2018年6月25日に発表/7月21日より販売が開始されたアルファロメオ・ステルヴィオは、アルファ創業108年の歴史の中で初となるSUVモデルだ。そんな注目のモデルを写真で見ていこう。

ステルヴィオ ファーストエディション

日本に最初に上陸したのは、ファーストエディションといわれる限定400台のモデル。ボディカラーの「アルファホワイト」「アルファレッド」「ストロンボリグレー」「ブルカノブラック」の4色が、それぞれ100台ずつの限定モデルとなっている。

主要諸元
●全長×全幅×全高=4690×1905×1680mm ●ホイールベース=2820mm ●車両重量=1810kg ●エンジン=直4DOHCターボ ●排気量=1995cc ●最高出力=280ps/5250rpm ●最大トルク=400Nm/2250rpm ●トランスミッション=8速AT ●駆動方式=4WD ●車両価格=689万円

画像: ボディカラーは「ブルガノブラック」。

ボディカラーは「ブルガノブラック」。

画像: 2本出しマフラーがスポーティ。Cd値は0.30とクラス最高。

2本出しマフラーがスポーティ。Cd値は0.30とクラス最高。

画像: 専用20インチ5ツインスポークアルミホイール。

専用20インチ5ツインスポークアルミホイール。

画像: Q4とは、アルファロメオ独自の4WDシステムのこと。

Q4とは、アルファロメオ独自の4WDシステムのこと。

画像: 名前のステルヴィオは、イタリア北部のアルプス山中にあるステルヴィオ峠に由来する。

名前のステルヴィオは、イタリア北部のアルプス山中にあるステルヴィオ峠に由来する。

画像: ボディカラー「ブルカノブラック」に対応するインテリアカラーは「ブラック/レッド」と「ブラック/ベージュ」。試乗車は前者で、レッドのプレミアムレザーシートを採用。

ボディカラー「ブルカノブラック」に対応するインテリアカラーは「ブラック/レッド」と「ブラック/ベージュ」。試乗車は前者で、レッドのプレミアムレザーシートを採用。

画像: 肌に吸い付くような手ざわりが特徴のプレミアムレザー。

肌に吸い付くような手ざわりが特徴のプレミアムレザー。

画像: インパネ。8.8インチの車載インフォシステム「Connectシステム」を搭載する。

インパネ。8.8インチの車載インフォシステム「Connectシステム」を搭載する。

画像: 2眼メータースタイル。右が280km/hスケールの速度計、左は7000rpmまで刻まれた回転計。

2眼メータースタイル。右が280km/hスケールの速度計、左は7000rpmまで刻まれた回転計。

画像: トランスミッションは8速AT。右側には「ALFA DNAドライブモードシステム」のダイアル。

トランスミッションは8速AT。右側には「ALFA DNAドライブモードシステム」のダイアル。

画像: 5名定員でVDA式525Lのトランクルーム容量。

5名定員でVDA式525Lのトランクルーム容量。

画像: 2L直4DOHCターボエンジン。280ps/400Nmを発生、0→100km/h加速は5.7秒。

2L直4DOHCターボエンジン。280ps/400Nmを発生、0→100km/h加速は5.7秒。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.