自動車の歴史を振り返るWebモーターマガジンのオリジナル企画「今日は何の日?」。2月23日はホンダ インスパイア/セイバーが発表された日。今から23年前、1995年にタイムスリップ。

インスパイア/セイバーってどんなクルマ?

インスパイアは、アコードとレジェンドの間に位置するモデルとして、初代モデルが1989年に登場。当時は「アコードインスパイア」の名前で販売され、兄弟車として3代目「ビガー」が存在していた。この初代は当時ライバルのマークⅡ/ローレルに対してスポーティイメージが強かったことも幸いし、販売台数的には成功を収めている。

1995年2月23日に発表された2代目インスパイアは、兄弟車としてセイバーを用意。インスパイアはクリオ店、セイバーはベルノ店から発売された。発売は翌日の2月24日。

画像: インスパイア25G。

インスパイア25G。

画像: インスパイア25Gリアスタイル。

インスパイア25Gリアスタイル。

画像: セイバー25XG。

セイバー25XG。


新アッパーミディアムクラスの提案、ということで、「スマート・ラグジュアリー・ハードトップ」をテーマに、スポーティさと乗り心地を両立する走行性能、セダンとしての使い勝手、全包囲にわたる広視界と空間デザインがもたらす開放感の3つを核として、「爽快価値」を追求した。


エンジンは2.5L直列5気筒プレミアムガソリン仕様/2.5L直5レギュラーガソリン仕様、2L直5レギュラーガソリン仕様の3エンジンを用意。後に3.2L V6エンジンも追加された。


北米ではアキュラブランドで「TL」として販売された高級車だが、この頃はバブル崩壊後で日本の景気が低迷していた時代。ハイブリッドやミニバン、コンパクトカーに人気が移るなか、インスパイア/セイバーの販売は芳しくなかった。1998年10月には、わずか3年半という短いスパンで3代目にフルモデルチェンジ。アメリカで生産される「逆輸入車」となった。その後もインスパイアは5代目/2012年まで日本で販売された。

車両価格(当時)

20G 213万3000円
25G 228万8000円
25S 246万3000円
25XG 268万3000円

諸元表(25G)

全長×全幅×全高=4840×1785×1405mm
ホイールベース=2840mm
車両重量=1380kg
エンジン=G25A型 直5SOHC 2451cc
最高出力=180ps/6500rpm 最大トルク=23.0kgm/3800rpm
トランスミッション=4速AT

1995年には何があった?

ニュース

●地下鉄サリン事件
●ゆりかもめ開業
●Windows95 発売

ヒット曲

●ロビンソン スピッツ
●LOVE LOVE LOVE  Dreams Come True
●TOMORROW 岡本真夜

画像: インパネ。高級感のある木目調を使用。

インパネ。高級感のある木目調を使用。

画像: 新ホンダ・ナビゲーションシステム(TVチューナー付)はオプション設定で24万円。

新ホンダ・ナビゲーションシステム(TVチューナー付)はオプション設定で24万円。

画像: 直5SOHCのG25A型エンジン。4速ATとの組み合わせで、10・15モード燃費は10.2km/Lだった。

直5SOHCのG25A型エンジン。4速ATとの組み合わせで、10・15モード燃費は10.2km/Lだった。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.