自動車の歴史を振り返るWebモーターマガジンのオリジナル企画「今日は何の日?」。5月1日は初代カローラ・スプリンターが登場した日。今から50年前、1968年にタイムスリップ。

カローラ・スプリンターってどんなクルマ?

1966年に初代が登場したカローラ。その2年後、カローラにファストバックスタイルの2ドアモデルが追加された。このモデルが「カローラ・スプリンター」だ。

発表は1968年4月8日、発売が5月1日になる。2ドアのファストバックながら、リリースでは「新しいタイプの5人乗りセダン」と呼んでいるのが面白い。

グレードは標準タイプ/デラックス/SLの3種類。これにフロアシフト/コラムシフト/トヨグライドの3種類のトランスミッションを組み合わせた7車種を用意し、ユーザーの多様な好みに応えていた(SLはフロアシフトのみ)。

初代が発売された時には、「スプリンター」はイコール「カローラの2ドアファストバック」を意味する、一種のグレード名という扱いだったが、1970年に登場した2代目からは、カローラのネーミングが取れ「スプリンター」という独立した車名になっている。同時にカローラ名では「カローラクーペ」が登場した。

1971年、2代目のマイナーチェンジが行われた際、スプリンターに「4ドアセダン」が追加され、名実ともにカローラの姉妹車種となった。

画像: 当時のカタログより。グレードはスプリンター・デラックス。

当時のカタログより。グレードはスプリンター・デラックス。

画像: 最上級グレード「SL」。

最上級グレード「SL」。

画像: インテリア。このモデルは4速フロアシフト仕様。

インテリア。このモデルは4速フロアシフト仕様。

画像: トランスミッションは3種類を用意。4速のフロアシフトMT/4速コラムシフトMT/2速ATの「トヨグライド」。

トランスミッションは3種類を用意。4速のフロアシフトMT/4速コラムシフトMT/2速ATの「トヨグライド」。

画像: 初代カローラ・スプリンターの表紙。

初代カローラ・スプリンターの表紙。

車両価格(当時・4速MT)

カローラスプリンター 48万7000円
カローラスプリンター デラックス 52万5000円
カローラスプリンター SL 58万7000円

※東京。トヨグライド(2速AT)は3万8000円高。

1968年(昭和43年)には何があった?

ニュース

●川端康成氏ノーベル文学賞受賞
●3億円事件
●メキシコオリンピック

ヒット曲

●花の首飾り タイガース
●ブルー・ライト・ヨコハマ いしだあゆみ
●好きになった人 都はるみ

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.