2018年11月1日、ダイハツは小型乗用車のトールを一部改良して発売した。

パノラマモニターなどを標準装備した特別仕様車も設定

今回の一部改良では、車両や歩行者に緊急ブレーキ対応する衝突回避支援システムの「スマートアシストIII」や前後コーナーセンサーを標準装備(Xを除く全グレード)し、安全性能を向上させた。

画像: スマートアシストIIIの衝突警報機能/衝突回避支援ブレーキ機能イメージ図。

スマートアシストIIIの衝突警報機能/衝突回避支援ブレーキ機能イメージ図。

さらに、「トール」「トール カスタム」それぞれに特別仕様車「リミテッド」シリーズを設定した。両車とも、4カ所のカメラにより車両の前後左右を映すことで、上から見下ろしたような映像をTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ、もしくはナビ画面に映し出す「パノラマモニター」や、好評のシートバックテーブルを含む「コンフォータブルパック」を標準装備し、安心で快適な運転を楽しめる仕様とした。

画像: トール  G”リミテッドSAIII”

トール G”リミテッドSAIII”

画像: トール カスタム G”リミテッドSAIII”

トール カスタム G”リミテッドSAIII” 

また、「トール G“リミテッドSAIII”」には、メッキエアコンレジスターノブやメッキインナードアハンドルを採用し、センタークラスターパネルやドアトリムなど、各所にピアノブラック塗装やシルバー加飾を施すことで、スタイリッシュで上質なデザインとした。

画像: トール カスタム G”リミテッドSAⅢ”のインパネ。

トール カスタム G”リミテッドSAⅢ”のインパネ。

画像: トール G”リミテッドSAⅢ”のシート。

トール G”リミテッドSAⅢ”のシート。

さらにボディカラーはカスタム専用の2トーン(メーカーオプション)を選択可能とし、カラーコーディネートの自由度を広げた。

価格は、X(FF)の146万3400円からカスタムG“リミテッドSAIII”の205万7400円。トランスミッションは、すべてCVT。

This article is a sponsored article by
''.