを対象とした制度だったが、第17回から将来のクルマのカタチを見据え、対象を「車両」と広く捉えることになった。

今回ノミネートされたのは、トヨタ/レクサス、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スズキ、ダイハツ、ヤマハ、カワサキの国内4輪&2輪メーカーから15デザイン(24台)。
ノミネートされた車両は、12月15日〜16日に横浜美術館前のファサードに展示され、一般の人も自由に眺めることができる。
15日は13時〜18時にデザイナーによるプレゼンテーションや一般参加者の投票が、16日は15時〜16時に発表・表彰式が行われる。

画像: 2016年は、マツダ・ロードスターRFが受賞した。

2016年は、マツダ・ロードスターRFが受賞した。

ちなみに2016年は、マツダ・ロードスターRFのマシーングレーメタリック(外装)/オーバーン(内装)が受賞した。
さあ、2017年を代表するクルマの色は、どのクルマのどんな色になるのだろうか?

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.