2019年8月29日に、3世代目にフルモデルチェンジされたBMW1シリーズ。まずは発表会でお披露目されたトップグレード、M135i xドライブのディテールを写真で見ていこう。

FF化で広くなった室内空間。タイヤスリップコントロールも採用

長い間FR(フロントエンジン リアドライブ)に固執し続けたBMWのCセグメント ハッチバック、1シリーズ。だが、このセグメントで重要視される室内の広さなどをFFのライバルたちと鑑みて、ついにMINIのプラットフォームをベースにFF化された。

サイズは従来型とあまり変わらないが、FF化のおかげで室内空間の機能性は大幅に改善されている。ラゲッジスペースも増加した。インテリアでは、5.1インチのメーターディスプレイと8.8インチのコントロールディスプレイが目を引く。

パワートレーンは、標準の118iは1.5Lの直3ターボだが、ここで紹介するトップグレードのM135i xドライブは2Lの直4ターボを搭載し、車名のとおりインテリジェント4WDシステムと組み合わされる。また、全車に日本初となるタイヤスリップ・コントロール・システムのARBを装着している。

BMW M135i xDrive 主要諸元

●全長×全幅×全高:4355×1800×1465mm
●ホイールベース:2670mm
●重量:1580kg
●エンジン種類:直4 DOHCターボ
●排気量:1998cc
●最高出力:225kW<306ps>/4200-6500rpm
●最大トルク:450Nm<45.9kgm>/1750-4500rpm
●トランスミッション:8速AT
●タイヤサイズ:225/40R18
●10%税込み価格:630万円

This article is a sponsored article by
''.