2018年4月5日、ルノー キャプチャーの兄貴分としてデビューしたばかりのブランニューモデルがカジャーだ。フランス車らしいシンプルで使い勝手のいい機能面やサイズ感が、日本のユーザーに受けそうだ。

“長く付き合いたい”そう思わせてくれるルノーのSUV、カジャー

近年はブランニューSUVのモデルラッシュだ。本格的4WDで高い悪路走破性を謳うもの、第一印象のいい個性的デザインで攻めるもの、スポーツ走行を得意とするもの、広い室内空間と燃費など実用性を重視したもの、乱立するSUVのなかで我が子をキャラ立てようと各メーカーが躍起になっているような印象を受ける。

そんな時勢においてルノー カジャーは、SUVとしての性能をニュートラルに高められた素直なSUVという印象を受けた。

画像: 一見すると日産のエクストレイルと競合しそうなサイズ感に見えるが、実際のスペックを比較するとカジャーの方が全長で235mm短い。

一見すると日産のエクストレイルと競合しそうなサイズ感に見えるが、実際のスペックを比較するとカジャーの方が全長で235mm短い。

ルノーのSUVといえば、マイナーチェンジしたばかりのキャプチャーがある。また、日本で2016年まで販売されていたコレオスの後継モデルが大型化して欧州に存在している。この2モデルの間を埋める形でデビューしたのがカジャーだ。

その全長4455mm、全幅1835mmというボディサイズから考えられる国産ライバル車は、ディーゼルをラインアップするマツダCX-5や、約250万円からというバリュー感のある三菱 エクリプスクロスか。では、強豪ひしめくCセグメントSUVにおいて、カジャーの個性とはなにかと、そんなことを考えながら実車を目の前にする。

強いキャラクターラインを配置せず、曲面の組み合わせでフェンダーの盛り上がりやボディサイドのくびれを創り出すデザイン的手法は、兄弟のキャプチャーに共通する。優しく揺れる水面を見るような滑らかなラインは、大きなボディによってさらに強調されているようだ。強烈なエッジで存在感を高めるモデルが多い中、このデザインは大きな個性だろう。

画像: FFの都会派SUVのカジャー。

FFの都会派SUVのカジャー。

そんな印象的なエクステリアとは打って変わって、市街地を出発して高速道路をとおり、軽いワインディングを抜けて目的地に到着するまで、個性的な走り味を感じることは結局なかった。

ただ、これは決して悪い意味で言っているわけではない。1.2L 直4ターボエンジンは過不足なく加速させてくれるし、コーナーはしなやかに駆け抜けてくれる。しかも、運転席はもちろんのことリアシートに座っても乗り心地がいい。そう、突出したパフォーマンスを持つのではなく、多くの道路状況をオールラウンドにこなす懐の深さがあるのだ。

画像: マニュアル操作でのギアチェンジはシフトレバーで行う。押してシフトアップ、引いてシフトダウンだ。

マニュアル操作でのギアチェンジはシフトレバーで行う。押してシフトアップ、引いてシフトダウンだ。

エンジンに組み合わされる乾式クラッチの7速DCT(EDC)も、そんなキャラクターを強調する。DCTといえば、ドイツブランドのダイレクト感あるフィーリングを思い浮かべるが、カジャーの変速はまるでトルコン式ATのように滑らか。しかも、高速走行時にシフトダウンすれば、ブリッピング機能とともに素早く加速に移行するレスポンスの良さも持ち合わせている。

個性が薄いというようなことを書いたが、個性派ぞろいのSUVジャンルにおいて、このオールラウンドさはある意味強みかもしれない。

今回の試乗車、カジャー インテンスの主要諸元

●サイズ=4455×1835×1610mm ●ホイールベース=2645mm ●車両重量=1410kg ●エンジン=直4DOHCターボ 1197cc ●最高出力=131ps/5500rpm ●最大トルク=205Nm/2000rpm ●駆動方式=FF ●車両価格=347万円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.