モーターマガジンMovie(チャンネル登録者数14万5500人超)で長年に渡って試乗レポートを務めるモータージャーナリストの竹岡 圭さん。このコーナーでは、その中から人気の動画を逐次紹介していきます。今回は、三菱エクリプス クロスPHEVによる氷上雪上試乗の模様をお届けします。(2020年12月追加)
画像: 【動画】竹岡 圭のクルマdeムービー「三菱エクリプス クロスPHEV氷上雪上インプレ」(2021年2月放映)

氷上雪上でPHEV版S-AWCの性能を徹底チェック

アウトランダーPHEV(プラグインハイブリッド)のシステムを導入した、エクリプスクロスPHEVが2020年12月に加わりました。

今回の動画では、そのエクリプスクロスPHEVに搭載された三菱独自の4WDシステム、S-AWC(スーパーオールホイールコントロール)に焦点を当てています。PHEVモデルの場合、前後のモーターで制御が行われますが、リアデフの電子制御カップリングで制御を行うガソリンモデルとの違いはどのようなものでしょう。

試乗は、長野県女神湖につくられた氷上の特設コースと雪の積もった一般道で行いました。4WD性能をチェックするには恰好のシチュエーションです。氷上の特設コースでは、ドライブモードを変えての(SNOW/GRAVEL/TARMAC)挙動の変化も確かめました。

さっそく竹岡圭さんの解説をご覧下さい。

画像1: 氷上雪上でPHEV版S-AWCの性能を徹底チェック
画像2: 氷上雪上でPHEV版S-AWCの性能を徹底チェック
画像3: 氷上雪上でPHEV版S-AWCの性能を徹底チェック
画像4: 氷上雪上でPHEV版S-AWCの性能を徹底チェック
画像5: 氷上雪上でPHEV版S-AWCの性能を徹底チェック
画像: 竹岡圭の今日もクルマと【三菱エクリプスクロスPHEV】を氷上と雪上で試乗。 youtu.be

竹岡圭の今日もクルマと【三菱エクリプスクロスPHEV】を氷上と雪上で試乗。

youtu.be

三菱 エクリプスクロス PHEV P 主要諸元

●全長×全幅×全高:4545×1805×1685mm
●ホイールベース:2670mm
●車両重量:1920kg
●エンジン:直4 DOHC+モーター
●総排気量:2359cc
●最高出力:94kW(128ps)/4500rpm
●最大トルク:199Nm/4500rpm
●モーター最高出力(前/後):60kW(82ps)/70kW(95ps)
●モーター最大トルク(前/後):137Nm/195Nm
●トランスミッション:-
●駆動方式:4WD
●燃料・タンク容量:レギュラー・43L
●WLTCモード燃費:16.4km/L
●タイヤサイズ:225/55R18
●車両価格(税込):447万7000円

This article is a sponsored article by
''.