ボルボ・カー・ジャパンは2018年3月1日、3つの装備プラスした、お買い得な特別仕様車「ボルボ V40 T3 NAVI Edition」を発売開始すると発表した。
画像: ボルボ V40 T3 NAVI Edition。お買い得感たっぷりの特別仕様車。

ボルボ V40 T3 NAVI Edition。お買い得感たっぷりの特別仕様車。

ボルボの安全基準を満たすドライブレコーダー

ボルボのCセグメントモデル、人気のV40に見逃せない特別仕様車が登場した。ベース車は最高出力152psを発揮する1.5L 直4ガソリンエンジンを搭載する「V40 T3 キネティック」で、これに嬉しい3つの特別装備を施した。

それはまず「HDDナビゲーションシステム」(219,888円相当)で地図データを無償で更新できるマップケアも付帯している。ふたつ目は「PCCキーレスドライブ/ボルボ・ガードシステム(盗難防止装置)」(83,000円相当)、そして三つ目は今もっとも人気がある装備の「ボルボ純正ドライブレコーダー」(60,048円相当)だ。

このドライブレコーダーはスウェーデン本社の電波妨害確認テスト、クラッシュテストなどを受けてボルボの安全基準に従って開発されたものだ。イグニッションのオンからオフまで自動的に常時記録され、WiFi接続でスマホで視聴や動画保存などの操作ができる。

3つの特別装備の合計額は362,936円になるが、「ボルボ V40 T3 NAVI Edition」の車両価格はベース車の100,000円高となる3,490,000円に抑えられている。ボルボV40を購入候補にしていた人はもちろん、それ以外の人にもまたとないチャンスと言っていいだろう。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.