「GDB」や「BP5」など、スバルのクルマを表す型式を聞いたことはないだろうか。ファンの間ではよく使われるこの型式をちょっと解読してみようと思う。正直これを知ったからといって、自動車ライフのなにかが変わることはほとんどないだろう。へー、へー、へーと、心のボタンを押しながらテキトーに読んでほしい。

“知っている”ことのアピールにはなりそうだ

あるクルマを言い表すとき「R32がさあ…」や「FDとすれちがって…」など、型式で言い合うことがよくある。これを車名で「スカイラインがさあ…」や「RX-7とすれちがって…」と言ったのでは、「え?いつの?何代目?」と聞き返されて二度手間となってしまう。これを回避するために、車名・世代・エンジンなどを表す型式を使っているのだ。ただ、クルマに詳しくない人にとってみれば、英数字を羅列したまさに暗号のようだろう。

こうした型式で呼ばれるクルマは数多いが、ここではスバル車に焦点を当ててみようと思う。レガシィやインプレッサ、フォレスターなど、何代にもわたって名前を受け継がれているモデルたちもまた、型式で呼ばれることが多いからだ。スバルファンの間では一般的に2桁の英数字で呼ばれ、たとえば「BL」は4代目レガシィB4を表す。もうひと桁付け加えることもあり、「BLE」といえば、3L 水平対向6気筒エンジン搭載モデルとなるのだ。

画像: 型式の頭文字で車種がわかる。フォレスターは“S”、インプレッサ系は“ G”、レガシィ系は“B”、レヴォーグ&WRX系は“V”となる。

型式の頭文字で車種がわかる。フォレスターは“S”、インプレッサ系は“ G”、レガシィ系は“B”、レヴォーグ&WRX系は“V”となる。

このスバル車の型式、実際にはもっと長い。クルマのどこかに貼られているコーションプレートのアプライドモデル欄を見るとわかるが、7桁もある。たとえば、「VM4D5V5」。これで分かるのは、ビッグマイナーチェンジを受けた、D型の初代レヴォーグ 1.6 STIスポーツ アイサイト AWD(CVT)ということ。この7文字で、車種やエンジン、トランスミッションまでわかってしまうのだ。

画像: スバル車に貼られたコーションプレート。これはレヴォーグのもの。赤い下線を引いたところがよく使われる型式だ。

スバル車に貼られたコーションプレート。これはレヴォーグのもの。赤い下線を引いたところがよく使われる型式だ。

ひとつづつ7桁の意味を見ていくと…

■1文字目:車種
■2文字目:世代・ボディ形状
■3文字目:エンジン/駆動方式
■4文字目:年次モデル(1年目は“A”、2年目は“B”、以降C、Dと続く)
■5文字目:ドア枚数(リアゲートを含め、レヴォーグは“5”、WRXは“4”)
■6文字目:グレード
■7文字目:トランスミッション

1文字目は車種を表すのだが、ベースとなっているモデルがわかるだけ。セダンなのか、ワゴン・ハッチバックなのか区別はできないので、2文字目と組み合わせて使用することがほとんどだ。また、代替わりしてもここの文字は変わらない。

・B=レガシィ ツーリングワゴン/B4/アウトバックなど
・V=レヴォーグ/WRX
・S=フォレスター
・G=インプレッサ セダン/ハッチバック/XV
・Z=BRZ
・Y=エクシーガ/クロスオーバー7
過去にさかのぼればレオーネ/アルシオーネ(シャシー共通)の“A”や、アルシオーネSVXの“C”などもある。

2文字目は世代とボディ形状を表す。必ず1文字目との組み合わせで使われ、ワゴンのレヴォーグは“VM”、セダンのWRXは“VA”となる。また世代によっても文字は変わり、レガシィツーリングワゴン(アウトバック系)は初代から順にBF→BG→BH→BP→BR→BS、セダン(B4)はBC→BD→BE→BL→BM→BNと代を重ねている。ちなみに2ドア/4ドアで型式は共通のようで、初代インプレッサはともに「GC」だった。

・レガシィセダン(B4):BC→BD→BE→BL→BM→BN
・レガシィツーリングワゴン:BF→BG→BH→BP→BR→BS
・レガシィアウトバック(グランドワゴン他):BG→BH→BP→BR→BS
・インプレッサセダン:GC→GD→GE→GJ→GK
・インプレッサワゴン(XV):GF→GG→GH→GP→GT
・インプレッサWRX STI/WRX STI(セダン):GC8→GDB→GVB→VAB
・インプレッサWRX STI(ワゴン):GF8→GGB→GRB
・フォレスター:SF→SG→SH→SJ
・BRZ:ZC
・エクシーガ/クロスオーバー7(共通):YA

画像: 歴代のレガシィセダン(B4)はこうなっている。

歴代のレガシィセダン(B4)はこうなっている。

3文字目はエンジンと駆動方式だが、ここを解説しだすとキリがない。1.6L対4エンジン(FB16)を搭載した現在のインプレッサは、FFで“2”、4WDで“3”と異なる。さらに、2L対4エンジン(EJ20)エンジンでもチューニングによって違ったりもする。逆にターボの有無で文字は変わらないなど、複雑極まりない。通常使われるのは2文字だけなので、ここは割愛。

スバル車独特の表現として使われるのが4文字目だ。モデルがデビューした1年目を“A”、2年目を“B”、それ以降はC、Dと続いていく。なぜ書き分けるのかというと、スバル車は細かな改良を毎年繰り返してクルマの熟成度を高める“年次改良”を行っているからだ。A型(デビュー1年目)では固かった足回りが、B型(2年目)で劇的に良くなったという事例がいくつもある。そして、D型(4年目)でビックマイナーチェンジが行われる(車種によって前後したこともあるが)。乗り心地や装備面の増強、エクステリアデザインなど、改良は多岐にわたり魅力を高める。この“ D型”の登場を待ってから買うという熱狂的なファンもいるほどだ。

5文字目はドアの枚数。リアゲートを含めての数なので、レガシィツーリングワゴンやレヴォーグなどは“5”、レガシィB4やWRXで“4”、BRZで“2”となる。

6文字目はグレードを表すのだが、これを理解するには全グレードを把握しなくてはならないので割愛。

7文字目はトランスミッション。これもエンジン同様複雑だ。ひとくくりにCVTといっても、モデルごとにギア比や部品が異なるように、ここの文字も異なる。

先にも書いたが、この型式を理解したからといって、何かが大きく変わることはないだろう。でも、クルマ好きの集まりで「SG9、おもしろいクルマだよねー」なんて言えば、こいつ知ってるな!と思われるかもしれない。そういった優越感に近い何かを感じることも、ひとつの楽しみか。

ちなみにSG9とは、2代目フォレスターに設定されていた、STiバージョンのこと。2.5L対向4気筒ターボと6速MTを搭載したハイパフォーマンスSUVとして、ちょっとマニアックな存在だった。

画像: フォレスター STiバージョン。これは後期型。

フォレスター STiバージョン。これは後期型。

This article is a sponsored article by
''.