日本で大人気となったグループAレース。基本的に量産ツーリングカーという身近なクルマが主役となり速さを競ったのだからそれも当然。ただ、国内グループAレースの黎明期は「黒船来航」と言われるほど、ボルボやBMW、フォード・シエラなど海外勢の速さが目立った。そんな中、国産勢で気を吐いたのが三菱スタリオンだった。1985年のインターTECでボルボ240ターボやBMW635CSiに対抗できた唯一の日本車と言えよう。

英国選手権で鍛えられたスタリオンが凱旋

画像: 1985年のインターTECでは、スタリオンが2列目のスターティンググリッドを獲得。新鋭、中谷明彦の速さが目立った。

1985年のインターTECでは、スタリオンが2列目のスターティンググリッドを獲得。新鋭、中谷明彦の速さが目立った。

ベース車となったスタリオンターボGSRは、シリウスダッシュの名称を与えられたG63BT型エンジンを搭載。グロス値ながら200ps/6000rpmの最高出力、28.5kgm/3500rpmの最大トルクを発生した。駆動方式はFRで、サスペンションは4輪ストラットの独立懸架だ。当時はAE86人気などの陰に隠れる存在となってしまったが、国産スポーティカーでは最速の1台だった。

画像: ノーマルで200psを発生したG63BT型ユニットはグループA規定でチューニングされ、250ps以上を発生。軽量、コンパクトなボディを軽々と引っ張った。

ノーマルで200psを発生したG63BT型ユニットはグループA規定でチューニングされ、250ps以上を発生。軽量、コンパクトなボディを軽々と引っ張った。

グループA仕様スタリオンは、英国グループA選手権(BTCC)で育てられたと言って良い。1983年から参戦を開始し、1985年には優勝を含めて多数の入賞を果たした。同年のヨーロッパツーリングカー選手権(ETC)のシルバーストンでは予選トップ、決勝は5位のリザルトも残している。

画像: グループAのお約束でノーマル部品が用いられたダッシュボード。タコメーターは10000romまで刻まれる。右上がブーストメーター。

グループAのお約束でノーマル部品が用いられたダッシュボード。タコメーターは10000romまで刻まれる。右上がブーストメーター。

凱旋帰国のカタチとなった1985年のインターTECでは予選から速さを見せる。決勝ではM・リュー/中谷明彦組が日本車勢最高位の4位に入賞。翌1986年からは高橋国光/中谷明彦の強力コンビが全日本ツーリングカー選手権(JTC)に参戦。1986年のインターテックでは、強豪のTWR(トム・ウォーキンショー・レーシング)率いるジャガーXJ-Sに継ぐ予選2位など随所に速さを見せつけた。

画像: 当時新進気鋭のドライバーだった中谷明彦は(中央)は、このレースをきっかけにプロドライバーとなる。右はコンビを組んだM・リュー。

当時新進気鋭のドライバーだった中谷明彦は(中央)は、このレースをきっかけにプロドライバーとなる。右はコンビを組んだM・リュー。

画像: レジェンドドライバーである高橋国光もまだ現役バリバリ。85年インターTECでは、D・ブロディ、武藤文雄と組むが、翌年からは高橋/中谷コンビで活躍する。

レジェンドドライバーである高橋国光もまだ現役バリバリ。85年インターTECでは、D・ブロディ、武藤文雄と組むが、翌年からは高橋/中谷コンビで活躍する。

グループA仕様のエンジンもベースはノーマルと同じ2L直4SOHCターボ。チューニングやメンテナンスはHKSが担当し公称出力250ps〜270psを発生。パワーを上げることに伴う発熱の問題は、インタークーラーの効率見直しや、ラジエターの大型化などで対処している。

画像: 三菱というとラリーでの活躍が目立つが、スタリオンで再びサーキットに姿を現したことに、三菱ファンならずとも注目が集まった。

三菱というとラリーでの活躍が目立つが、スタリオンで再びサーキットに姿を現したことに、三菱ファンならずとも注目が集まった。

サスペンションは、グループA規定ということもありノーマルのストラット形式を継承しているが、国内仕様は英国仕様よりサスペンションストロークを多く取り、スプリング、スタビライザーなどもソフトなセッティングにしていた。この辺は、国内サーキット仕様とも言えるものだろう。

画像: 85年インターテックではカーナンバー5はリタイヤとなるが、カーナンバー10の中谷/リュー組は4位に入り、日本車勢では最上位となった。

85年インターテックではカーナンバー5はリタイヤとなるが、カーナンバー10の中谷/リュー組は4位に入り、日本車勢では最上位となった。

スタリオンは高橋/中谷コンビで1986年から1988年までの3シーズンに渡り全日本ツーリングカー選手権に参戦し3勝を上げたが、ライバルの台頭もありその年で撤退した。それでも、初期のインターTECで外国車勢いを向こうに回し活躍した姿は印象的だった。

This article is a sponsored article by
''.