アライアンスを組む日産との共同開発2世代目となった三菱の新型eKシリーズ。ここではSUVテイストのeKクロスを取り上げることにした。(Motor Magazine 2019年7月号より)
画像1: 【試乗】三菱eKクロスは、ファーストカーとして十分使える装備と走行性能を有する軽トール・ハイトワゴン

格段に進化を見せたスペースユーティリティ

三菱と日産の合弁会社NMKVが開発する軽自動車のうち三菱版は、従来はeKワゴンとeKカスタムの2種類が用意されていたが、新型では後者がeKクロスに改められた。SUVテイストで仕立てられ、デリカD:5と共通のイメージ(三菱のフロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」)を採用。遊び心あるSUVテイストが盛り込まれている。のフロントマスクが与えられた外観に好き嫌いが分かれるだろうが、これぐらいしないと三菱の軽に意識を向けてもらえないと考えるのも理解できるところだ。

何しろ先代eKは、走りも燃費もパッケージングも、とにかくあらゆる面でライバルの後塵を拝していた。それもあり今回は開発主体が日産へと移り、ボディもエンジンもすべてが刷新された。 

まず進化を感じさせるのが室内の広さとクオリティだ。とくに後席の余裕は驚くほどでリアまで目一杯にスライドさせれば足を組むのも余裕。荷室も、2WD車では床板を外せばA型ベビーカーまでそのまま収納できるのだから大したものだ。これには従来は副変速機付きだったCVTをやめてパワートレーンをコンパクト化したことなどにより前輪を65mmも前方に追いやったことが効いている。

画像: 三菱のフロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」を採用。遊び心あるSUVテイストが盛り込まれている。

三菱のフロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」を採用。遊び心あるSUVテイストが盛り込まれている。

高速走行で頼れる運転支援システム「マイパイロット」

柔らかな面で構成されたダッシュボードやドアトリムなど内装の品質も高く、収納豊富で使い勝手もいい。Dシェイプではない円形のハンドルは日産側の走りを考えた上でのこだわりである。

走りっぷりも清々しい出来映えだ。新開発エンジンは自然吸気版のフラットなトルクと滑らかな吹け上がりが好印象。絶対的な力で選ぶならターボだが、心地良いレスポンスとドライバビリティが嬉しい。

乗り心地はやや引き締まった印象だが、段差乗り越えなどでは硬さを意識させることはない。ペタッとロールすることのない、切ればすっと曲がる走りが実現できている。高速域での安心感も十分。 ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)と30km/h以上の速度域での操舵アシストを組み合わせたMI-PILOT(マイパイロット)も、これなら十分使える、役に立つレベルの仕上がりを見せる。

軽自動車が妥協の選択、コスト重視のクルマ選びの対象ではなく、ファーストカーとして選ばれるようになった今。新しいeKは遅ればせながら、それにしっかり対応する実力を備えた1台である。(文:島下泰久)

画像: eKクロスには自然吸気0.6L直3と過給器付きの0.6L直3ターボエンジン(写真)の2種類が用意されている。

eKクロスには自然吸気0.6L直3と過給器付きの0.6L直3ターボエンジン(写真)の2種類が用意されている。

■三菱eKクロス T 4WD主要諸元

●全長×全幅×全高=3395×1475×1660mm
●ホイールベース=2495mm●車両重量=920g
●エンジン= 直3DOHCターボ+モーター
●排気量=659cc
●最高出力=64ps/5600rpm+2.7ps/1200
●最大トルク=400Nm/2400-4000rpm+40Nm/100rpm
●駆動方式=4WD
●トランスミッション=CVT
●価格=176万5800円(税込)

This article is a sponsored article by
''.