8月1日、トヨタはハイブリッド・サルーンのカムリを一部改良するとともに、新グレードの「WS」を設定して発売した。

スポーティなデザインと上質感を両立させたグレード

「WS」とは、Worldwide & Sporty の略で、エッジの利いたスポーティなデザインとカムリ本来の上質感を両立させたグレードとした。
専用装備として、フロントグリル、リアスポイラーなどスポーティタイプの外装装備をはじめ、ブラック塗装の18インチアルミホイール(WS レザーパッケージに標準装備、WSにオプション)、左側2本出しのマフラーカッターを設定。
内装にも専用シート、パドルシフト、メタリックな風合いのインストルメントパネルオーナメントを採用。さらに、外板色にはWS専用色としてアティチュードブラックマイカ×ダークブルーマイカメタリック(オプション)を含む3種類のツートーンカラーを新規設定した。
走りにおいては、より応答性の高い操舵フィーリングとフラットな走りを追求したサスペンションチューニングを行っている。

また、一部改良では、オート電動格納式ドアミラー、インテリジェントクリアランスソナーを標準装備(Xを除く、Xはオプション)。ナビゲーション・オーディオに9スピーカーのJBLプレミアムサウンドシステム(WSとGにオプション)を新規設定している。
なお、OEM供給されるダイハツ・アルティスも、同様に改良された。

価格は、X=329万8320円〜WS“レザーパッケージ”=434万1600円。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.