保守的に思えるトヨタだが、じつはトヨタの歴史はチャレンジの歴史でもあった。時代の先を行き過ぎたクルマから、一体どうした? と首をかしげたくなるクルマまで、トヨタのチャレンジを改めて俯瞰してみる。第5回は、2代目 MR2だ。(ホリデーオート2018年12月号より)

2代目MR2は、アップグレードを決意したのだが…。

画像: 初代よりは曲線基調のスタイルとなり、イメージは大きく変わった。

初代よりは曲線基調のスタイルとなり、イメージは大きく変わった。

1989年10月に登場した2代目MR2(SW20型)は、アップグレードを目指した。つまり、ひとクラス上に上級移行を決意したのだった。ベース車両はFFカローラからセリカ/カリーナ/コロナとなり、搭載エンジンも上級グレードにはセリカGT-FOURと同じ、225psを発生する2L DOHCターボの3S-GTE型を搭載し、本格的なスポーツカーとなった。

画像: リアエンドも丸みを帯びた形状となった。Tバールーフ装着車も設定されていた。

リアエンドも丸みを帯びた形状となった。Tバールーフ装着車も設定されていた。

だが、当時はミッドシップの知見が浅かったせいもあり、ハンドリングはかなりピーキーで手を焼くオーナーは少なくなかった。そこで、91年のマイナーチェンジでは足回りやブレーキを中心に大幅な変更が行われ、結果として挙動はかなり安定するようになった。

さらに93年に行われた2度目ののマイナーチェンジでは、ターボエンジンを搭載したGT系の最高出力が245psに引き上げられる。これに併せてボディにも補強が加わり、スポーツABSが採用されるなど、ミッドシップスポーツカーとしての完成度を高めていった。

画像: ステアリング形状は同時期に販売されていたセラなどと似たタイプだった。

ステアリング形状は同時期に販売されていたセラなどと似たタイプだった。

しかし、タイミングが悪かった。当時はバブル景気が崩壊した後で、世の中のスポーツカー熱は一気に冷めてしまっていた。さらに、2シーターという趣味性の高さも災いして販売は低迷する。その後もさまざまなテコ入れを施すもたいした効果を得られず、1999年に捲土重来を期して実質的後継車であるMR-Sにバトンを渡すのだった。(文:ホリデーオート編集部)

画像: 初期型のハンドリングは、かなりピーキーだったが…。

初期型のハンドリングは、かなりピーキーだったが…。

MR2 GT 主要諸元(1989年)

●全長×全幅×全高:4170×1695×1240㎜
●ホイールベース:2400㎜
●重量:1240kg~
●エンジン型式・種類:3S-GTE・直4DOHCターボ
●排気量:1998cc
●最高出力:225ps/6000rpm
●最大トルク:31.0kgm/3200rpm
●10モード燃費:10.6km/L
●燃料・タンク容量:プレミアム・54L
●トランスミッション:5速MT
●タイヤサイズ:前195/60R14・後205/60R14
●価格(当時):263万8000円~

画像: トヨタのやり過ぎた傑作車たちは、ホリデーオート2018年12月号にも掲載されています。

トヨタのやり過ぎた傑作車たちは、ホリデーオート2018年12月号にも掲載されています。

This article is a sponsored article by
''.