数々の日産カスタマイズカーを手掛けるオーテックジャパンが、1996年に創立10周年を記念してワンオフで製作したのが「オーテックA-10(アニバーサリー・テン)」。厳密に言えば限定車ではないけれど、このレトロテイストがたまりません!(ホリデーオート 2018年5月号より抜粋)

画像: Aピラーは一見するとラシーンのままのように見えるが、わざわざ3度立ててスクエアなスタイルを強調している。

Aピラーは一見するとラシーンのままのように見えるが、わざわざ3度立ててスクエアなスタイルを強調している。

FFベース4WDのラシーンを大改造〜FR化した10周年記念車

のっけから恐縮だが、このクルマは市販車されなかった。1996年にオーテックジャパンが創立10周年を記念して社内有志の手によって製作した「世界に一台のコンプリートカー」である。

ベースになったのは、ラシーン。B13系のFFサニーをベースに開発されたコンパクトなクロスオーバー・モデルで、こちらは1994年から2000年まで発売されていたのを覚えている方も多いはずだ。

このラシーンをベースに、当時シルビアなどに搭載されていた2LのSR20DE型エンジンをタテ置きに搭載してFR化。1960年代の510型ブルーバードやC10型スカイラインをモチーフとして、内外装が大改造されている。

ボディ外板はほとんどがオリジナルデザインのパネルに交換され、原型をとどめているのはリアドアのみ。新たに設けられたトランク部分も、当然ながら手加工で追加されている

画像: 打ち出し板金で仕上げたボディサイドのプレスラインが高い技術力を裏付ける.

打ち出し板金で仕上げたボディサイドのプレスラインが高い技術力を裏付ける.

画像: ダッシュボードは本革バックスキン張り、インパネには本木目パネルを採用する。メッキで縁取られたメーター類は、中に刻まれる文字の書体をエーガー調に統一している。

ダッシュボードは本革バックスキン張り、インパネには本木目パネルを採用する。メッキで縁取られたメーター類は、中に刻まれる文字の書体をエーガー調に統一している。

クラシカルな雰囲気が濃厚に漂うが、それもそのはず。随所に本物の古いパーツを使っている。たとえば、三角窓は古いダットラ用、ミラーはクラシックMINIのもの、そしてフロントバンパーは当時すでに貴重品だったSR311型フェアレディのものを加工して装着した。インテリアにもこだわり。わざわざ古いベンツの機械式を探し出して埋め込んだり、ワンオフの本木目パネルを製作したり…。

画像: ラシーンのオリジナルをパネルはリアドアしか残っていない。ウインドーガラスも合わせガラスで新たに製作された。

ラシーンのオリジナルをパネルはリアドアしか残っていない。ウインドーガラスも合わせガラスで新たに製作された。

圧巻は、やはり前述のとおり、SR20DEエンジンをタテ置きに搭載してしまったところだろう。S14シルビア用をチューニングして170psに、ミッション、フロントの足回りはS14シルビアのものを移植している。もともとFF横置きのラシーンに移植しただけに、エンジンベイはまるっきり作り替えられている。

画像: 縦置きされたSR20DEは圧縮比アップ、カムプロフィールの変更、スロットルチャンバー多連化、コレクタ容量アップ、ピストン軽量化…吸排気系も含めてメカチューンの定番メニューが施された。2011年に修復された際に170ps→180psにパワーアップしている。

縦置きされたSR20DEは圧縮比アップ、カムプロフィールの変更、スロットルチャンバー多連化、コレクタ容量アップ、ピストン軽量化…吸排気系も含めてメカチューンの定番メニューが施された。2011年に修復された際に170ps→180psにパワーアップしている。

発案から完成までわずか6カ月。のべ30人のスタッフが携わって作り上げた。かかった費用はおよそ2000万円だとか。いまや稀少なコンパクトFRセダン。20年以上を経た現在でも、動態保存されてオーテックのイベントに登場している。

<オーテックA-10(2011年修復車) 主要諸元>●ボディサイズ:全長4450×全幅1695×全高1430㎜  ●車両重量:1350kg ●乗車定員:5名 ●エンジン型式・形式:SR20DE改・直4DOHC ●エンジン総排気量:1998㏄ ●エンジン最高出力:180 ps/7200rpm ●エンジン最大トルク:20.0kgm/4400rpm ●駆動方式:FR ●サスペンション形式:前ストラット・後パラレルリンク ●ブレーキ形式:前後Vディスク ●タイヤサイズ:前・後195/65R14

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.