トヨタ・ヴィッツが一部改良され、特別仕様車の F“セーフティエディションⅡ”と、F“Amie(アミー)”も発売された。

進化した「プリクラッシュセーフティ」を採用。

トヨタは、ヴィッツを一部改良するとともに、特別仕様車の F“セーフティエディションⅡ”と、F“Amie(アミー)”を設定し、全国のネッツ店を通じて5月31日に発売した。
今回の一部改良では、衝突回避支援パッケージの「トヨタ セーフティセンス」において、昼間の歩行者も検知機能に加えたプリクラッシュセーフティ(レーザーレーダー+単眼カメラ方式)を採用した。また、駐車場などでのアクセル踏み間違い時の衝突被害軽減に寄与するインテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)を新たにオプション設定した。

特別仕様車はハイブリッドFとFがベース。
F“セーフティエディションⅡ”は、トヨタセーフティセンスやインテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)などを特別装備して、安全面での魅力を高めている。
F“Amie”は、内装は落ち着いたブラックを基調に、インパネ周辺にはカッパー加飾を施し、スエード調ファブリックと合成皮革を組み合わせた専用シートを特別装備した。さらに、トヨタセーフティセンスやスマートエントリーセットなども特別装備する。

価格は、F“Mパッケージ”(1.0L/FF)の118万1520円〜ハイブリッド U“スポーティパッケージ”(1.5L+モーター/FF)の222万6960円。
なお、トヨタセーフティセンスとインテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)装着車は、セーフティ・サポカーSの「ワイド」に相当する。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.