ボルボ初のプレミアム・コンパクトSUVであるXC40が日本デビューを果たした。最新のアーキテクチャーに適度なサイズのボディをまとい、ヨーロッパCOTYも受賞。日本でも人気を呼びそうだ。

汗くささは感じない、個性的な小型SUV

2018年の欧州カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したボルボのコンパクトSUV『XC40』が日本に投入された。兄貴分のXC60は昨年度の日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞しており、ボルボの評価は世界的に上昇中だ。
ボルボのSUVラインアップは、この3年で大きい方から90、60、そしてこの40と揃い、選択肢が大幅にアップした。これまでの「ボルボのSUVはデカすぎる」という言葉はもはや通じない。しかも、そのすべてのモデルに新プラットフォームを採用し、さらに40は専用設計するという力の入れようだ。

外観から受ける筋肉質なプロポーションはどっしりと落ち着いた60や90とは一線を画して、一見するとヤンチャな末っ子といった印象を受ける。一方、室内に目を向けると質感は上位モデルと同様なうえに、ドアの内張りに厚みのある布を採用したり、スポーティグレードのRデザインでは、さらに色鮮やかなカラーコーディネイトを行なうなど、まるでウインドーショッピングを楽しんでいるような味わいだ。
日本やドイツのSUVが機能優先で体育会系の雰囲気が漂う中、XC40は明るい空気に満ちあふれている。コンパクトモデルながら、その存在感は北欧ならでは個性でいっぱいといった印象で、クラスを越えた魅力を感じさせてくれる。

走りに関しても、実に味わい深い。専用設計されたフロント:ストラット/リア:マルチリンクのサスペンションは路面からの入力をカドなく包み込み、音や振動をしっかりと吸収する。全体の姿勢もロールが早く感じられ、動きもやや大きめだが、フロントの接地感を失うことなくグイグイと引っ張っていってくれる。このあたりは、ふところ深く接地している証しだ。
多くのSUVはちょっと硬めの乗り味なのに、実に好対照。動きは大きめながらも粘り強い。これなら滑りやすい路面や接地変化の大きな低μ路などでの外乱に強く、雪国などでは落ち着いた走りが楽しめるに違いない。

また、4気筒の2Lターボエンジンは過給による軽い吹け上がり同様、重量的にもフロントの重さを感じにくく、コンパクトなボディとの相性が良い。奥深い走りの中にも実は攻め込んでみると、元気さもしっかりと演出されていることで、コンパクトSUVの新たな魅力を実感した。
快適性と奥深い乗り味の両立こそがXC40の持ち味だろう。そのポテンシャルの高さに、今のボルボの底力を見た。
(文:瀬在仁志、写真:井上雅行)

ボルボXC40 T5 AWD R-デザイン 主要諸元

全長×全幅×全高:4425×1875×1660mm
ホイールベース:2700mm
重量:1690kg
エンジン:直4DOHC+ターボ・1968cc
最高出力:185kW<252ps>/5500rpm
最大トルク:350Nm<35.7kgm>/1800-4800rpm
ミッション:8速AT
JC08モード燃費:12.4km/L
タイヤ:235/50R19
価格:539万円(税込)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.