トヨタがモビリティサービスプラットフォーム(MSPF)を活用したカーシェアサービス「Hui」を米ハワイ州で開始した。運営はハワイのトヨタ販売代理店であるServco社が行う。
画像: ホノルル市内に25カ所設けられる「Hui」のステーション。

ホノルル市内に25カ所設けられる「Hui」のステーション。

今後はグローバル展開を目指す

トヨタは北米において「Toyota Connected North America」により、コネクティッド部門の事業を展開しているが、今回のサービスは同社が開発したカーシェア事業用アプリケーション「Hui」を活用したものだ。

画像: 早く日本からでもユーザー登録できるようにして欲しいものだ。

早く日本からでもユーザー登録できるようにして欲しいものだ。

このカーシェア利用者は「Hui」を使って、ホノルル市内にあるステーション25カ所から24時間いつでもクルマを時間または日にち単位で借りることができる。予約、利用、支払いといった一連の操作をすべてアプリ上で行うことが可能だ。そして、クルマのドアロック開閉やエンジンの始動などもスマートフォンで行う。

トヨタのコネクティッドカンパニーを担当する友山茂樹副社長は「Huiは地域に根ざした販売店がトヨタのMSPFと自らの資産を有効に活用し、安心、便利で先進的なカーシェア事業を展開できることを実証したものです」と語っている。

画像: シェアカーにはよく目立つ「Hui」のステッカーが貼られている。

シェアカーにはよく目立つ「Hui」のステッカーが貼られている。

さらに今後は「ここで得られた成果をグローバルな取り組みに反映し、魅力的なモビリティ社会の確立に貢献して行きます」とのことだ。

さて、このアプリ「Hui」は日本においてもダウンロード可能だが、ユーザー登録の段階で日本の電話番号では受け付けてくれなかった。ハワイは日本人観光客が非常に多いので、日本でのユーザー登録が可能になれば、かなりの利用者が見込めるのではないかと思う。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.