2022年5月7日土曜日(現地時間)、ベルギーのスパ・フランコルシャンサーキットで世界耐久選手権(WEC)第2戦「スパ・フランコルシャン6時間」決勝が行われ、トヨタGAZOO Racingの7号車GR010ハイブリッド(マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ-マリア・ロペス)が今季初優勝を飾った。目まぐるしく天候が変わる難しいコンディションの中、赤旗中断、セーフティカー(SC)、フルコースイエロー(FCY)続出という大波乱のレースを制した。8号車トヨタGR010ハイブリッド(セバスチャン・ブエミ/ブレンドン・ハートレー/平川亮)はマシントラブルのためリタイアに終わった。

3台のハイパーカークラス車両による接近戦

ハイパーカー2年目となるWECは、べルギーのスパ・フランコルシャンで第2戦を迎えた。開幕戦ではアルピーヌ・エルフ・チームのアルピーヌA480・ギブソンが優勝、新たなBoP(性能調整)が注目される中、6日に行われた予選では708号車のグリッケンハウス007 LMHがポールポジションを獲得。2番手にアルピーヌ36号車が続き、トヨタGR010ハイブリッドの7号車は3番手、8号車は4番手となった。

トヨタ勢は長い決勝レースをふまえて無理をしなかった印象だったが、トップ集団に大きな差はなく、決勝でも激戦が予想された。

その決勝レースは気温18度、ドライコンディションでスタート。オープニングラップでコースオフ車両のためにいきなりSCを導入されるが、レースを再開さえるとトヨタ勢が順調に順位を上げて1-2体制をつくりあげていく。

ところが、スタートから1時間が経過したところでLMP2車両がクラッシュ、赤旗中断に。その中断の間に雨が強くなり、ここから波乱の展開になっていく。

赤旗中断からのリスタートはSC先導となったが、ここで8号車トヨタGR010ハイブリッドがトラブルからコース脇でストップ。リタイアとなってしまう。その後、再スタートするも、雨は激しさを増しコースの状況はどんどん悪化、タイヤ交換のタイミングなどでトップが入れ替わる一方で、難しいコンディションで混乱は続いた。

画像: 第2戦スパ・フランコルシャン6時間は、目まぐるしく天候が変わる「スパウエザー」で大混乱、3台のハイパーカークラス車両による接近戦となった。

第2戦スパ・フランコルシャン6時間は、目まぐるしく天候が変わる「スパウエザー」で大混乱、3台のハイパーカークラス車両による接近戦となった。

レースはさらに2度の赤旗中断を経て、残り2時間強で再開。雨は止み、徐々に路面が乾き始めるコンディションの中で、7号車トヨタGR010ハイブリッドはトップをキープ、終盤に3度のFCYが出されるなど混乱はまだ続いたが、7号車トヨタが3台のハイパーカークラス車両による接近戦を制した。

1台はリタイアとなったものの、これでトヨタはスパ・フランコルシャン6連覇。シリーズのハイライトとなる次戦ル・マン24時間に向けて弾みをつけるレースとなった。

そのル・マン24時間レースは、6月3日・4日にル・マン市内で行われる「公開車検」で開幕。6月5日の「テストデー」、6月7日の「ピットウォーク」の後、6月8日14時(日本時間21時)からのフリープラクティス1回目でいよいよ公式に走行開始、6月9日20時(日本時間10日3時)に各クラスの上位グリッドを決する「ハイパーポール」が行われ、決勝は6月11日土曜日16時(日本時間23時)にスタートが切られる。

画像: 優勝した7号車トヨタGR010ハイブリッドのマイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ-マリア・ロペス。圧倒的な勝利とはいかなかったが、ル・マンに向けて順調な仕上がりを見せた。

優勝した7号車トヨタGR010ハイブリッドのマイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ-マリア・ロペス。圧倒的な勝利とはいかなかったが、ル・マンに向けて順調な仕上がりを見せた。

2022年WEC第2戦スパ・フランコルシャン6時間 決勝結果

優勝 7 TOYOTA GAZOO Racing/トヨタ GR010 ハイブリッド 103周
2位 36 アルピーヌ・エルフ/アルピーヌ A480-ギブソン +24.473s
3位 31 WRT/オレカ07-ギブソン +66.185s
4位 41 リアルチームby WRT/オレカ 07-ギブソン(LPM2) +100.676s
5位 38 JOTA/オレカ 07-ギブソン(LPM2) +108.571s
リタイア 8 TOYOTA GAZOO Racing/トヨタ GR010 ハイブリッド

This article is a sponsored article by
''.