モータージャーナリスト竹岡 圭さんがモーターマガジンMovieに登場してから10年の歳月が経ちました。出演回数は優に200回を超えています。
そこで、その中から再生回数の多いものをピックアップしてお届けします。
当然世代の変わったクルマもありますが、貴重なクルマ史の1ページとして見て頂けたらいかがでしょう。

プロトタイプによる公道試乗

「人馬一体」。
今やロードスターの代名詞になった感があるけど、4代目ロードスター(ND)となって、さらに「人馬一体」感が強くなった気がします。

で、この動画。
NDロードスターのプロトタイプ(量産前の確認車両)にナンバーを付けて公道で行っているところがミソ。
プロトタイプの試乗会はたまにあるけど、クローズドのコースで行われるのが普通。なのに、普通のことをしないマツダ。らしいといえばらしいし、自信の表れなのかもしれませんね。

竹岡 圭さんも、初めての経験とあってちょっと緊張気味でしたが、走り出したらその爽快感にテンションは上がるばかり。
心ゆくまでNDロードスターと向き合っていました。

画像: 広島ナンバーが妙に決まってませんか。

広島ナンバーが妙に決まってませんか。

画像: SKYACTIV-G 1.5リッターエンジン。最高出力131ps/最大トルク150Nm。

SKYACTIV-G 1.5リッターエンジン。最高出力131ps/最大トルク150Nm。

画像: 曲面中心のエクステリアデザイン。「セクシー♡」by竹岡さん。

曲面中心のエクステリアデザイン。「セクシー♡」by竹岡さん。

画像: マツダ 新型ロードスター・プロトタイプ 期待を超える出来に大感動!! Test Drive youtu.be

マツダ 新型ロードスター・プロトタイプ 期待を超える出来に大感動!! Test Drive

youtu.be
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.