2019年7月4日、メルセデス・ベンツ日本は電気自動車の「EQC」を発表した。まずは、ディテールを写真で見ていこう。

電気自動車固有の先進的デザインを採用した初のメルセデス

EQCは、日本におけるメルセデス初の電気自動車(EV)だ。EQCのラインアップは電気のみを動力とするEVだけであり、固有の先進的デザインを採用している。そのエッセンスは今後続々と登場する予定のEVにも採用される予定だ。

モーターは前後のアクスルに1基ずつ搭載し、総合の最高出力は300kW(408ps)、最大トルクは765Nmを発生する。
80kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載し、WLTCモードでの航続距離は400km。6.0kWまでの交流普通充電と50kWまでの直流急速充電(CHAdeMO規格)に対応している。

EQCはSUVとSUVクーペの中間に位置するクロスオーバーSUVだ。
最近のメルセデス車に共通のシンプルかつシームレスなエクステリアデザインは、先進的で独特な外観を形作っている。
インテリアも、AクラスやGLE同様に2つのディスプレイを融合したメーターパネルに、EQC専用デザインのエアコンアウトレットなどが特徴的。
安全運転支援システムも、Sクラスと同等のものが装備されている。

EQC 400 4マチック 主要諸元(欧州参考値)

●全長×全幅×全高:4761×1884×1623mm
●ホイールベース:2873mm
●重量:2495kg
●パワーユニット:非同期モーター×2
●バッテリー容量:80kWh
●最高出力:300kW(408ps)
●最大トルク:765Nm
●航続距離(WLTCモード):400km
●充電時間:約13時間(普通充電)/約80分(急速充電)
●タイヤ:235/50R20
●車両価格(10%税込):1080万円

This article is a sponsored article by
''.