画像: 【ATの交換修理費用まとめ】修理費を安く抑える方法と買い替えが良いかの判断基準を紹介!

ATミッション交換費用が高額で悩んでいる方、必見です。ATミッション交換よりお得な方法は、乗り換えが一番!ATミッション交換より乗り換えがお得な理由や、修理する場合に安く済ませる方法など一挙公開します。

現代のクルマがATミッションに不具合が出た場合に修理を選択すると、交換修理を提案されることになります。しかし、交換費用は20万円から100万円以上かかることも多く、高額な修理費用がネックとなることも事実。

そこで、ATミッション交換が必要な場合は、交換を選択するのではなく乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。そうすることで、修理して乗り続けるよりお得になることがほとんどです。また、故障したクルマも廃車買取で買取してもらえるので、新しいクルマの購入資金に充てられます。

この記事ではATミッションの修理費用を紹介するとともに、修理費用が高いと思った場合の買い替えの判断基準を紹介します。

→【当サイトおすすめNo.1】カーセンサーの一括査定で買取価格を今すぐ調べる!

ATミッション交換費用は20万〜100万円以上が相場

ATミッション故障には、走行できるけどシフトチェンジを行わないことや、PレンジからDレンジに切り替えても切り替わりに時間がかかるなどといった症状があります。

このような初期症状であれば修理費用は安く済む場合もありますが、一般的にATミッション修理では、交換を余儀なくされることが多いです。

その修理費用は、20万円から100万円以上は覚悟しておいたほうがいいでしょう。

軽自動車は20万円以上かかることが普通

軽自動車は車両本体価格が普通車より安いことから、ATミッション交換費用もそれほどかからないと思っている人も多いのではないでしょうか。しかし実際は、軽自動車とはいえ20万円以上の交換工賃がかかることが普通です。

クルマというのは、軽自動車でもエンジン、ATミッション、そしてボディが必要になります。その中で、車両本体価格のウェイトを占めているのは、エンジンとATミッションです。

例えば車内の快適装備は、エアコンであったりナビであったりシートヒーターという装備が多いですが、仮に故障しても単体で修理や交換が可能なことから、車内の快適装備一式交換ということはありません。

しかしATミッションの場合は、1つの部品でクルマの中で重要な役割を持ち、そして大型であることから価格は当然高額となります。

特に軽自動車の多くの場合は、FF駆動(フロントエンジンフロントタイヤドライブ)であることから、エンジンが横置きと呼ばれる搭載方法を取られています。そのため、ATミッションを交換する際は必ず、エンジンとトランスミッションの両方を一緒にクルマから降ろす必要があり、必然的に工賃も高額になります。

また、ATミッション本体も高額です。例えば今から10年以上前の3代目ワゴンRのATミッションの場合、リビルト品でも11万円以上します。

コンパクトカーは50万円以上かかることも

コンパクトカーの中には、軽自動車より車両本体価格の安い車種があるなど、クルマの購入には費用をそれほどかけなくて済むことが多いでしょう。しかしコンパクトカーが安いといっても、ATミッション交換には50万円以上かかることも珍しくありません。

コンパクトカーとは、エンジン排気量が1,000ccから1,500cc程度までのクルマを指します。軽自動車と違うところは、エンジンの排気量が大きくなることで重量が増すために、ATミッション交換が重整備となることです。

コンパクトカーは、排気量が小さく馬力も比較的少ないため、ATミッションにはCVTと呼ばれる無段変速機が使用されていることがほとんどです。そして、このCVTは工賃と部品代込みで30万円以上することがほとんどなので、安いコンパクトカーといっても高額な交換費用を覚悟しなければなりません。

高級車は中古車であっても、100万円以上を覚悟する必要あり

中古車で安く購入した高級ミニバンや高級セダンといったクルマも、時が来ればATミッションが不具合を起こし、そのまま使い続けるなら交換を余儀なくされることになります。しかし中古車での購入費用がどんなに安くても、高級車であることには変わりがありません。修理するとなれば100万円以上かかることも珍しくありません。

例えば、10年落ちのアルファードを総額100万円程度で購入していたとします。そのクルマは古くて車両購入価格も安く済みますが、ATミッションに不具合があり、交換作業をディーラーで行うとすれば、部品代だけで約50万円、そして工賃を含める修理費用は70万円程度となる報告が見られます。

もちろん、ディーラーの場合は部品のすべてが新品前提での修理見積なので、それ自体がかなり高額となることは避けられません。しかし、工賃だけで見ても20万円程度となることがわかり、高級車になればATミッション交換は、中古車が1台買えるほどの交換費用となります。

高級車でも時が経てば、中古車として購入しやすい価格にこなれてきます。しかし、故障してしまえば高級車としての部品価値をもとに修理されるので、どうしても部品代や工賃が高くなります。これは、新車価格に応じた修理費用ということが言え、新車時の車両本体価格が高いクルマほどATミッション交換費用は高額になります。

ATミッションが故障したら、無理して修理せず買い替えを検討しよう

ATミッションが故障してしまった場合は、高額な修理費用を支払うよりも、そのまま買い替えをしてしまったほうが一般的にはお得になることが多いです。

その理由は大きく以下の2つ。

  • ATミッションを修理してもまた別の箇所で故障する可能性が高い
  • ATミッションが故障するということは、そろそろクルマの寿命がきていた可能性が高い

特に、クルマの価格が高額になるほど、ATミッション交換費用も高くなっていきます。つまり同じクルマを修理して乗り続けるより走行距離の少ない同じクラスのクルマに乗り換えたほうが、その後のメンテナンス費用も抑えることができるのでお得、と考えることもできます。

また、ATミッションが故障したクルマも買取してもらえる業者があります。そういった業者を上手く使うことで、新しいクルマを購入する資金の一部にすることもできるでしょう。その時は、修理後と修理せずに車を買い替えた後のトータルコストで考えることが重要です。

ATミッション交換と買い換えの見極めはトータルコストで考えよう

トータルでコストを考えるということは、ATミッションに高額な費用を出して修理した後のクルマの維持費と、交換修理をあきらめて新しくクルマに乗り換えた場合のコストを比較するということです。

例えば、10年落ちのトヨタ ヴォクシーのATミッションが故障したとします。そして、ATミッション交換修理となれば、新品修理で60万円以上の見積もりとなるでしょう。そして10年落ちということだと、この機会に修理しても他の部分に故障が出ないとも限りません。

特に、ATミッションと大きく関わりのあるエンジンの故障も避けては通れなくなることも多く、さらに高額な修理費用が発生する可能性があります。

そして、交換修理を諦めて買い替えを選んだ場合は、新車と中古車とでは状況が異なりますが、中古車を選ぶ場合も今乗っているクルマの年式や走行距離より条件の良いクルマを選ぶのが普通でしょう。そのため、購入資金とその後にかかるメンテナンス費用を考えても、買い替えのほうがお得と言えるでしょう。

例えば同じヴォクシーを選ぶ場合、5年落ちでも乗り出し価格が200万円前後です。修理に60万円かけるなら、差額の140万を工面することで新しいクルマに乗り換えることができ、しかも今までより新しいので、故障の心配も少なくなります。

ATミッション交換が必要なクルマは、その後のメンテナンス費用がより多くかかる可能性が高い

ATミッションの交換が必要なクルマは、それ相応の年式であったり走行距離であったりすることがほとんどでしょう。

年式が古くなれば当然、経年劣化する部品が増えてきますし、走行距離が増えれば消耗品の数も増えます。

消耗品などをクルマで交換する整備費用は、部品の取り付け位置や部品代によりかなり差が出てきますが、クルマという商品の特性上、どうしても修理費用は数万円に上ることがほとんどです。

そのため、数十万円のATミッション交換修理を行っても、その後どこが故障するかわかりません。経年に伴って他にも消耗品が多数発生してくる可能性が高いため、車検ごとのメンテナンス費用のみならず、車検までの間に故障した部分の修理費用がかさむ可能性が考えられます。

特に、現代のクルマは電装品が多く使用されているので、走行装置以外に快適装置に不具合が出ても、日常での使用に支障をきたします

例えば、ふだん何気なく使用しているパワーウィンドウですが、これも経年劣化で内部機構が故障する可能性が高い機能です。これが故障すると、数万円から10万円以上の修理費用がかかることもあります。

このように、古くなればなるほどクルマは故障ヵ所が増えてくる可能性が高く、ATミッション載せ替えという大掛かりな修理をしたとしても、その後に数々の不具合が発生して修理代やメンテナンス費用が莫大になる可能性があります。

このことから、交換修理を選ぶよりクルマを乗り換えたほうが、後のメンテナンス費用を安く済ませることができるのでお得になる可能性があります。さらに今より新しいクルマに乗り換えることもできるので、気分を一新することもできるでしょう。

100万円以上の修理費用がかかるなら乗り換えしたほうがお得

ATミッション修理で100万円を超える場合は高級車となりますが、そこまで高額な修理費用をかけるのであれば、新しい故障リスクの少ないクルマに乗り換えたほうが安全で、その後のコストも抑えられるでしょう。

新車から新車に乗り換えをしている人であれば、100万円の修理費用をかけるより、乗り換えを躊躇なく選択することでしょう。しかし、中古車の乗り換えをしている人で、高級車を購入対象としている人は、100万円という金額は大いに悩むはずです。

例えば、100万円の修理費用で修理できるクルマを、同じ金額で中古車購入することは難しいからです。しかし、ATミッションが故障するクルマということは、エンジンも近い未来に故障する可能性が高くなっていることも考えられるほか、他の部分も経年劣化して故障が頻発する可能性があります。

そういったリスクを考えると、100万円で新しいクルマに乗り換えができないとしても、後にかかる費用を考えれば、もうすこし資金を調達して新しいクルマに乗り換えたほうが安全ということです。

走行距離10万km以上・新車登録5年経過は乗り換えの目安

ATミッションが故障しても、乗り換えのタイミングがわからない人も多いでしょう。しかし、ATミッションが故障するクルマは、それ相応の年式であることや、走行距離がかなり伸びていることがほとんどです。

そこで目安としては、10万kmと新車登録から5年のどちらか早く到達した時を乗り換えの目安としておくと良いでしょう。

10万km以上走行しているクルマは他にも故障リスクが高い

10万km以上走行していると、ATミッション故障だけでなく他の部分にも劣化や故障が出ていることが多いでしょう。

仮に、今すぐに走行に支障がない程度の不具合であったとしても、いずれは大きな故障となってオーナーを悩ませることになるでしょう。

例えば走行中の異音ですが、問題なく走行できるうちは異音など聞こえても古いからしょうがない、とあきらめる人も少なくありません。しかし、異音の中には、クルマの走行装置に致命的なダメージが生じている場合も少なくありません

多かれ少なかれ、10万km以上走行していれば故障は発生してきますから、ATミッションという重要なパーツが故障したことをきっかけに、乗り換えを検討するのがベストタイミングと言えます。

5年以上使用しているクルマは新車保証が切れているので乗り換え時期でもある

新車登録から5年と聞けば、短いように聞こえます。しかし、5年というのは新車保証が切れる時期なので、この5年を過ぎてからATミッションが故障すると実費での修理となります。

確かに5年では、クルマのほとんどの部品が大きな不具合を起こすことは非常にまれです。しかし、ATミッションのような重要なパーツが故障した場合は話が別となります。

ATミッションが5年で交換が必要なほどダメージを受けるということは、それ相応の環境で使用されていたことが想像できます。そのような場合はATミッションだけでなく、他の部分にもダメージが同じように蓄積されていることが考えられます。

このように、新車保証が切れる5年を過ぎれば全ての修理が実費となることを考えると、修理に高額な費用をかけるより新しいクルマに乗り換えたほうがお得ということになります。

ミッションが故障していても買取されることもあるため、買い換えたほうがお得となるケースも

ATミッションが故障したクルマを修理せず乗り換えを選んだ場合、故障したクルマの処分方法に悩む人もいるでしょう。しかし、ATミッションが故障していても、走行可能であれば中古車として買取してもらえることもあるので、故障しているからと廃車処分するのはちょっと待ったほうが良いでしょう。

ATミッションの故障には様々な原因が考えられますが、クルマの種類によっては故障の度合いによって買取が可能となることがあります。それは特に、中古車市場で人気が高いクルマです。

現在、国内で人気が高い車種は、SUVやミニバンそして軽自動車です。これらの車種であればATミッションが故障していても、走行できれば買取してもらえることがあります。しかし、故障の度合いがひどく、走行できてもATミッション交換が必要と査定時に判断されると、査定額は0円となることもあるでしょう。

そこで、ATミッションが故障した場合におすすめなのが、廃車買取業者です。廃車買取業者であれば、動かないクルマでも買取してもらえるので、廃車処分費用としての相場価格である3万円程度の支払をせずに済みます。

また、海外で人気のあるハイエースや本格SUVなどの、多くの人を乗せることができて悪路走行にも適したクルマであれば、さらに好条件が期待できます。中古車買取の場合でも海外輸出に強い業者に相談することで、一般の中古車買取より高い査定額を引き出せる可能性があるでしょう。

実際に査定をしてみることで予想を超える値段をつけてくれることもあるので、是非一度査定をとってみてください。

→事故車・低年式車・訳あり車も買取可能【無料】廃車専門の買取査定はこちら!

走行の可否で売却先を使い分けるとお得!

ATミッションの交換費用が高額なことから、買い替えを選択した場合、故障したクルマを処分する時にはクルマに合った買取業者を選ぶことがカギです。

交換費用が高く、乗り換えを修理工場でお任せしてしまうと、故障したクルマは廃車処分となることから、廃車費用を請求されることがあります。また業者によっては、故障した場所から整備工場までのレッカー代を請求されることも珍しくありません。整備工場などでお任せにすることは、かなり損になる可能性も覚悟しておいたほうがいいでしょう。

そこで、買い替えを決めたなら自分で買取業者を探すことです。買取業者であれば、クルマの引き取りも無料で行ってもらえる上、ATミッションが故障したクルマを現金化することも不可能ではありません

買取業者は大きく分けて、走行可能なクルマを買い取る中古車買取と、走行不能のクルマも買い取る廃車買取の2つに分けることができます。

そこで、ATミッションが故障した場合に選ぶ買取業者ですが、故障したクルマだからと最初から廃車買取に相談するのではなく、中古車買取業者にも査定を依頼してみましょう。

走行不能となるATミッション故障は廃車買取が有利

ATミッションが故障して走行できないようであれば、廃車買取に相談してみましょう。

(関連記事)廃車買取のおすすめ業者7選!中古車買取との違いと処分費用のメリットを詳しく解説!

廃車買取業者は、動かないクルマであっても買取できる強みがあります。というのも、動かないほどATミッションが故障していても、他の使える部品で利益を上げることができるからです。

そして廃車買取業者では、クルマを分解して使える部品を中古パーツとして流通させているため、ATミッションの故障やそれ以外に不具合があっても、クルマのボディパーツや内装パーツなど、あらゆる部品を中古パーツとして流通させられる強みがあります。

また廃車買取でも、国内流通に特化した業者と、海外流通に強い業者に分かれます。そこで、軽自動車や国内販売に重点を置いているクルマは国内流通に強い廃車買取業者に相談し、海外でも人気のある車種に関しては、海外流通に強い廃車買取業者にも相談すると良いでしょう。

→海外流通にも強い「廃車本舗」公式サイトはこちら

ATミッションが故障していても走行できるなら中古車買取へまず相談

これは意外なことかもしれませんが、ATミッションが故障していても中古車買取してもらえることがあります。

例えば、中古車店でATミッションが故障しているクルマから新しい中古車に買い替える方法を選ぶと、その中古車店で廃車手続きにするのではなく、買取という形を取って貰えることがあります。

また、故障しているクルマが人気車種の場合、ATミッションの故障が明らかでも走行可能であれば、買取してもらえることがあります。

しかし、どちらのパターンも条件を提示されることがあるので、実際に相談して条件が飲めるようでしたら、中古車買取のほうがお得になることがあります。

この条件は中古車店や買取店の方針で異なりますが、一般的に買い換えを同じ店舗で行うことが条件として付けられることが、多く見られます

中古車買取店で引き取ってもらえればそれなりの値段で買い取ってくれる可能性が高いので、走行可能はまず中古車買取店で査定をとってみましょう。もし値段がつかなければ廃車買取店に相談という流れで進めるのがおすすめす。

→中古車買取でおすすめの「カーセンサー」公式サイトはこちら

海外で人気のある車種は、海外輸出に強い買取業者に相談

海外で人気のある、大人数が乗れるクルマや荷物を積めるクルマ、そして悪路走行に強いクルマなどで海外に輸出されている車種であれば、海外輸出に強い買取業者が有利でしょう。

例えば、ハイエースやデリカD:5といった車種や高級ミニバンのアルファード、4WDではパジェロといった古いクルマやハイラックスやランドクルーザーなどです。このほか特殊なクルマとしては、軽自動車ですがジムニーや軽トラなども海外で高い人気を誇ります。

そこで、走行不能か走行可能かにかかわらず海外で人気ある車種とわかったなら、海外輸出業者に相談してみましょう。

こちらは中古車買取業者や廃車買取店と一緒に見積もりをとってみることがお勧めです。査定額を比較し、より高額査定を付けてくれた方に売るのが、最も賢い売却方法となるでしょう。

→海外流通にも強い「廃車本舗」公式サイトはこちら

ATミッション交換をしたい場合に安くする方法

ATミッションの交換修理を行いたい人もいるでしょう。その理由としてはクルマへの愛着や思い入れもあるでしょうし、購入したばかりの中古車の場合もあるでしょう。

ATミッション交換は費用が大きくかかりますが、費用を抑える方法もない訳ではありません。また、最近のクルマはコンピュータによりATミッションを制御していますから、実際はATミッション本体の故障ではなく、コンピュータの故障ということも少なくありません。

仮に、交換が必要と言われても、ATミッションをオーバーホールによる修理ができないのか、また中古やリビルト品で直せないか聞いてみることです。

交換せずにオーバーホールで修理できないか聞いてみる

ATミッションが故障すると、現代のクルマは機構が複雑なため交換作業を推奨してくる修理業者がほとんどです。

しかし実際は、知識と技術のある業者ならATミッションのオーバーホールは可能です。修理依頼している修理工場で不可能と言われても、ATミッション修理を得意としている業者に問い合わせしてみましょう。

ATミッションのオーバーホールで修理が可能であれば、ATミッション本体の部品代が無くなるので、数十万円の節約につながります。

新品でなくリビルト品を探すと修理費用は安く済ませられる

ATミッションは新品では50万円することもあり、修理費用が高額になりがちです。そこで、ATミッション交換では、リビルト品を選ぶことをおすすめします。

リビルト品とは、ATミッションをオーバーホールして新品パーツなどを組み込んだもので、新品同様に長く使用することが可能です。

そこで、修理工場で新品部品の見積もりが提示されたら、リビルト品で見積もりできないか聞いてみましょう。リビルト品が見つかれば、交換費用は10万円以上安くなることが多いでしょう。

中古ATミッションを探すことができれば、修理費用はかなり安くできる

ATミッション交換修理で一番安く済ませられる方法が、中古を探すことです。

しかし中古ATミッションは、故障したクルマと同じ部品がいつでも販売されているとは限りませんし、部品の状態もそれぞれ異なります。

中古ATミッションは商品により状態が大きく異なるので、選ぶ際は注意が必要

中古ATミッションは大手オークションにも多数出品されているので、メジャーなクルマであれば探すのは容易いと言えるでしょう。

しかし、販売されている値段にばらつきがあるように、ATミッションの状態も大きく異なります。特にATミッションの中古は現状販売の為、載せ替えても故障が直ぐに起きないという保障はありません。

そこで、選ぶ際に注意したいのが、商品の状態として記載されている走行距離です。走行距離が10万km以上に達しているなど、著しく過走行しているクルマのATミッションは価格が安くても避けるべきです。

このほか、商品詳細欄にある動作確認も重要なポイントです。中には動作確認不明といった商品も多くあるので、商品詳細欄はくまなくチェックするようにします。そして、事故車取り外しのATミッションの場合は、どのような事故に会いどのような傷や不具合があったのかを確認しましょう。

特にフロントからの大きなダメージがあり、エンジンやATミッションまで衝撃で押されているような事故車の場合は、敬遠したほうが良いでしょう。

中古ATミッション購入は自分でもできるが、工場直送が条件

中古ATミッションは、自分で選べるスキルがあれば自分で購入して工場直送することで、修理コストを抑えることが可能です。

また自分で購入する場合は、工場直送以外購入不可としている出品業者もあるので、工場直送がメインとなります。

中古ATミッションを購入して修理工場に直送する場合は、修理見積の段階で修理工場と打ち合わせする必要があります。その時に、自分で中古ATミッションを探して修理工場に直送しても問題ないと言われれば、自分で探す作業に入れます。

仮に自分で探す能力があっても、修理工場側で断られることがあります。その場合は、自分で中古ATミッションを調達して修理可能な業者を探してみることです。

しかし基本的にディーラーであってもATミッションは高額であることを知っているので、中古ATミッションを自分で探しても、ほとんどの場合は問題が起きることはありません。

まとめ

ATミッションの交換修理は高額となるため、修理するより買い替えを選んだほうがお得となることがほとんどです。

しかもATミッション故障で、動かないクルマでも廃車買取を利用すれば、動かないクルマも現金化することができるので、新しいクルマの購入資金に充てられるでしょう。

ATミッション交換が必要となったら、修理してもその後に他の部分で不具合が起きないとも限りません。その場合は、交換費用に高額な費用をかけるより新しい故障の少ないクルマに乗り換えたほうが、長い目で見たときにお得と言えるでしょう。

→【当サイトおすすめNo.1】カーセンサーの一括査定で買取価格を今すぐ調べる!

This article is a sponsored article by
''.