トヨタGAZOO Racing World Rally Team(以下、トヨタGR)は2017年の昨シーズン、WRC復帰後の初勝利をラリー・スウェーデンで飾った。そして2018年シーズンの第2戦ラリー・スウェーデンが2月15日から始まりヤリスWRC3台が出走。初日を総合1-2位でフィニッシュした。

ラリー・スウェーデンの初日はシェイクダウンと約2kmのスーパーSS

WRCの2018年シーズン初戦、ラリーモンテカルロを2位(オット・タナック)、3位(ヤリ-マティ・ラトバラ)と好スタートを切ったトヨタGR。チームに新加入したタナックの活躍に、トミ・マキネンチーム代表もその高いパフォーマンスに期待を寄せるコメントを残していた。

そして2018年2月15日に第2戦ラリー・スウェーデンが開幕。シーズンを通して唯一のフルスノーラリーであり、フィンランドラリー(第8戦)に次ぐ高速コースであることでも知られている。昨シーズンに総合優勝を飾ったトヨタGRとしては、ここで順位を落としたくないところだろう。

さて、初日は雪に覆われた競馬場を舞台にした1.9kmという短距離のスーパーSSで、例年多くのドライバーがミスによってクルマにダメージを負ってしまうことでも知られる。そんな難関スーパーSSをヤリスWRCの3台は慎重に、注意深く走行。これによりタナックが1位、ラトバラが2位のタイムを記録、総合優勝に向けて順調な滑り出しとなった。

画像: ラリー・スウェーデンの初日はシェイクダウンと約2kmのスーパーSS

2月16日のデイ2はスウェーデンとノルウェーの国境をまたぎながら進むステージ。封鎖された一般道を舞台に7本のSSが用意され、合計距離は約140km。リエゾン(移動区間)も含めると1日の走行距離は約550kmにもなる。

画像: コース脇ではスウェーデンだけでなく、ノルウェーの国旗も見られる。

コース脇ではスウェーデンだけでなく、ノルウェーの国旗も見られる。

初日1位のオット・タナック(#8号車)のコメント

観客が多く、そして面白いコースなのでスタートをいつも楽しんでいます。また、朝のシェイクダウンも順調でした。明日からの天気次第でベストなセットアップは変わるので注意する必要はありますが、クルマは良いフィーリングです。前戦ラリー・モンテカルロは我々にとって良いスタートになりましたが、このラリーでも良い結果を得られると信じています。明日から始まる、ラリー・スウェーデンらしいコースを走るのが今から楽しみです。

画像: オット・タナック

オット・タナック

初日2位のヤリ-マティ・ラトバラ(#7号車)のコメント

最初のSSで速いタイムを刻むことができ、とても良いスタートになりました。この調子を保ち続けたいと思います。シェイクダウンのコースは、明日以降のSSと良く似ており、セッティングを少し変更したところクルマのフィーリングはとても良くなりました。雪の上を走るのはとても良い気分ですし、今年は素晴らしい路面コンディションです。もちろんラリー・スウェーデンでの5回目の優勝を目指して戦いますが、他のドライバーも速く彼らにもチャンスはあります。このラリーで勝利するためには、完璧な戦いをしなくてはなりません。

画像: ヤリ-マティ・ラトバラ

ヤリ-マティ・ラトバラ

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.