RMサザビーズが今週末(5月12日)にモナコで開催するオークションに、1990年に生産されたギャランVR-4のグループAカーが出品されることが明らかになった。
画像: 製作はRALLYARTが担当した。グループAなので一見するとノーマル然としているが中身は別物。実戦投入後、フランスでレストアされたらしい。

製作はRALLYARTが担当した。グループAなので一見するとノーマル然としているが中身は別物。実戦投入後、フランスでレストアされたらしい。

ギャランVR-4は1987年に発売。WRC参戦を目論んだスーパースポーツセダンで、205馬力を発生する4G63型DOHCターボエンジンはクラス最強と言われた。4WSを組み合わせた4WDシステムを搭載し、のちに登場するランサーエボリューションの礎となったモデルでもあった。WRCへの参戦は1988年から。翌89年には早くも2勝を飾り、WRCのトップマシンへと上りつめた。

画像: このクルマに採用されたエンジンと4WDシステムは、ランサーエボリューションにそっくり受け継がれた。

このクルマに採用されたエンジンと4WDシステムは、ランサーエボリューションにそっくり受け継がれた。

今回のオークションに出品されるギャランVR-4は、1990年シーズン用に製作されたマシンのうちの1台。レギュレーションに合わせ、4G63型エンジンは2リッターの排気量はそのまま各部をチューニングされ、ボディ/シャーシはワークスであったラリーアートによって徹底的に鍛え上げられている。詳細は最小限しか明らかにされていないが、どうやらWRCで活躍後にフランスに渡り、そこで完璧にレストアされたようだ。

ちなみに、主催者による落札予想価格は、1170万円〜1700万円くらいと予想外(?)にリーズナブル。果たしてオークションの行方は?

画像: 名機4G63型2リッター直4DOHCターボ。レギュレーションの範囲内で徹底的にチューニングされている。

名機4G63型2リッター直4DOHCターボ。レギュレーションの範囲内で徹底的にチューニングされている。

画像: ステアリングには三菱のスリーダイヤが。WRCマシンなので当然左ハンドルだ。

ステアリングには三菱のスリーダイヤが。WRCマシンなので当然左ハンドルだ。

画像: 徹底的に補強されたボディ。レカロのバケットは2座。

徹底的に補強されたボディ。レカロのバケットは2座。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.