フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、「Polo」(ポロ)を約 8 年ぶりに刷新し、本日から全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーで販売する。
画像: この新型から「3ナンバー」サイズとなった。

この新型から「3ナンバー」サイズとなった。

VWポロとは?

ポロは1975年にヨーロッパで初代が発売されて以来、40年以上にわたり合計1400万台以上が生産されるBセグメントモデル。日本では1996年に本格導入が開始され、累計25万台以上が輸入/販売されている。今回導入される新型は6代目となる。

新型ポロの特徴は?

MQBの採用

VWグループのモジュラー戦略である「MQB」によってコンパクトモデル用に開発した最初のモデル。これにより全長は4060mm(先代+65mm)、ホイールベースは2550mm(+80mm)となり、前モデルと比べ大きくなった。

5ナンバーから3ナンバーサイズへ

全幅は1750mm(先代比+65mm)、全高は10mm低く1450mmとなり、よりロー&ワイドな精悍な印象となっているのが特徴だ。

上級モデルの先進安全装備を採用

「MQB」モジュールの採用により、これまで上級モデルに採用していた先進安全装備を
新型「Polo」でも採用することが可能となった。

プリクラッシュブレーキシステム“Front Assist”(歩行者検知対応シティエマージェンシーブレーキ機能付)や“プロアクティブ・オキュパント・プロテクション”、万が一の事故の際に歩行者への衝撃を緩和する“アクティブボンネット”、そして“デイタイムランニングライト“を今回初めて全車標準装備している。

全モデル3気筒1Lターボエンジンを搭載

新開発の 3 気筒 1.0L TSI エンジンで小排気量ながら 95psを発生、従来の 1.2L TSI エンジンよりもパワフルになった。 俊敏かつ効率的なこのエンジンの最大トルクは 175Nmで、市街地では十分な動力性能を発揮するとともに、ロードノイズは抑えられ高い静粛性を実現。

なおトランスミッションは乾式の 7 速 DSG を採用する。

画像: エンジンは全グレード直列3気筒1Lターボエンジンとなる。

エンジンは全グレード直列3気筒1Lターボエンジンとなる。

車両価格

Polo TSI Trendline(ポロTSIトレンドライン)209万8000円
Polo TSI Comfortline(ポロTSIコンフォートライン) 229万9000円
Polo TSI Highline(ポロTSIハイライン)265万円

画像: 新型ポロの発表会に登壇したフォルクスワーゲン グループ ジャパンのティル・シェア社長。

新型ポロの発表会に登壇したフォルクスワーゲン グループ ジャパンのティル・シェア社長。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.