使ったことのないクルマの機能というのは意外に多い。カーオーディオの音調を調整することのできるイコライザー機能を挙げる人もいるのではないだろうか。でも、実際にどう調整したらいいのか、カーオーディオに詳しいモータージャーナリストの会田肇氏に聞いた。

デフォルトのプリセット設定もいいが、自分でも少しずつ調整してみよう

カーオーディオにはバス(低域)/トレブル(高域)よりも、細かく、10近くの音域に分けて音調をセットすることのできる「イコライザー」と呼ばれる機能が搭載されているものがある。この調整次第で好みの音を再現したり、聞き取りにくい帯域を強調することが可能となる。ただ、バンド数が増えるほど、その調整は難しくなっていく。

そこで、機種によってはジャズ/ポップス/クラシックなど音楽のカテゴリーに合わせたプリセットがいくつか用意されている。これにより、好みの設定を選ぶだけで音調の変化を楽しめるようになるわけだ。しかし、これで本当に音調の最適化ができたかといえば、答えは「否」である。そこで自分の耳に頼った適切な調整が重要となる。

一般的に各周波数帯域を分けると、低音域(50〜200H‌z)、中音域(200Hz〜1kHz)、高音域(1〜12.5k‌H‌z)を指す。低音域は音の厚みを増減させ、中音域はボーカルなど音像を明確にして、高音域は音の輪郭を明瞭化するのに効果的だ。

こうした設定をするときは、ボリュームを通常時よりも上げると各バンドごとの特徴が出て調整しやすくなる。これを念頭に置きながら調整していくと良いだろう。

画像: イコライザー設定でよく聞く山なり型の調整方法。

イコライザー設定でよく聞く山なり型の調整方法。

最適な設定値として「山なり」や「U字型」といったカーブを描く調整方法がよく取り沙汰されるが、それはあくまでひとつの基準であり、これにこだわる必要はない。音調はあくまで個々の好みであって、仮に音楽のプロと同じカーブ設定にしたと言っても、スピーカーの場所や種類、室内空間の広さなどクルマごとにそれが適切かどうかは異なってくるからだ。

自分が最良と思った設定値をプリセットしておき、その日の気分や聴く音楽ジャンルなどに応じて各バンドを増減させる。これを繰り返すことで聴く耳が肥え、“自分の音”もおのずとハッキリとしていくのだ。

画像: イコライザー設定のひとつのU字型。

イコライザー設定のひとつのU字型。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.