モーターマガジンMovie(チャンネル登録者数13万人超)で長年に渡って試乗レポートを務めるモータージャーナリストの竹岡 圭さん。このコーナーでは、過去の試乗から最新のものまで人気の動画を逐次紹介していきます。今回は、8年ぶりにフルモデルチェンジが行われた直後に試乗したアウディ A1 スポーツバックをお届けします。(2019年11月FMC)
画像: 【動画】竹岡 圭のクルマdeムービー「アウディ A1 スポーツバック」(2019年11月放映)

スポーティさを満喫できるルックスと走り

アウディのエントリーモデルA1スポーツバックが2世代目へと進化しました。エクステリアデザインで目に付くのがフロントグリルの3分割スリット。80年代にラリー界を沸かせたアウディ スポーツ クワトロのものを意識してデザインだそうです。

インテリアはスポーツカーを思わせる精悍なデザインが印象的です。 エクステリアとインテリアへの竹岡圭さんの感想は、「上質感あふれる」でした。

走りはというと、ワインディングロードを心地よく、ステアリング操作も軽やかに快走する彼女の姿がすべてを物語っています。最高出力150ps/最大トルク250Nmの1.5L直4DOHCターボから生み出される余裕の走りがとても気に入ったようでした。

画像1: スポーティさを満喫できるルックスと走り
画像2: スポーティさを満喫できるルックスと走り
画像3: スポーティさを満喫できるルックスと走り
画像4: スポーティさを満喫できるルックスと走り
画像5: スポーティさを満喫できるルックスと走り
画像: 竹岡 圭の今日もクルマと・・・アウディA1スポーツバック youtu.be

竹岡 圭の今日もクルマと・・・アウディA1スポーツバック

youtu.be

■アウディ A1 スポーツバック35TFSIアドバンスド主要諸元

●全長×全幅×全高=4040×1740×1435mm
●ホイールベース=2560mm
●車両重量=1220kg
●エンジン= 直4 DOHCターボ
●排気量=1497cc
●最高出力=150ps/5000-6000rpm
●最大トルク=250Nm/1500-3500rpm
●トランスミッション=7速DCT
●駆動方式=FF
●車両価格(税込)=365万円

This article is a sponsored article by
''.