自動車の歴史を振り返る企画「今日は何の日?」。7月7日は、2代目ミニカの発表/発売日。では1969年にタイムスリップ。

2代目ミニカってどんなクルマ?

ミニカは、1962年10月に初代が登場した4人乗り軽自動車。全長は3mに満たない長さながら、ノッチバックスタイルを持ち独立したトランクルームがあった。ユーザーの圧倒的な支持を得て、販売実績1969年までに70万台を超えていた。

今回紹介するのは、フルモデルチェンジした2代目ミニカ。1969年7月7日が発表/発売日だった。このモデルは初代からデザインを大幅に変更。「ミニカ'70」と呼ばれたこのモデルは、クラス初の「リアフラップ(開閉式レジャーウインドウ)」を採用。軽乗用車初の3ドアハッチバックとなった。

大空を飛翔する翼のイメージから生まれた「ウイングフローライン」で、機能的かつスポーティなイメージを前面に出した。スクエアタイプのヘッドランプや42度の角度で大きく傾斜したフロントウインドウなども、スポーティなイメージに一役買っている。


エンジンは発売当時2種類。なかでもスーパーデラックス/スポーティデラックスグレードには、28ps/3.6kgmを発生する水冷2気筒2サイクルエンジンを搭載。最高速度110km/h、0→200m加速13.8秒、最小回転半径3.8mという性能だった。


ミニカはその後、三菱を代表する軽自動車として進化を続ける。1972年には3代目、1977年に4代目、1984年に5代目、1989年に6代目、1993年に7代目、1998年に8代目・・・と順調にモデルチェンジを行っていったが、2000年以降の度重なる不祥事で、新モデルの開発がままならなくなった。この8代目ミニカはマイナーチェンジや仕様変更などで、なんと13年間も作り続けられたが、2011年にミニカ商用バンが販売終了。およそ半世紀に及ぶ「ミニカ」の歴史が終わった。

画像: じつは1969年に発売された「ミニカ'70」の資料が、三菱自動車にも弊社アーカイブにもなかった。こちらはその翌年に登場した「ミニカ'71」。

じつは1969年に発売された「ミニカ'70」の資料が、三菱自動車にも弊社アーカイブにもなかった。こちらはその翌年に登場した「ミニカ'71」。

画像: 写真は「ミニカ'72」。

写真は「ミニカ'72」。

画像: こちらは初代ミニカのカタログ。2代目がいかに洗練されたエクステリアデザインになったかがわかる。

こちらは初代ミニカのカタログ。2代目がいかに洗練されたエクステリアデザインになったかがわかる。

車両価格(当時。東京)

スタンダード 31万5000円
デラックス 34万5000円
スポーティデラックス 36万5000円
スーパーデラックス 38万5000円

1969年(昭和44年)には何があった?

ニュース

●東名高速道路全通
●人類初の月面着陸
●サザエさん放映開始

ヒット曲

●夜明けのスキャット 由紀さおり
●黒ネコのタンゴ 皆川おさむ
●長崎は今日も雨だった 内山田洋とクールファイブ

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.