自動車の歴史を振り返る企画「今日は何の日?」。6月23日は、FFライトウエイトスポーツモデルとして一世を風靡した、バラードスポーツCR-Xの発表日。では35年前にタイムスリップ。

バラードスポーツCR-Xってどんなクルマ?

バラードスポーツCR-Xは、ホンダのFFライトウエイトスポーツモデル。発売は1983年7月1日。

ホンダの「MM思想」(マン・マキシマム、メカ・ミニマム)をもとに開発。人のいる居住空間/ユーティリティは大きく、メカニズム部分は小型、高性能に、というコンセプト/手法で、この当時は新しかった「FFライトウエイトスポーツ」というジャンルを切り開いた。

登場当時の搭載エンジンは、80ps/11.3kgmを発生する1.3Lと、110ps/13.8kgmを発生する1.5L の2種類。これらはボア径74mmのなかに吸気バルブ×2、排気バルブ×1の1気筒あたり3バルブの設計。1.5Lエンジンは、4-2-1-2のデュアルエキゾーストの採用などもあり、当時、EFIの同排気量エンジンとしては国内最高の出力を誇っていた。

車両重量は、1.3Lモデルで760kg、1.5Lモデルでも800kg【5速MT/ノーマルルーフ(1.5Lはルーフベンチレーション仕様)】と超軽量。これもあり、1.3Lモデルはパワーウエイトレシオ9.50kg/ps、0→400m加速18.2秒(2人乗車時)、10モード燃費20.0km/L、1.5Lモデルはパワーウエイトレシオ7.27kg/ps、0→400m加速16.2秒(2人乗車時)、10モード燃費15.0km/L というスペックを誇った。(すべて5速MTモデル)

画像: リアスタイル。樹脂バンパーを含め、ボディロアハーフを樹脂で囲っている。

リアスタイル。樹脂バンパーを含め、ボディロアハーフを樹脂で囲っている。

北米などでは「CIVIC CRX」の車名で発売。その北米仕様では「CIVIC CRX HF」という低燃費仕様も存在した。ちなみに1985年9月にマイナーチェンジを行ったが、この際セミリトラクタブルヘッドライトから、北米仕様などと同じ固定式ヘッドライトに変更されている。

画像: リアシートはエマージェンシーシートとして存在、4名定員となる。リアシートは「1マイルシート」と呼ばれていた。

リアシートはエマージェンシーシートとして存在、4名定員となる。リアシートは「1マイルシート」と呼ばれていた。

1987年には2代目にフルモデルチェンジ。このモデルは初代の「バラードスポーツ」名がなくなり、「CR-X」となる。1992年には3代目になり、こちらは「CR-Xデルソル」という名になったが、従来のコンセプトとは異なり、電動オープンルーフを特徴としたスペシャリティクーペとなった。

CR-Xという車名はこの3代目で終了となったが、2010年にハイブリッドコンパクトスポーツ「CR-Z」が登場、そのコンセプトは受け継がれている。

画像: バラードスポーツCR-X 1.5i。。軽量で耐久性に富む、鋼板の感触に近い「H.P.ALLOY」をフロントマスクをはじめ、ヘッドライト・フラップ、フロントフェンダー、ドアロア・ガーニッシュ、サイドシル・ガーニッシュに採用。

バラードスポーツCR-X 1.5i。。軽量で耐久性に富む、鋼板の感触に近い「H.P.ALLOY」をフロントマスクをはじめ、ヘッドライト・フラップ、フロントフェンダー、ドアロア・ガーニッシュ、サイドシル・ガーニッシュに採用。

車両価格(当時・東京)

1.3 ノーマルルーフ 99万3000円
1.3 サンルーフ 107万3000円
1.5i ルーフベンチレーション 127万円
1.5i サンルーフ 138万円

※オートマチックは1.3のサンルーフ仕様車にロックアップ機能付きホンダマチックを4万円高で用意。
※1.5iはサンルーフ仕様車にロックアップ付きホンダマチック3速フルオートを5万円高で用意。

画像: 1.5iサンルーフ仕様車にはカラード液晶デシタルメーターが採用された。

1.5iサンルーフ仕様車にはカラード液晶デシタルメーターが採用された。

画像: 1.3および1.5iルーフベンチレーション仕様車はアナログメーターとなる。

1.3および1.5iルーフベンチレーション仕様車はアナログメーターとなる。

1996年(平成8年)には何があった?

ニュース

●東京ディズニーランド開園
●ファミコン発売
●「おしん」ブーム

ヒット曲

●矢切の渡し 細川たかし
●さざんかの宿 大川栄策
●キャッツ・アイ 杏里

画像: デザイン画。

デザイン画。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.